印象に残った瞑想体験2012 2位

2位ですね
これは 2月頃だったと思いますが、
豊かさのマントラでの 瞑想体験です。

もう18年程 使い込んでますが、
その中で こんな不吉な体験をしたのは 初めてでした。

毎度、最後に 金貨をラクシュミから 受け取ります。
普通には 金貨が降ってくるのですけど、

その時の瞑想は、両手の平に グルグルと黒い渦を巻いて、
シュッと黒色が 消えていきました。
18年で 初めての経験ですし、不吉な予感がしました。

その3日後 半導体のメーカーの倒産のニュースを知ります。
株を持っていたので、
54万円が その瞬間 紙くずになりました。

自分が 生きてきた中で 一番多額のお金の消失ですね。
ビジョンで見た そのまんま。悲しい出来事です。

豊かさのマントラの最後のイメージは 
マインドが作り出してるから 
受け取らないって説も あるそうですが・・
頭が硬いなぁ〜。 
使えるかどうかが 大事なんですよね。

頭ごなしに ダメというのは 偏見です。

仮にマインドが創りだした 映像ならば、
そこから その人のクセが分かります。

そのクセから お金・豊かさについて 
どんな創造をしていくのか 理解できるのです。
(見事にその人のクセが 出てますけどねぇ)

本当に 知性であれば、そのままです。
示唆に富んでます。

以前 白い空間が 降ってきた時は、
狙ってるマンションの物件に空きが出ると思い、
電話しまくりました。

その結果、3日後 その通りになりましたね。

今回 この不吉なビジョンを見て 
動かなかった理由が、いくつかあります。

何かが不吉なんだけど、何が不吉なのか、
株でも投資信託でも 分散してるので、
どれが危ないのか?  
検証するのがめんどくさかったのと、
目減りしてるところで 損切りする勇気が 
ありませんでした。

それ以上に 
この先 紙幣の価値が無くなっていくと
思っていたので、紙幣というものを 
ほとんど持ってなくて、資源に 変えていたのです。

それで、黒い渦を
「もしかして、原油が出たのかな?」と
思ってしまったのですね。(アホですね)

けれども 本当のところは・・ 
数ある銘柄の中で 
あえて 倒産する会社を選んでるわけですから、
間違いなく 私は 「失敗したかった」 のだと思います。

お金もエネルギーですから、
どこかから出ていきたいのです。
楽しいことに出ていけたら一番なのですけどね。
将来に向けて、節約してたから 
楽しいことに出ていく回路が 閉じていたのでしょうかね。

痛い出来事でしたけど、
ここから 学んだことも多くありました。

起きた当時は 失敗としか、思えませんでした。
投資が損しない事にあるとしたら、大きな失敗です。
けれども 長期的な視野に立った時、
実は失敗ではないのです。

この出来事から リスクを冒す事が 
怖くなくなりましたからね。

株なんて2度としたくない 嫌だとは思ってません。
反対に 面白いものだな〜と 感じるようになりました。

 

 

