恋愛のかけひき

今、カリスマナンパ師のメルマガを購読してます。
(「何でそんなもの読んでるねん!」
ってツッコミは抜きにして・・)

ひょんなことから、
男性が、男性に向けて書いてるメルマガを、
女性の私が読む事になってしまった訳ですが・・
男性の目線だから、それがなかなか、新鮮でもあるの。

「ナンパしながら 人間成長しましょう!」
とか言ってる(笑)

確かに 沢山の女性に好かれる頃には、
人間的に成長してるでしょうから
間違いないと思いますよ。

面白いな〜と思って、読んでいたら、この間、
「恋愛は 好きになったほうが負けです」
と・・カリスマナンパ師が言い放った。

これにはさすがに、
思わず「ばぁ〜かぁ〜」と パソコンの前で、
叫んでしまいました(*^_^*)

本当に愛を知ってる人は 恋愛は駆け引きだなんて、
全く思ってないですよ。

そして、駆け引きだと思ってる人を、
「かわいそうにな〜 何があったんだろう??」
と思って見てるわけです。

愛って・・枯れない様子からして、
どうも・・無尽蔵ですよね。

一時的に無くなったと思っても、
少し目線を変えたり時期が経過すれば 
自分の中にあるのを発見するね。

このカリスマナンパ師の発言を真に受けて、
メルマガ読んでる多くの男性が 
「好きになったら負け」と思っていたら不憫だわ〜。

同じく、女性で「好きになったら負け」と
思っている人がいたら、
これは男以上に おばかさん 通り越して
もう救いようのない 
大ばかの域に達してると思うな〜。

「アンタ 何もわかってないよ〜」と
恋愛のカリスマに返信しようかと思いましたけど、
何で女が読んでるんだ??とメルマガ、
解除されてしまっては 先のお楽しみが
なくなるので、ほっておくことにします。

恋愛は勝ち負けじゃないでしょうし、
好きになったほうが 王道なんです。

そして、私はいつも 
バラ色の王道を 歩みたいな〜。

パートナーと別れたおかげで、
また恋愛コラムが自由に書ける身分になったことが、
何より、嬉しいね〜 (*^_^*)

 

メンタルトレーニング2

まず「瞑想してて良かったな〜」ですが、
瞑想は はやり凄いと思います。

先生に言われた通り、
「悲しみなんてないはず・・自分の視点を上げろ」
これだけで、あっという間に視点を高次に上げられるわけです。
これは、習慣にしていきたいと思いましたね。

他にも瞑想の利点 色々発見しました。

1つ目は、
瞑想を知らない人の多くは 
高次の自分と 普通の自分の違いが
解らないのです!
高次の自分(空)が目覚めてないからです。

瞑想を長く続けていたら、
明らかに普段とは違う、高次のマインドが登場するわけです。

また高次の自分とは、 
志高く、大きく物事を考えた自分の事ではありません。
それは「小さな自分が頑張って、志高く、大きく物事を考えた」
ってだけで(笑)全然、違うものです。

2つ目は、
未来のビジョンについても、二通りあるといえます。

小さな自分のマインドが想像するビジョンは、
歪んでいたり、自然の流れに沿ってなかったり、
不都合がある事も時にあるでしょう。
けれども、その事には無知で気づいておらず、
一生懸命、想像(イメージ)しようとします。

