ハートにしたがう1

瞑想では、よく使う言葉ですね。
私なりに ハートにしたがうについて、書いてみますね。

ハートにしたがうって、場合によっては、
とても単純明快で簡単な事もあります。

「いい感じがする」「心地よい感じがする」
こんな自分の気持ちに素直に従っていけば、
選んでいけます。単純にはね。

けれども、簡単なようで、
難しいな〜と思う事もあります。
自分が、この1年以上とんでもな〜く
悩みの中に 突入しちゃったから、特に難しいなと
感じる今日この頃。
色んな事が明確になってくるのに 
時の経過が必要なのでしょうね。

難しいのは・・・
マインドとハートの違いが
分からないからではありません。
これは 瞑想、長年してると分かるようになってきます。

「ハートにしたがう」この難しいのは、
瞑想で、心を深く掘るってことを行っていると、
ハートの意味する領域の幅が大きく拡がるって事なんです。

宇宙を構成する5つの要素は、深いところから順に、
空→風→火→水→地 となりますが、

心を深く掘れば掘るほど「ハートにしたがう」
この意味することは、
空・風・火・水・(地)この全部の領域に
またがってくるって事なんです。

多くの瞑想初期の方の「ハートにしたがう」は、
水の要素だけを指してます。
ここは感情や魂の領域。魂の持っているカルマの衝動から、
知っている感覚(知性)に近いものまで多岐にわたりますし、
喜怒哀楽の感情も水の要素です。

いいな(やだな)と感じる。 
好き(嫌い)と感じる。
心地よい、快(心地悪い、不快)と感じる。
こうしたい(したくない)と感じる。
ここに従うことで、ほぼ、間違いではないけれど、
このもっと先があるの。

ハートは感じる器官でもありますから、
色んな想いがそれぞれの領域にあり、
それを全部、感じ始めるのです。

反対に「マインドに従う」というのは、
水の要素よりも もっと浅い領域 
五つの要素で言えば 地の要素だけに基づいて、
物事の選択が起きてくるってことですね。

地の要素は 固まって動かない質 見えて、
分かりやすく、具体的な質ですね。

だからここに基づいて、選択が起きると、
安心が得られます。不動に見えるし(見えるだけ)
自分にも人にも 分かりやすいの。

たとえば、マインドの判断基準。
損か得か。
(権威や資格、学歴、職歴など)有るか無いか。
綺麗か汚いか。良いか悪いか。白か黒か。多いか少ないか。 
ここから出てくる選択は、全部が、具体的で分かりですね。

でも本当に心の深い部分で、その選択が
幸せなのかどうか、ハートが笑っているかどうかは、
分かりません。

また 分からなくても それを選択した 
ご本人が心を深く掘らない限りは、
自分の幸・不幸にすら気づかないからです。

だから、瞑想して、心を深く掘りはじめると、
「あれっ?」と気づく事が多々あるのです。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ
https://www.1satori.com/