印象に残った瞑想体験 2012 3位

それでは 3位

もしかしたら、今年じゃなくて、
去年の事かもしれない。
もう時間の感覚が曖昧なので 許してね。

自動ベタツールなるものの存在に 
ショックを受けて見た。タラの夢での 示唆ですね。
http://www.1satori.com/blog/?p=273

私たちは すぐに 
善・悪・善・悪 って判断を 始めてしまいますよね。
判断から カルマ(根深いストレス)が 
出来上がるのです。

偏見も同じです。
偏見って 理解をしようとしない事、 
無視すること なんですよね。

偏見から、自分の可能性を閉じてしまったり、
ここから カルマが出来上がる事なんて知らずに、
人間はやってしまうのです。

今年もタラ・タントラには魅了された1年でした。
これ、なかなか 初心者には わかりにくいのですが、
「タブーに挑む」って感じが好きなんですよね。

世間の常識や普通と呼ばれることから 
「あれ? はみ出ちゃった」こんな感じ。

世の中の 常識にケンカ売るの。
瞑想の先生なのに ケンカ売るの 面白いな〜。

私の好きな言葉ですけれど、
「本当の知性とは 心を広く持ち 偏見を持たない事」
シャーリー・マクレーンが 著書の中で 話しています。

これは スピリチャルというジャンルに 
偏見を持たない事 ではないのです。

世の中の すべてに対して 偏見を持たない 
って 意味なんですね。 
タラは 善悪を超えていくね。

印象に残った出来事 2012 1位

バリ島で見つけた ツタですね。壁にくっついてる。
面白いな〜とおもったので、写真を撮影

1位は 海外に沢山出かけた事ですね。

香港・マカオ・珠海(中国)・フィリピン・

これは 地震と原発問題以降、日本の行方が気になるので、
アジアを見ておきたいから 出かけました。

先々は フットワーク軽く動ける人と
動けない人で、
大きく人生が変わってしまうような気がしますね。

仕事の瞑想関連では タイに 2回出かけました。
文句なしに 楽しかったです。

純粋なオフは バリ島、イタリアでした。
ここも最高!

特にアジアは 活気がありますね。
元気が無いとうか、暗いのは日本だけですね。
(あっ 北朝鮮があった!)

香港・マカオは その発展ぶりに びっくりしました。
珠海(中国)は 活気があるけれど、
売れないものがあふれている印象がありました。
在庫の山 そんな感じがします。

中国は 人が多い。物が多い。
けれども 洗練された 欲しくなるものが無い。
そんな感性もまだ育ってない そんな感じがします。

それならば 日本や イタリアの
洗練されたモノづくりの方が、負けない。 
面白いと感じました。

フィリピンは 老人が少なく、若い人がとにかく 多いのです。
人口ピラミッドが きれいな三角形を描きます。借金も少ない。

フィリピンには 大きな可能性を感じますが、
勤勉で賢い事も 国の成長に欠かせないと思うので、
やはり日本を ひいきして見てしまいますね。

アジアで 別格だったのが、バリ島です。
エネルギーが気持ちいい。 とにかく、癒されます。
癒されすぎて・・両替詐欺に あいそうになりました。

バリ島で 甥っ子、姪っ子達と 遊べたことも
楽しい 想い出です。

将来の夢として バリ島に 瞑想ルーム、
持てたらいいなと 感じています。

 

クリシュナ マインド

 

北海道には 
私はどうしても 行かなくてはいけない 理由が 
ありました。
クリシュナ マントラの伝授を 始めて受けた時、
クリシュナマインドでは、北海道と福岡の 
乗馬クラブに 入会するように 勧められたからです。

これを聴いた時は、私の小さなマインド(思考)は、
かなり、抵抗しました。
「クリシュナ!アンタは 私を 破産させる気か?」

こんな感じで、この無謀な案に 
マインドは抵抗していたけど、
ハートは ニタニタ笑って 聴いていました。

一生に一度くらい、クリシュナに従って、
遊んでみるのも悪くないか?と 
大胆にも 思ってしまったのです。

結果 入会したのですけど・・
本当に、100% クリシュナに 従ったのかと言えば
嘘になります。

なぜならば、クリシュナは どこにでも存在できて、
人間のような 制限はないからです。

スケールがでっかいです。デンジャラスですね~。
クリシュナからすれば、世界中に 家があり、
遊びたい時に遊べるのは 普通の事で、
人間がそれを制限するのが どうにも 理解出来ないのです。

そして、クリシュナには 大きな知性があります。
表面上は遊び。けれども すべてを 見越した上での遊びです。
この無謀な案にしたがった当初は、瞑想会にも 人が一人しか 来ませんでした。

だから、まさに 私は 破産寸前でした。
乗馬がなければ 北海道行きは 続いてなかったのです。
当時は これが知性だとは とうてい思う事が 出来ませんでした。

近い感覚では「クリシュナに だまされた」 かもしれません(笑)
けれども 一人が、二人、三人と
徐々に 瞑想に参加する人が 増えていったのですね。

このクリシュナと 人間の間にある 時間差を
理解しないと いけません。
クリシュナは 一瞬で すべてになり 楽しめるのに対して
人間は 肉体があり それも たった1つです。

