上級者の瞑想は、初心者にも一番効果的なもの

こんにちは 瞑想みのりです。

梅雨ももうすぐ終わりそうですね。

FB内に、
瞑想の質疑応答とオンライン瞑想ライブ(無料)
のグループをつくりました。
誰でも参加できますが、質疑については、
フルフィルメント瞑想(ELM瞑想)の事になります。
参加されたい方はどうぞ。
https://www.facebook.com/groups/197842198956296

ツイッターは、クリシュナの推しなので、
やってみたいのですが、まだ慣れておらず、
瞑想した事がない人にむけて、
どこかでこっそりはじめるかもしれません。
まだ先になりそうです。

今日は伝授&瞑想会でした。
名古屋や兵庫など遠方からも
沢山の人が訪れる楽しい瞑想会になりました。
ありがとうございました。


今日は、ランチの事、書いてみます。

メインは、キャベツメンチカツ。
油は、自然食品店のものを使ってます。

お味噌汁は白きくらげを入れました。
きくらげは、国産のものがいいですね。
今日は、高知の清流、
仁淀川の霧で育てた無農薬、
防腐剤なしのきくらげです。
きくらげは、
カルシウムや、食物繊維が豊富なので、
戻した水も使いたいところです。
中国産は、安いけど、
農薬や防腐剤が怖いので、戻した水が使えないの。
水溶性の栄養がもったいないですよね。

人間だけが、自由意思があり、
方向を変えることが出来ると
この間、ブログに書きましたが、
瞑想を教えている私が、料理をする。
こんな事も方向を変える事が出来る例で、
これは、人間だけが出来る特権なのです。
クリシュナマントラは、
自分の知らない自分を沢山発見しますので、
そこに動いていってくださいね。

食物の中の神の知性を無視して、
甘い梅干しとか、
食中毒が怖いからと、
滅菌しすぎたカット野菜とか、
火を入れすぎた蜂蜜とか、

ぼっとしてたら、
それ意味ないじゃん!ってものを
「身体にいいね」と言って、
食べていたりします。

せめて、
人間が事に仕える時(手仕事する時)
くらいは、
食物の中の神の知性を、
そのままに引き出してあげたいなと思ってます。

今日は、ひじきも砂糖を使わずに、
かつおぶしの出汁をひいて、
梅干しとレモンで攻めてみました。
本当に美味しいひじきは、身体がなれてくると、
砂糖は入れないほうが実は美味しいです。

次回の伝授&瞑想会は、8月8日(日)になります。
誰でも参加できますよ。
瞑想初心者の人でも簡単に続けられて、
とても深い経験がおきてくるのが、
この瞑想です。

上級者の瞑想は、
実は瞑想初心者にも一番良いものなのです。

サイトも少しずつUPしています。
https://www.1satori.com/

エゴが「空」にのみこまれる

こんばんは
瞑想みのりです。

発達していく神意識のお話の途中ですが、
前回は、反響が大きかったので、
つけたしです。

神様や悟ったマスター達の特徴、
人間との大きな違いは、
肉体の有無ではありません。
私にとっては、
神様やマスターというのは、
固有の個性を放っています。
キャラかなり濃いです。
肉体が無くても、
その人らしさ(神の知性)が
表現されていない人間の個人より、
よっぽど存在感がアリアリだったりします。

人間は、頭で考えすぎなのです。
表面上のマインドにいすぎるのです。
こうしたら、
好感が持たれるかな?とか、
ほめられるかな?とか、
下手な戦略をめぐらしたり、
結果、
神様みたいに固有の個性(神の知性)が放てずに、
誰かと同じようなふるまいや、
身なりになって、
表面的には、
人畜無害ないい人にはなれますけど、
これでは、
人間にも、神様からも、発見されません。

それだったら、
肉体が有っても無いのと同じでしょ。
と言いたいのです。

人間も「自分自身になる」ということ。
これでいいのです。
何かに遠慮しすぎないことです。

「何か?って何よ?」って感じでしょ。
フン!!