すると、そこにシャクティ(エネルギー)を
注いでいても、ムダが多くなります。

無知からくる 欲しくないものの創造というムダ。
創造が起きないものを、想像(イメージ)して、
エネルギーを注いでしまうという この2つのムダです。

おそらく、多くの人がイメージトレーニングにおいて、
この点で、挫折するのではないかと思うのです。

それとは別に、高次の自分が 知性でもって、
教えてくれているビジョンがあるのです。
これはうっとりするほど賢く、
自分だから違和感がありません。

だから、そこに 
シャクティを注いでいけばOKって事になります。
このビジョンは、選択肢は少ないかもしれません。
でも色んな意味で、質が高いのです。

小さな自分が想像(イメージ)してつくるというより、
高次の自分が想像して用意していて「こっちだよ〜」と
提示しているからです。

私の知る限り、子供の事については、
2つの選択肢しかなかったですね。

数は少ないけれど、
何かを知ってる質の高いビジョンに向かって、
愛を注げばいいわけだから、集中的に、
安心して注ぐだけなのです。

そして、ここで仮に、創造が起こらないとしても、
最初から、愛を注ぐに値する事だから、
後悔も失敗もない。よかったって事だけです。

利点の3つ目は、
瞑想を長くしてると、
愛とは何かを ちゃんと知っている事です。
だから「愛を差し出す」これが自然に出来るの。

この目線で 世の多くの人を見た時、
愛をよく知らないし、駆け引きすることが愛だと、
大間違いをしている人が多いのを感じます。
(これについては また追々)

愛って・・ほんとに いいものですよ。
愛を知るためだけに 瞑想始めてもよいくらい。

メンタルトレーニング1

最近 東京のメンタルトレーニングの先生のところに
コンサルを受けに行くことにしました。

子供が欲しいな・・については、
限界とっくにはみ出しちゃってる訳ですから、

「限界を超える」これを症例として沢山、
見てる人に、会って相談してみたかったのです。

自分の中では、ノリで話してるんじゃなく、
出来る方法を 知性は、何か知ってるから、
こんな事、思ってるのだと思うのです。

けれども、これを世間に話した時、
世間の小さいマインドに押し潰されそうになるの。

卵子凍結の話とか、精子は医者が選んでくれるよとか、
ダウン症の子供が出来ないように云々とか。
世界中旅行して暮らすのも悪くないよとか、
養子縁組とか・・。

私も、子供の魂も そんな事して欲しいとも
言ってないのに、暗に・・
「ダメに決まってる。だからどうするか」
それが前提に 話がどんどん進んでいく事がツライ。

そして、それがネガティブな思考な訳でもなく、
優しさや 思いやりからから言ってくれてるのも分かる。

そして聴いてるうちに「ごもっともな話だな〜」と
小さな私のマインドは 影響を受けて、
大きなマインドと知性が 伝えたいことが、
かき消されそうになる。

「世間の小さいマインドに 
押し潰されそうになる・・」と思っている。

でも、本当は違う。敵は自分のマインド。
世間のマインドと思ってるものは、
私の低次のマインドでもある。

大きなマインドと知性と思ってるものは、
私の高次のマインド。
(タラ・マインドと 自分では呼んでる)

この二つのせめぎ合いで、
自分がしんどくなってる。

相談してたら、嗚咽になり、泣いてしまった。
そしたら、先生が面白いことを話してくれた。

自分が欲しい物を得たいと強く思う時、
悲しみなんてないはずなんだと。
欲しいものだから、楽しいに決まってる訳です。
(そりゃそうだな〜 ごもっともです)

悲しみになってるとしたら、
「◯◯しなければならない」
ここに入り込んでしまってる。
(低次のマインドですね)

これでは上手くいかないから、視点を上げろと。
そして、未来のビジョンを強く持てと・・

先生は瞑想を知らないので、
私の言葉に直したら、
「高次のマインドに入って(タラになって登場して)
知性が示唆するビジョンに シャクティを注げ」
となりますね。

この場合、パートナーシップだから、
シャクティを注ぐというよりは、
「愛を注ぐ」が近いのかなと思います。

私が「瞑想してて良かったな〜」
と思うことがあって、今回もその事を、
たくさん、強く感じました。(つづく)

パートナーシップ

岡山の宿泊瞑想会で、
パートナーシップにまつわる 気づきがありました。

瞑想している人は、体験としてお分かりだと思いますが、
空が大きくなってくると、
昔の嫌だった出来事など 想い出せなくなってきますね。
印象がなくなり、すぐに忘れてしまうのです。

