生きてる意味1

この間、瞑想会の際に、挫折ブログの続きが知りたいと
要望がありました。

「生きてる価値が見出だせない」ところから、
私が復活したのかどうかを知りたかった
みたいですね。そんな事で 結果の近況報告です。

「生きてる価値が見出だせない」 
これは、鈴木奈々ちゃんのパラパラをUPしたくて(笑)
言葉合わせでこう書きましたが、
生きてる価値はいつも見出だせてます。

私が居なくなれば、悲しむ人が大勢いることを
理解できるからです。

厳密には「生きてる意味がないな〜」
こっちの心境が近く、ニュートラルな心境で
ケロッとしてる時もあり、落ちて泣いてる時もある。
この繰り返しです。

挫折は事実なので、時の経過が必要ですし、
ここから私が学ぶことが沢山あるからです。

間違っても 死を選ぶことはありません。
ここから「人と世の中を、より深く理解する」って、
自分のプライベートや仕事上でのフィードバックに
使うだけなんですよね。

あんまりこのフィーリングが長く続くので、
友達数人に話してみたんです。
そこから、沢山の 気づきがありました。

「考え過ぎなんじゃないか」「暇だからだよ」
「仕事があるから幸せ」「実際は優雅だ」とか、
色んなアドバイスをくれます。
でもどれもが違うので、心が晴れることはないのです。

これは無理もないのです。
私自身が「生きてる意味がない」こんな心境になったのが、
45年生きてて初めての出来事で、周囲の友達も同じだからです。

ついこの間までは、生きてる意味なんか考えるのは幸せの証拠で、
贅沢な悩みだと、一生懸命生きたらいいだけだと、思ってましたから。

でも自分がこの心境に陥った時、何が起きてるかと観たら・・、
これを話す人達の全員に共通して起きてることは、

必ずその前に、大きな挫折感か、喪失感、心が傷つく出来事が起きてて、
一時的に心が壊れて「生きてる意味が見出だせない」 
ここに陥ってしまうんだってことです。

だから、励ます必要もアドバイスする必要もないのです。

「傷ついたね〜」「辛かったね〜」寄り添ってあげるだけ
これだけでいいってことなんです。(つづき)

先祖代々 おまけ3

人との出会いのコツもビジョンで、教えてもらいました。
広大な空間に 知性の粒が「ポツン」と一つ。これだけ。

でもこれで十分。知性はシンプルだけど、
その中に膨大な情報がいつもあります。

簡単には 人と出会いたいと思えば、
誰かと会おうとしない事。ぼっとする事なんです。

もちろん全員に当てはまりません。
ガイダンスを受けてるのは 私だから。
世間一般の出会いとは、真逆なんです。

普通は、出会いたいと意図を持つ→
情報を集める→探し出す。
だと思うのですね。自分が動くのです。

けれども、長年、瞑想してると・・

人間の意識状態も
起きてる時・夢・寝てる時の意識・
この続きの、瞑想の意識(空)
・宇宙意識・神意識・統一意識・

後者の方が発達してきますね。
神意識の「知っている感覚」
知性を使っていけるのです。

自分は動かない。
知性が 案内してきたらその時、動く。

私にとって、出会いにおいての致命傷は、
この知性が、騒音で消されてしまうことなんですよね。

知っている感覚を妨げるのは、
マインドのおしゃべりと、くもり。
とにかく この二つが大きいのと、

このシリーズで書いた、傷ついた記憶による
認識の歪みによって、ある種のフィルターに
かかってしまうことなのです。

マインドのおしゃべりは、
スパムメールが多いと、その中に重要な
メールが紛れてしまい 見つけられないのに似てます。

人との出会いって、本当に重要な出会いって、
一生のうち、いったい幾つあるのかなと思う。
だから、この少数を探せないことが致命傷なの。

マインドのおしゃべり、
情報を入れすぎることは、悪です。

けれども マインドは 悪じゃありません。
反対に「空」の無限に触れて、
大きく拡がったクリアーなマインドが必要なのです。

この場合のマインドとは、歪みの少ない
知性を映しだしてくれる 美しい鏡の事です。

出会いの知性の話、色々UPしてます。
年代順ですけど、年月を追うごとに
自分の中でも 洗練されてきてるのを感じますね。

元カレ ポルトガルは どうでもいい訳よ。

女性ぺぺさん 
出会いの朝、静寂が出会うと伝えてきました。

パートナー
乗馬クラブで出会うと知っていたから 
入会してます。馬はどうでもいい。

中国なんて大嫌い。
友達出会うから申し込んでる。

全部は、瞑想の静寂が普段からあり、
ぼっとしてる時、来るの。

ちなみに今度ドイツに行くんですけどね。
人との特別な出会いは 感じませんね。
(自分がそれを望んでないしね)
ドイツそのものとの出会い ですね。
これは、楽しんできます。