最近、みのり。
ブイブイ言いすぎだな(w)

早く旅行に行きたいね。写真は、ベトナムのハロン湾

旧フルフィルメント瞑想で使っていた、
女神のマントラは、
自分自身で在る事を、
まだ知らない人間よりも
肉体の有無を、退けるほど個性的ですよ。

神意識の象徴ラクシュミ(吉祥天)
という女神の絵は、
宝石をじゃらじゃらつけて、
派手に着飾っていますよね。
これもぼーっと見てちゃダメ。
神意識という、
人間が到達しうる意識の状態を表現しています。

派手じゃなくて、
欲深いじゃなくて・・
繁栄と豊かさの女神だけに、

宝石の中の神の知性と繋がってるから、
ふさわしいものを、
身につけてるだけなのです。
ラクシュミの普段着が、
ドレスに宝石なのです。

瞑想者とは、
エゴを断ち、欲を断ち、
こうあるべき という、
頭で考えた瞑想者の姿に囚われるのではなくて、
内側から動いてくる静寂からやってくる
「動く空」の衝動と、流れていきます。
そうすれば、必ず、
外側の世界に好奇心が向いていくはずです。

自然の美しさであったり、
自分の仕事であったり、
人様の仕事であったり、
それによって形作られた
現象界の物質などですね。
神の知性と、人間の知性の融合です。

ここにまだ興味がむいていかない状態というのは、
「もしかして、自分の「空」がダイナミックに
まだ動いてないのかもしれないぞ!と、
悟りの旅の途中じゃないか?」と、
洞察する事です。

 

うって変わって・・
叡智の女神、サラスワティ(弁財天)は、
全然、違う個性を放ちますよね。

サラスワティの絵には、
いつもお供に白鳥を連れていますけど、
白鳥は、水面を優雅に、動く鳥です。
白鳥と湖の水面は、マインドの鏡の象徴です。
思考をしずめて、マインドの鏡をクリアーにし、
優雅に、空と現象界をつないでいき、
これが統一意識へとむかっていくのです。
これも、人間が到達しうる意識の状態を
表現しています。

神意識の状態は、
エゴが「大きな空」に
飲み込まれた状態から、
質を変えて、
空とともにあるエゴに変化している状態です。

瞑想してない人の話す「エゴ、我欲」
とは、全く違う質のものになっているのです。

「エゴや我欲を捨てろ!」と、
言ってる時点で、その人は、
まだまだ悟りの旅の途中なの。
それを言ってる本人が、
エゴや我欲を捨てる課題がある
というだけの話です(w)

 

だから、「空」の経験が増してくると、
この話を聞く必要なし。
自分自身の方が心の内側の体験は
超えているのだから。

エゴを捨てるとか、我欲を捨てるとか、
考えすぎです。

 

捨てる時は、
自然に捨ててるし、
自然に出る時は
「もうエゴの質が変化している」
が正しいの。

 

だから、何にも遠慮せずに、
自分自身でいることです。

新しいプログラムでは、
最初ステップである、
ラブ・マントラでも、
ブラフマン意識からスタートなので、
瞑想歴が長くなっていたら、
その自分をほめて、たたえて、
信頼して、静寂からやってくる流れに乗っていくのです。

 

いつも真理はシンプルです。
「何かが足りない」
から、瞑想を始めないように。

おさらいに、
伝統的な人間が到達しうる意識の状態を
順を追って書いておきます。

・起きてる時の意識状態
・夢見てる時の意識状態(睡眠時)
・寝ている時の意識状態
・瞑想してる人の意識状態(空の直接経験に限る)
・宇宙意識
・神意識
・統一意識
・ブラフマン意識
・クリシュナ意識

 

ではまた次回は、
発達する神意識の続きがかけるかな?
瞑想会のごはんの事を書くかもしれないね。
今回すっ飛ばしたけど、
神意識の前段階である宇宙意識と
天職の事も
またどこかで書いてみたいと思っています。

瞑想みのりサイト&おみくじはこちら
(まだ出来ていません)

 

発達していく神意識

こんにちは
みのりです。

フィットネスクラブで飾っていたお花が
あまりにもきれいだったので、
写真を撮らせていただきました。

人間も 自分らしく!