そんな中で、私は、パートナーとの間に起きた出来事で、
たった一つだけ、何度も思い出す出来事がありました。

3年ほど前に 北海道を旅行した時の話です。
我が家は、パートナーがバツ1で、
子供の養育費や慰謝料を抱えていたために、
私は経済的には、援助をしてもらってませんでした。

どちらかと言えば 旅行・外食、
遊びにまつわる金銭的負担は
私が持つことがほとんどでした。
この事は、私の中では「二人が楽しければそれでOK」
と思っていました。

実際に、北海道の旅行は小樽。洞爺湖と楽しかったです。
札幌で美味しい寿司屋の予約を入れており、
時間があったので、地下鉄の駅まで10分位
散歩がてら歩いて行きました。

駅のすぐ近くになり、
なんと私が財布を忘れたことに気づきました。
そこで、パートナーに
「財布を忘れたから寿司代を建て替えておいて」
とお願いした出来事がありました。

そしたら、急に怒鳴りだし、
「バカヤロー 財布忘れるお前が悪いんだろ!
財布取りに帰って、タクシーで俺を迎えに来い」

「一緒にホテルまで帰って、タクシーに乗ろうよ〜」
と提案すると、

「この暑い中、俺様にしんどい思いさせる気か!
ローソンの冷房の中で待ってるから迎えに来いや!」

そんな事で、私は10分の距離
またホテルまで一人で財布を取りに帰り、
タクシーに乗り、パートナーを途中で乗せて、
寿司屋に向かいました。

寿司代、たった3万円程度、
建て替えておく心の余裕のなさ。
もしくは、一緒に財布を取りに帰る優しさのなさ。
この時に、私の中で
「この人は男じゃないな・・・」と
見切りをつけたんだと思うのです。

不思議に思ったのは、もっと嫌な出来事は 
長い付き合いの中では 沢山ありました。

楽しい出来事の中で怒鳴られるは日常茶飯事でしたし、
ただの幸せとか、喜びが苦手な人だから、
破壊グセがあるのだろうと理解していたので、
色々あったんだろうけど、全部ケロリと忘れているのです。

それなのに この北海道の出来事だけは、
何故か、ず〜っと、覚えているわけです。

なんでこの出来事だけ 思い出すのか?
すべてを忘れてしまう私が 忘れない出来事。
これは不思議です。

「忘れてしまう」とは、出来事に対して感じた
怒り、悲しみなどの、心地悪い感情がハートに入り、
無限の空につながり溶けてしまうことです。

他の出来事は、許してるから 忘れている。
といってもいいでしょう。

ならば、この北海道の出来事を思い出すのは 
許してないからなのでしょうか?