先祖代々 おまけ2

(づづき)
タラが教えてくれたのは、私の未来についての話でした。

どうも・・そんなに遠くない未来
(私の感じでは1〜2年位か?)
私が 年下の男性に 感銘を受けるか、
学んで成長するような出来事が起こるみたいですね。

それなのに、今現在は、この昔の傷ついた出来事の為に、
「年下の男性」と聴いただけで、

「年下、要注意 近寄るな危険」こんなフィルターに
かかってしまうので、無視する事が起きてるのだと。
(・・これ事実だなぁ)

だから「起きたことを整理しておいて欲しい」と
タラは伝えてきました。

タラの教えはもう一つありました。

「喋る必要はないけれど、見る必要があった」と・・
(だから街で会うという創造が起きたのだと)

「彼の今の姿をよく見て 整理して欲しい」と・・

実際に会った時は、大嫌いのフォルダーに入って、
その中で、燃えカスになってる人ですし、
会っても、好きの感情はありません。

ただ・・どうも私は、働かないと決意した
無職の彼を好きになった事、そして長年、
「男は働くべき」という世間の信念体系から
外れた人に気持ちを向け続けてしまった自分の事を
「人選ミスした私」とレッテルを貼っているようでした。

この事にも、タラは
「人選ミスしてない。だから、よく見ろ」と・・。

実際に彼は多くの人が とっくの昔に、
忘れてしまってるような、
見るだけで魂が洗われるような純粋さを 
今だに持っていました。
ある意味で・・大馬鹿野郎です(笑)
でも・・正直、
昔と変わらず魂が美しいな〜と思いました。

昔は、幼くて、大嫌いのフォルダに入れるしか
対処方法がなかったけれど、
私は こんな純粋な人を 
本当に嫌いになれるかといえば・・・
自分が一度、好きになった人の事を 
深いところでは、嫌いになることは出来ませんね。
最初から、不変のものに惹かれている訳ですから。

タラはちゃんと本質を見ていたから 
好きになったのだと「間違ってない」

そして、私にとっての人選ミスとは、
魂の想い(簡単には 自分の深い本心)と
繋がろうともせず、建前や見える価値観だけで
浅はかに 生きてる人達であって、

もしも、そんな人を好きになったとしたら、
その時が「人選ミス」なのだと。教えてくれました。

何十年ぶりだろう? 
自分に何らかの力が戻ってくるのを感じました。
それは、たぶん人間関係においての
「自分を信じる力」だと思う。

タラは 私の未来に 年下で
世間の常識や信念体系で良しとする事からは、
外れてしまう男性が現れても(無職なのか?)
無視しないようにと・・

ちゃんと魂レベルで人を見てて
人選ミスなんてしないからと・・
そのように 私を諭してるのです。
素晴らしいガイダンスですね。

 

先祖代々 おまけ1

おまけで、タラの知性の話です。

1回目の挫折感。7歳下の大学生を好きになった話です。
今回この話を 書こうと思ったのは、
なんと 3月にこの人を街で見かけたんですね。

当時は、習い事が同じで、最初の印象は、魂が綺麗だなと・・
オーラが自分に似てるなとも思いました。

何度か 二人で遊びに行くこともありました。
大好きだったけど、年齢差があるし、
なんと、趣味で食べていくからと 就職もしてないの。

当時は、こんな将来性のない男を好きになった
自分の事が許せない。
ブレーキかけて、それでも2年の歳月が流れてしまって、
仕方ないから、告白して見事に振られてます。

この時の出来事が痛すぎて、後2年ほど引きずってます。
振られた時も「私が振られるんだ・・」と放心状態で、
プライドもズタズタです。

少し年上を見たら、受け入れてもらえるのに・・
年下となると、こんなに残酷な目にあうんだなと。

一番困ったのが・・気持ちの持っていく場所でした。

大好きすぎて、振られたからといって、
じゃあ「普通・友達」そんなフォルダーに入れることが出来ない。

もしも入れたら、また何かの拍子に、気持ちに火がつくのが怖い。
だから「大嫌い」のフォルダーにいれて、
ガムテープでぐるぐる巻きしないと、いられない感じですね。

よくニュースで 片想いの末に 人を殺してしまう話がありますけど、
昔は「馬鹿だな〜」と思って他人事のように見てました。
今も罪深い事ですし、身勝手で、愛でもなんでもないと思ってます。