ユリはユリとして、
紫陽花は紫陽花として、
カーネーションはカーネーションとして、
見事に咲いています。
神の知性というのは、
方向を変えることは出来ません。
ユリが突然、
カーネーションになろうという事は出来ないのです。
人間は神と違って、自由意思があるので、
(良くも悪くもですが)
方向を変えることが出来ます。

 

人間も自分の中の神の知性に気づいて、
自分自身になるということが、大切だな
いつも花をみて、感じます。

仕事とは「事に仕える」と、書きますが、
この花を育てた人、土や肥料屋さん、
花屋さん、花を生けた、フラワーアレンジの人、
花瓶を創った人、空間を設計した人、
掃除をした人、
この写真は、アイフォンで撮影しましたが、
アイフォンを開発した人、などなど、
ここに、沢山の、人間の仕事が介在しています。
そこに気づき、注意をはらえるということ。
世界は美しいですね。これが神意識です。

宇宙意識の状態というのは
「空」から物事を目撃してるだけです。
興味は、まだまだ、
本当の自分である「空」にあるだけの状態です。

これも素晴らしい状態ですが、
ここは、砂漠の意識状態とも言われています。
早く、かけ抜けて、
世界とつながったほうが良いのです。

人間の5感覚(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)が、
大きな「空」にすっぽりと、一時的に飲み込まれるからです。
これは、悟りの意識状態の旅の途中でしかありません。

ここから、「空」が、動き出して、
外側の現象の世界にシャクティとして登場する時、
5感覚が、外側の世界の神の知性にも、
はっきりと気づくようになる状態が、神意識です。
宇宙意識が外側の世界に興味がない状態とすると、
神意識は、
好奇心が外側の世界に向かいます。

神意識の最初の状態は、
現象界の物質の輪郭がはっきりしてて、
世界がキレイに見えます。
「自然が美しいな〜」と感じたり、
自分にピッタリ合う、人間関係や、
物質が引き寄せられてきますね。
自分の中の神の知性と、
物質の中の神の知性が磁石のように反応するので、

瞑想を始めると、
洋服の好みが変化したり、
インテリアを自分に合うものに変えたり、
多くの人が住まいを変えるというのも、
色んな人から聞かれる体験です。

神の知性にハッキリ気づいている人というのは、
外から見てても素敵だなと思います。
それは「自分をよく知っている」からですね。

感覚が目覚めており、
上手に自分を表現する、
洋服やアクセサリーを見つけてきたり、
物を大切にしますね。

安いからコレを買うとか、
高いからコレを買うとか、
頭で物を購入しているのではなくて、
神の知性から物を買います。

たまに大金持ちの女性が、
エルメスのバーキンを100個くらい持っていたり、
ブランドの靴を1000足くらい揃えていたり、
TVで放映してますけど、
1年は、365日しかないのに、どうする気だろう?と、
思ってしまいます。

場合によっては、
自分を見失っているのかもしれませんよ。

バーキンが、かわいそう!
1個、私にちょうだい!(w)

反対に、男性の例で挙げると、
所ジョージが、アメリカ車が好きで、
集めている。
こういう話を聞くと、
「あぁ自分(に合うもの)を、
よく知っている人だな・・」と好感を持ちますね。

アメリカ車というのは、
私の中の神の知性とは引き合わないので、
全然、興味がありませんが、
この人には、ピッタリ合ってますよね。

こういう人は、
物を購入する事だけではなく、
自分の心(特にハートの中の神の知性)と、
繋がって、
何を仕事にしたら、
誰と一緒にいたら、
自分が幸せを感じるのか?
不幸と感じるのか?
こういう事も、
上手に選択していると思いますよ。

自分自身になるって、
外側の世界も含めての話です。

私は(全ての物質)家電製品なども、
生き物ではないけれど、
まるで生きているかのように、
壊れるまで使うことが多いです。
そこに神の知性を感じるからです。
壊れた時は「今までありがとう!」と、
言ってしまいます。