だから クリシュナの事を 時に書くようにしています。
自分自身の理解を深めるために、
そして、 伝授を受けた方が クリシュナの知性を 
理解できるように。

クリスマスケーキ

うまい棒は いまだに10円
安上がりなプレゼントですね。

ソウルに住んでる 姪っ子が スカイプしてきました。

こんな時は、何か おねだりしたいものがある時ですね。

「おばちゃん クリスマスプレゼントちょ〜だい」だって。

パウンドケーキを焼いて、
大好きな うまい棒 添えて送ることにしました。
皆さんも 楽しいクリスマス お過ごしください

飛行機に乗れる人 希望

今日は 結婚や恋愛 出逢いの話。

タイトルは 私が37歳位の時、
インターネットのお見合いサイトに入会した時に 
プロフィールに掲載した 結婚相手へ 望むことですね。

大まじめに考え抜いて コレかよ(笑) 
って感じですけど・・・
この時の出会いは 面白かった。

インターネットの出会いでしょ。
検索で 年齢とか 年収 職業 都道府県 
趣味 血液型などなど
ふるいにかけられるのって 嫌ですよね。

同じように 相手も ふるいになんて 
かけられたくないんじゃないかな?

そもそも ふるいにかけられたら「37歳」で
「瞑想講師」という怪し〜げな職業の 私なんて、
不利どころか 終わってますよ〜(笑)
 
だから ふるいにかけたくないけど、
希望の相手を見つける方法を 考えたんです。

瞑想を ダテに長くしてる訳じゃないのです。
瞑想において年月って 大切ですよ。
内的経験が 積み重なっていく訳ですから。

なので、瞑想者らしく、プロフィールは 
こんな事、書きました。

・趣味は 海外旅行と乗馬 温泉。 
・相手に望む条件 飛行機に乗れる人希望。
・経済的にも精神的にも豊かなので、
 同じ位 豊かな男性を望みます。

ほんと これだけなんですけど。
これ 見た人は 引くだろうな〜と思いました。
引いて欲しいんです(笑)

これ見て 引かない人とだけ 会いたいからです。

そしたら なんとたったの 1人
「会ってみたい」とメールを頂きまして、 
会うことになりました。(ほんと 私は・・モテないさん♪)

このお相手が「何で 私に会おうと思ったか?」 
理由を 話してました。

「プロフィールが 強烈過ぎた!!(笑)
他に こんな 強烈なプロフィールを書いてる女性は 
誰もいなかったから、会ってみたいと思った」
だって〜 (*^^)v

この出会い 面白かったのは ここからなんです。

私、VOLVOって車が好きで、中学生の時から 
「VOLVOに乗ってる人と 結婚したい」
と ず〜っと 夢を語っていたんですね。

普通なら 外車にしても ベンツとか BMWとか選ぶでしょ。
そこで あえて、VOLVOを 選んでしまう 
感性や堅実さ VOLVOって、そんな象徴です。
(もちろん ホントのところは 
 車はどうでもいいのです。象徴だから)

なんと この人 VOLVOに 乗ってやってきましたね〜。
真面目で安全。堅実な人でした。
1台目も 2台目もVOLVOを選んだらしいから、
かなりのマニアですよ。

どこにも プロフィールや条件には、
私が 「VOLVO好き」なんて、書いてないけれど、
宇宙の検索エンジンには 引っかかってきたんです。

プロフィールには 自分が欲しい条件よりも、
必ず 自分が相手に 手渡すことができる
自分の持ってる贈り物を 伝えるのです。

皆さんは 相手に対して、
どんな贈り物を 持っていますか?

自分が相手から 沢山、欲しいと思ってるのと同じ位、
相手もあなたから たくさん欲しいと思ってる事を 
お忘れなく!

ちなみに・・・ご存知のように・・・
この人とは 結婚してないのです。

とても堅実で VOLVOみたいな人でしたけど、 
すでに、持ち家を 大阪の郊外に持ってました。

私は 仕事が楽しくなってきてたので 
大阪の 中心地に住みたかったのと、
東京に 部屋を持ちたかったのですね。

東京行きを 相談したら、堅実だからか、
反対したんですね〜。
その部分では 折り合いがつかなかったかな。

家を持ってなくて、東京行きに賛成したのが・・
乗馬クラブで一緒だった 現在のパートナーです。

●普段から 将来の「こうなりたい像」を 公言しててくださいね。

●そして マインドが検索してきて 引き寄せたもの
 それは、正しいかもしれない けれども、ハートが喜ぶとは限らない。
 このことも 覚えてて下さいね。 
 必ず ハートが勝つ。 それが 本当の正解なのです。