「あわわわわぁ〜」がダルマだなんて!

もうすぐクリスマス


やめてから〜のOG会ですが、

沢山の人が参加表明してくれました。
嬉しいです!
というか、この人数だと

「喫茶店 貸切り」

とかになりそうです(笑)
あまり大きい会を望んでないので、
気楽に長い期間で、参加したい時に、
いつでもゆっくりいらしてくださいね。
東京・福岡・名古屋など遠方の方からも
参加申し込みがありました。
めっちゃ嬉しいです!
いつでも大阪に遊びにいらしてくださいね。

瞑想されていた人たちがほとんどでしたが、
「これ何でかな?」と思ったら、

ちょうどある瞑想のマスターが、
とても大事な事を伝えていたのが

FBの記事であがってきました。


「人間の生の源泉は瞑想の中にある」

「瞑想が死ぬ時、人間も死ぬ事になるからだ」

この言葉を、大袈裟だと思いますか?

私は、大袈裟だとは思いません。

本当にそうなんです!

 

私たちの本質は瞑想の「空」であり、
「真我」と呼ぶもの。

「空」を経験して私たちの認識力が広がれば
「真我」から呼び方が「大我」に変わる。

すべては瞑想で経験する「空」を示しています。

皆さん、住んでる場所や、仕事や家族関係、

全部が違っていますが、
共通点が瞑想の「空」を理解してる人達。
だから、これだけ人が集まるのだろうなと思いました。
これを機会に知らない人同士も

仲良くなれたら良いと思いますよ。

また皆さんに 

お会いできるのが楽しみです。
申し込み まだの方はどうぞ!
みのりOG会
https://www.1satori.com/?p=10463



あと「奈良は遠いので、地元で瞑想を習いたい。
どの先生に習えば良いですか?」 

こういう質問もよく頂きますが、
私はこれについては、一切答えないようにしています。
これは、ちゃんと理由があっての事です。

ダルマ(自然の流れ)をコントロールしない。
これがタラの教えだからです。

瞑想を誰に習うかは、凄く大事な事ですから、
自分自身で講師の人を選んで欲しいのです。
ブログを読んだり、話してる事が自分自身に
しっくりくる人が良いと思いますよ。


ぶっちゃけた話、
私の目から見ても、全国の瞑想の講師の方で、
「この先生は良いな」と思う人もいれば、
「こりゃひどい!」と思う講師の人もいます。

私のブログを見て、瞑想に興味を持って、
よりによって「こりゃひどい!」

と思う講師のところに行く人もいるのですね(笑)
それを後から知って「あわわわわぁ〜」と、

思うこともあります。

でも、それでいいのです。
私の目から見て、
「こりゃひどい!」と思えても、講師と生徒さんの間には、
なんらかの(過去世からの)ダルマがあるのです。

だから、それを邪魔しない事が大事だと思っているのです。

この場合「ダルマ」とは、講師と生徒さんの間にある
「摩擦のない自然なエネルギー」の事です。
これは見えません。

見えるのは「こりゃひどい」状態や状況ですから、
人間は見える部分だけを見て、コントロールしたくなるのです。
それでも関係性は、ダルマなのです。
だからコントロールしない事が正しいのです。
ほんとダルマって面白いですし、
こういう事を教えてくれるのがタラの魅力ですね。


仮にカルマ(停滞した流れ)な関係であったとしても、
それでも良いと思います。揉めまくったり葛藤しながらも、
そこで何かを完結させるでしょうから。
魂からすれば「やり残した事がある」これだけが、
最悪な事態だから、停滞が取れて、
流れが起きたらそれで万歳!なのです。

今日もまた脱線してしまいました。

タラにまつわるダルマの話なので、
これも大切な話ではあります。
次回こそは続きを書きますね。


次回の瞑想伝授&瞑想会は
12月11日(日)です。

瞑想みのり