冷蔵庫の中のものも、
あまり捨てないです。
以前のパートナーが、
私が食材を捨てずに使い切る事は、
よく褒めていましたが、
(そこしか、褒めるところないのか!)
やっぱり、生き物だから、物質以上に、
神の知性はハッキリしています。
たまに、かなりの賞味期限切れで、
こりゃいかん!
って捨てる事もありますけどね。

 

神意識でも世界と繋がるので、
分離感はなくなりますが、
じゃあ、ブラフマン意識とはどう違うのか?

フルフィルメント瞑想(ELM瞑想)の
ラブ・マントラから始まるステップは、
神意識の上の段階、
ブラフマン意識からスタートします。

ブラフマン意識に神意識が加わる時、
神意識は、さらに上級の神意識に発達していきます。
これが面白いですね。

この話は、また長くなったので、
また今度。
今日もめいっぱい楽しみましょう。

瞑想みのりサイト&おみくじ

 

瞑想してる人の食事

みのり@奈良学園前

この日曜日は、
Newクリシュナマントラの
伝授&瞑想会でした。
とっても楽しかったです!
食事付きの形で開催するのは、
私も、とっても幸せを感じますね。

ごはんの時間だよ!

私を含め、瞑想してる人の食事なので、
食べ物のプラーナを意識しています。
プラーナの語源は、パラ+アナで、
パラは「空」の事、そして、
アナは食べ物の意味です。

 

アという音は、
日本語も英語も様々な言語での始まりの音ですね。
それだけ、食べ物は、
とても基本的に重要なものです。

 

簡単には、
食事の意味は、
「生命エネルギーを取り入れる」
という事なので、
できるだけ、力のあるものを、
扱うようにしています。

 

瞑想してると、
自然に人間の五感が変化してきますので、
食べ物の持つ生命エネルギーに
反応するようになります。
そこから身体をつくっていきますので、

 

本当に生命エネルギーのない食事だと、
何を食べているのか意味がわからないので、
量が多くなってしまいます。

 

工業製品ばかりを食品だと思って、
摂取してると、長い目で見ると、
身体をしっかり変えていけないので、
少し、心がけるようにしてみてくださいね。

ひじきは、
海の綺麗なところのものが美味しいですね。
潮の流れが、
激しいところで育っているものは、
とても生命力が強いです。

今日は姫島産のものを使いました。
九州のひじきは美味しくて好きです。
玄界灘産とかも力強いです。

ズッキーニのサラダには、
クルミを入れました。
クルミは、脳の形と似てますけど、
瞑想は脳の様々な領域を使いますので、
入れてみましたよん。

野菜はすべて、有機のものを使ってます。
普通に毎日、美味しいからの理由で、
選んでいるものです。
皮もそのまま使うことが多いです。
有機野菜でなくてもいいから、
その場合は、新鮮なもの、
旬のものをとるようにしましょう。

 

毎日の事なので、
調味料だけは、良いものを揃える。
それもありです。

そして、
瞑想してる人に欠かせないのは、
タンパク質。

瞑想で、
ストレスが取り除かれた時に、
新しく身体をつくっていく必要があるので、
瞑想してる人はタンパク質を
多く摂るようにしてください。

ベジタリアンの人なら、
大豆製品でいいし、
手っ取り早く身体になるものであれば、
肉や魚を必ず摂り入れます。

宇宙意識あたりまでは、
ベジタリアンでも構いませんが、
多くの瞑想してる人をみた結果。

五感が開いていく、
神意識の体験が増してくると、
身体の組成が変化してきますので、
自然に完全ベジタリアンの人達も、
鶏肉や魚を摂るようになってきますね。
おそらく、
自然に身体が反応しているのだと思います。

7月11日も
Newクリシュナ・マントラの伝授がありますので、
参加したい方は、どうぞ!