でも・・ほんの少しだけ、事件を起こしてしまう人達に
想いを馳せるとしたら・・生い立ちや育った環境が変化したら 
誰にでも 何らかの拍子に 
起きてしまう事なのだろうと思うんですね。

私の場合は 大好きすぎて「大嫌い」のフォルダーに入ってしまった。
これが「死んでくれ」のフォルダーに入っちゃう人達なんだろうなと
思うのです。まぁ余談でした。こわ〜い♪

話 戻ります。
街で見かけた時に、何十年ぶりですから、気持ちの中では、
終わってる。大嫌いのフォルダーに入れてそのまま、
火が消えてる感じですね。

それでも、2日位 気持ちが ざわつきました。
その時に タラが 何でこんな事が 起きたのかと・・
色々、教えてくれました(つづく)

 

先祖代々上から目線3

今、起きてる事も タラの瞑想ワークの一部だなと感じます。

ここのところ、子供を欲しいと思ってて、
近くにそれらしき存在が来てるのを感じることがありますね。
でも・・実際には様々な理由から、難しいのです。

(それこそ、先祖代々 女性が)
「自分の力で出来ないことは無い」と思ってる家系で、
止まってしまう状況が起きているのです。

私は、ここから何かを学ぶ必要があるわけですね。

「男性は子供が産めない」というけれど、これは違いますよ。
「女性は 男性の力無しに、子供が産めない」
 こっちが 正しいのです。

タラというのは、世の中の痛みを沢山、垣間見せます。
何故なら、タラは、観音だからです。

観音が仕事をしてるのは 地獄の一丁目(笑)
世の中の底辺で苦しんでる人の事を理解する必要があるのです。

けれども、それは、地獄にどっぷり浸かることではないのです。
想いを馳せる 垣間見るなんです。
地獄にどっぷり浸かっていたら・・・
いったい誰が引き上げるんだ?って話よ。

すべての階層に存在できるのが 観音(タラ)です。

挫折感って、自分が得たい状況を得られない事です。
だから今の状況は、私にとって辛いことなのです。

「生きてく価値が見出だせない」と、
状況を嘆き悲しむ事も出来ます。

けれども 
同時に 「生きてく価値が見出だせぬわぃ♪」と
天階で パラパラ踊ることも出来るんです。

まさか、タラをマスターするはずが、
パラパラマスターしてしまうとは!!

タラって・・・なんて面白いんでしょうね!

そして とても示唆に富んだ 知性をいただきましたね。
それは またの機会に・・(つづく)

明日は 最高の観音日和だな〜と思います。
参加される 皆さん 楽しみましょうね〜。

先祖代々上から目線2

タイトルですが、
その家系にあるクセ(瞑想風に言えばカルマ)って、
ショッキングな出来事でもないと、なかなか
気づかないものだということです。

男尊女卑がクセとしてあれば、それが普通だと思って日々暮らし、
完璧主義がクセとしてあれば、それが普通だと思って日々暮らし、

こんな風に・・家系のクセは 
気づかずに 代々受け継がれていくんだなと・・。

それで言えば、今回の挫折で気づいたことですけど、
我が家は 先祖代々上から目線(笑)
底辺の人達の苦しかったり、弱い気持ちが理解しにくいのです。

ずっとリーダーである必要性がある家系だったと思います。
いつも比較的、裕福で、強い立場だったから、
誰かが当然のように、助けてくれていたような気がします。

神様やら会社で働いてる人々や、周囲の大人や友達・・
色んな意味で いつも守られてきていたんだなと・・。

自分が挫折して初めて、世の中には、何らかのきっかけで、
生きる目的を失ってしまって、自ら命を絶ってしまう人とか、
元気を取り戻せなくて、病気になってしまう人が
存在するんだなと、そのことに、想いを馳せることが出来ますね。

「弱いからとか、頭が悪いから挫折するんでしょ」
位に、思っていましたけど、
ちょっとした、何かのきっかけで、
誰でも こんな事が起きてしまうんだなと 今は感じます。

そんな事で 今、経験として苦しいことも、
私に必要で 起きてきてるんだろうなと思います。

皆さんの家系には、どんなクセがありますか?
気づかずに 代々受け継がれていくクセです(つづく)