私が、クリシュナのダンスと話してるのは、
別に私がダンスを習い始めた訳ではありません。
本当は、スキップも苦手なタイプです。

クリシュナで瞑想して、そこから、
大きな衝動が起きてくるので、
そこに、怯まずに乗っていくことです。
静寂からやってくる流れに乗って、
行動することですね。
クリシュナのシャクティ(神通力)は、
壮大です。
私でも怯みます。
マインドは限定された目先の事しか
見えてないので、怯みます。

でも・・
ハートがニヤリと笑う感じ
があるのですよね。
ここに従って動いていきます。
人生は必ず、ハートに先導させて、
マインドは、
それを補佐するように動いていきます。
これがクリシュナ。

神通力とは、神の知性の通り道で、
知性を目を持ちます。
千手観音は、
千本の手の先に知性の目がついていますよね。
この知性の目は、世界に(宇宙に)
触手を伸ばしていきます。
これは自然な事で、
人間が到達しうる意識の状態を表しています。
クリシュナの場合は、これが多次元にひろがるの。

 

神通力は、
人間が頭で考える通り道を、
大胆に裏切りながら通ります。
いつも予想外の通り道ですが・・
NEWクリシュナマントラは、
その道を豊かさと繁栄の女神ラクシュミが
先導してくれますので、とてもスムーズですね。

まだサイトが出来ておりません。
おみくじとプロフィールだけです。
しばしお待ち下さい。

瞑想みのりサイト&おみくじ

 

さまざまな意識状態

こんにちは
瞑想みのりです。

クリシュナのお話は、ひと休み。(また続きは次回)
今日は、
瞑想みのりサイトのおみくじを
瞑想仕様に変更してみましたので、
そのお知らせです。
そして、
旧マントラを愛用されている方にむけては、
おさらいで、
様々な意識状態のお話をしてみたいと思います。

自分が今、どの辺りの意識状態の経験をしているのか、
自分の瞑想の体験と照らし合わせて、認識する事。
これは、皆さんが思う以上に、とても重要です。

なぜなら「ちゃんと瞑想できてるのだろうか?」と、
たよりなげに瞑想する人と、

「ああ!今、
私が経験している体験は、

神意識の体験だったのか! 
統一意識の体験だったのか!」と、
理解しながら瞑想する人では、
そこに年月が積み重なる時、

あきらかに、見た目や、
日々の行動に変化が起きてくるからですね。
前者は、瞑想しているのに、
たよりなげな印象が出てきますし、

後者は、
「瞑想がちゃんと作用しているんだ!」と、
安心しながら瞑想してるので、
落ち着きや安定感が出てきますね。

 

おみくじは、
1回開く度に出てくるメッセージが変わります。
おみくじ以外にも、瞑想してる人が開くと、
自分の今の瞑想の体験がどんな意識状態なのか、
認識力が深まるようなメッセージも入れています。

新しいサイトでは、
旧フルフィルメント瞑想のマントラは
教えない方向性になります。
旧フルフィルメント瞑想は、
人間が到達しうる意識の状態が、
それぞれのマントラに応じて、
起きてくるので、分かりやすくて、
私は大好きでした。

「空」を経験するまでは、
私達、人間が知る意識状態は、

起きている時の意識状態。
寝ている時の意識状態。
夢を見ている時の意識状態。
この3つしか知りません。

ここから「空」の意識状態は、
この3つの長所を兼ね備えた
意識状態を経験するようになります。

 

起きているときより頭が冴えて、
寝ているときより、深く休息していて、
(睡眠中の)夢を見ている時よりも
ストレスを解放している状態を、
毎日、経験しますね。

実は、この先が、
瞑想者には用意されています。

 

例えば、ハート・マントラであれば、
初心者の人でも、
1ヶ月程、瞑想を続けていると
「世界を離れて目撃してる」こんな経験をします。

これが、悟りの第一歩。
宇宙意識の状態です。
簡単には、感情的、思考的に、
外側の世界に巻き込まれなくなりますね。
人生に起きてくることに、翻弄されなくなるのです。

次のステップのプロスペリティ・マントラでは、
現象の世界から、
自分が望むものが引き寄せられてくる感覚がありましたね。

ただ世界を目撃している状態から、
今度は、松果体からソーマが沢山、生成されます。
ソーマが全身を流れて、そこに年月が経過すると、
磁気的波動を帯びてきて、身体の内側だけでなく、
外側の世界にも伸びていきます。

ここまでくると、
ソーマからシャクティと呼び名が変わります。

ちょうど、仏像の千手観音像には、
手が千本あり、
それが外側の世界に広がっているように。
仏像も「人間の到達しうる意識の状態」を
表しています。

だから、
ぼーっと見てちゃダメ。
「あっ!自分の身に起きてくる状態か!」と、
体験と照らし合わせるの。

 

簡単には、
磁気的(引き寄せられる)現象が起きます。
自分のハートの中にある知性と、
現象世界の物質や人の中にある知性が引き寄せられてきます。
本格的な神意識は、加速マントラからですが、
もっと私達の五感が神のように精妙になってきます。
(今回は省略しますが、神の知覚が、
人間に起きる時、最初は、とてもとまどいます)

世界が近くなり微笑みかける。
色んな縁がつながってくるし、モテるようになるし、
営業や店舗の仕事の人は、売上が上がったり、とにかく、
引き寄せられるし、知性どうしが引き合わないものは、
去っていく。こんな経験。

 

ウィズダムマントラは、
今度は、ハート(感性)ではなく、
マインド(思考)を扱います。
プロスペリティマントラとは、体験が大きく違います。
感情、感性を扱うときは、瞑想の体験が、
暑い。暑い。暑い。

 

思考、信念体系を扱うときは、
寒い。寒い。寒い。

赤と白。陰陽。こんな大きな違い。

そして、ハートとマインドが統合されていきますね。
そして、統一意識に向かうのが、
シュープリームユニティ・マントラですね。

この辺りになると、
「空」は瞑想の中だけで体験しません。
日常の中で体験します。

瞑想の日記をつけてる人も、
日記をつけなくなります。
だって「空」を瞑想中ではなく、
日常の中で見つけるから。

「瞑想の日記は意味がない」と、
私はよく話しますが、日常が楽しくて、
日記つけてる暇なんてないが正しい。

瞑想を長くしてる人のブログなどを見ると、
日常の趣味のことや仕事の事、
他愛もない日常の出来事を書いてるんだけど、
行間から「空」があふれているんですよね。
ハイ。それが統一意識の感じですね。

新しいマントラは、
宇宙意識、神意識は、
もうフルフィルメント瞑想してる人には、
当たり前の事だから、すっ飛ばすの(w)
ラブ・マントラの
ブラフマン意識からスタートです。

もちろん、
人間は、ストレスだらけの肉体があり、
時間の中に生きているから、
ブラフマンの経験が起きてくるまでに、
時間差があるので、日常の体験としては、
初心者の人でも
統一意識辺りからスタートになりますね。

新しいマントラでは、
宇宙意識の、目撃している意識状態とか、
あまり感じられないかもしれません。

もっと日常とつながっている感じです。
ブラフマン意識になると、
愛が日常の空間に透けて通っていく感じです。
愛は、宇宙(世界)をつなぐ糊のようなもので、
すべてを繋げていきます。
簡単には、分離感が消えるのですが、
そこに神の知覚が加わるので、
時間や距離は関係なく、
目覚めた意識が世界に透けて通っていきます。

この表現が、正しいかどうかは、
わからないけれど、
私が思いつく表現では透過性がある。
これが一番ぴったりきます。

そして、クリシュナ意識は、
クリシュナ・マントラですね。

多くの人が
「何を深刻に考えていたのだろう、
悟りってこの事か!」と、
自分で勝手に理解を始めるし、
クリシュナの楽しいダンスに遊び、
多次元の自分を発見します。
究極の悟りの状態がクリシュナです。

「こんな長い文章、だれか読むのかな?」
と思ったけど、
大事な事なので、書いてみました。
皆さんの瞑想を続ける励みになればな〜と思ってます。

瞑想おみくじは、
サイトの私のイラストをクリックで登場します。

クリシュナの多次元宇宙

こんにちは
みのりです。
新しくなった神戸三宮駅に行ってきました。

新しくなった神戸三宮駅

 

まだ瞑想のサイトが出来ておりませんが、
すでに伝授の予約が
7月もNEWクリシュナ・マントラで入っております。
そんな事でLINE@も迷う事なく、
瞑想の事、書いていきますね。
瞑想のサイトも心理学のサイトもしばらくお待ち下さい。

息を吸って吐くのと同じくらい、
神様と一緒にいる私が・・
神様なしの世界は、
それがどんなに有効であっても、
息苦しいのです。

子供の時から、
自分の一部のように、
沢山の魂の記憶があった私は、
それらが、全部「思い込みや、妄想や空想」
とされてしまう世界は、
それがどんなに有効であっても
息苦しいのです。

もともと、
私は思考の人じゃないから。
ハートの人だからね。

愛を定義する事が有効である事も知ってます。
でも、愛は定義じゃありません。
ブッディ(仏性)と呼ばれる知性を備える。
ハートに宿るあたたかい無尽蔵の力の事です。

愛を知らない人は、
お願いだから!瞑想をしてください!

私が心理学を辞めて、
瞑想に戻るわけじゃないのです。
クリシュナは、そんな事一言も言ってないです。
自分が欲しいものは、全部、取るのがクリシュナです。
「身体を分けて踊ればいいだろ?」ってのがクリシュナです。

クリシュナの有名なお話ですが、
クリシュナが、村の1人の女の子と踊っていたら、
他の女の子も次々に踊りたいと言い出したの。
そこで、クリシュナは、
瞬時に自分の身体を5つに分けて踊った。
こんな話があります。

フルフィルメント瞑想(ELM瞑想)をしている人達は、
これを単なる「神様のおとぎ話」と思って、
ぼーっと聞いてはダメですね。

この話は、
「人間が到達しうる意識の状態のお話」でもあります。
ここを、しっかり捉えることです。

いつも話しているように
「瞑想は体験と同時に 
起きてる事に対する認識力が重要」なのです。

このマントラを使うのであれば、
神様やマスターのおとぎ話は、
「自分の身に起こる事」と捉えましょう。

起きてる事に対する認識力がない時、
チャンスを逃すし、
クリシュナのダンスについていけないのです。

クリシュナマントラは、
瞑想(静・心の中)と、
それによって起きてくる
クリシュナの華麗なダンス(動・日常の中)
これに、どれだけついていけるかが鍵になります。

この間、
初めてクリシュナマントラの伝授を受けた時に、
乗馬クラブに入会したことを書きましたが、
私が、自分の身体を、
神戸・東京・上海・福岡・北海道・・・
クリシュナのように分けた事が重要なのですね。
その後、
名古屋と沖縄、岡山でも定期的に瞑想を教え始めて、
全国展開になったの。
これが現実に出現するクリシュナの多次元宇宙です。

今回は、私が年齢も高く、
こんなに沢山、身体を分けることを私自身も、
望んでないのでしょう。
形を変えて、
欲しい物を全部、取りに行くことに
身体を分けるようにクリシュナが出現するみたいですね。

恋愛する私。
料理する私。
投資する私。
瞑想教える私。
心理学教える私。
こんな多次元宇宙が出現するみたいです。

さてさて?
皆様にはどんなクリシュナが出現するのでしょうか?
楽しみですね。

クリシュナ意識は
「究極の悟りの状態の事」だから、
ただ楽しむ事です。

 

自分の身に起こる事に、
自分が動いていくだけなのですが、
「クリシュナの実力を、クリシュナの知性を、
見せていただきましょうか?」と
愉しみにしている私がいるのです。

まだサイトが出来てないので、解説も何もありませんが、
瞑想のスケジュール掲載しておきます。

みのりプロフィール

サイトは今製作中です。お待ち下さい。

次回も、もっと具体的に
新しいクリシュナ・マントラの事
書いていきます。