違いますね。

「許してはいけないことだから」
「忘れない」のです。

人間の私は すべてオールOK 
多くの出来事を許してしまいます。
そして、これが 私の包容力でもあります。

けれども、女の私が この北海道の出来事だけは
「絶対に許さない」と「忘れない」のです。

そして、忘れる必要もないのです。

何故なら、パートナーシップにおいては、
人間である前に、男と女であり、
私が 人間を求めてるわけじゃないからです。

これが友だち関係ならば、
「男と女である前に人間だろ」と どうぞ主張して下さい。

まして、パートナーの母親でもないからです。
オールOKで包み込む必要なんてないのです。

だから、絶対に譲ってはいけない事があるのです。
だから忘れないのだなと・・。

瞑想してる皆さんは ハートフルです。
だからこそ、パートナーに対して オールOK
しないといけないと思わないで下さいね。

瞑想してる皆さんが どうにも 許せないことならば
それは、許してはいけないことの可能性もあるって事です。

母と子供のような関係を 
パートナーと築きたいならそれでいいですけど、
求めているものが男女であるならば、尚更です。

ハートにしたがう4

「ハートにしたがう」は、結局、自分の心を深く掘って、
幅を拡げ、5つの要素のより深い要素に先導させること 
となりますね。

瞑想で「空」を直接経験することで、自ずと、その上の、
風の要素「神様の感覚、マントラそのもの」
火の要素「知性、知っている感覚や 純粋な光」

この領域への認識力が増えてくるはずなんですね。

空を知らない人の場合は、認識力の幅が狭く、
狭いことにも気づいていないので、
自ずと ハートにしたがうの意味が、地の要素、
水の要素の領域だけになってしまうのです。

「ハートにしたがう」
この示すところが心をどこまで掘ってるのか、
人によって違いが出てくるので、その言葉に
迷ってしまわないことが肝心ですね。

では・・もっと深い領域、火の要素
「知性、知っている感覚や純粋な光」の話。

ちょうど1年ほど前、この事で悩んでいると、
夢でビジョンを見ました。

誰かに私が腕を背後から掴まれて、振り返ると、
男性がいました。私より、10歳位、若いように思えます。
そして、色が浅黒く、半袖でした。

性格の特徴は、とにかく物静か、おちついた人ですね。
顔は、俳優の夏八木 勲さん、心屋仁之助さんに、
似てるかなと印象を持ちました。

私は、振り返った瞬間に この人の事を「好きだな」
と思った。そんなビジョンでした。

この夢は ストレスから出てくる雑夢ではなくて、
将来、現実になっていくことを教えてくれる
具現化する知性のように思えました。

簡単には、私が、今、悩んでいるけれども、
知性は「こんな人に出逢って 恋をするよ」と、

だから一人じゃない、別れて前に進めと・・
教えてくれている夢です。

もっと言えば、季節は 夏か?アジアの暑い国か?
存在に先に気づくのは 相手の方となります。

でも、ビジョンは 現実になるまでは、
ただの心の中の幻であり、いいなと思っても、
おもいっきり、現実には パートナーがいる訳ですから、
家庭生活の破綻と 幻のビジョンの相手だと、
どちらを優先するかと問われたら、
目に見える家庭生活の方ですよ。

そんな事で かなり、時間がかかりましたけど、
もう時間がなくて、宇宙に「早くしろ!」と、
後押しされているような出来事が起こりました。
それは、まるで昼ドラのような出来事でした(笑)

私は、昼ドラは好きですけど、
自分の人生が昼ドラのようになることは望んでないので、
パートナーと別れることを選択しました。

活字では、書けないので、
個人的に聴きたい人は瞑想会の雑談の時にでも
聴いて下さいな。

とりあえす、自由って 嬉しいものです。

地の要素は、「45歳のばばぁに出逢いなんて無い。
早く、お見合いでもしろ!老後は寂しくなるぞ!」
と 私を急き立てますけど、この雑念は ほっといて・・

当分の間は、この心屋もどきが 
現実に現れるのを待ってみます。

それがダメなら その時は、宇宙はまた 
新しい展開を用意してくれるでしょう。

 

ハートにしたがう3

今回の出来事を 瞑想風に書いてみると、
何でこんなに悩んだのかといえば、
心の色んな領域で、全部、違うことを思っているからです。

地の要素。これは具体的な思考や固定観念の
目に見えて固い領域です。

パートナーは、日本の有名企業に勤めています。
もしも、子供が出来て将来を考えた時、
就職や見合いすることがあれば、有利だなと、
損得の思考が出てきます。

でも、私は この地の要素のものに先導させることはないですね。
もしも、子供がやってくるとしたら・・
私と同じく地の要素がお膳立てされている環境を、
望んでないでしょう。自分で創造したがるでしょうから・・。

そんな事で、地の要素は、悩みにはなりませんでした。

問題は、水の要素です。
ここは 地の要素に近い水の要素(物質に近い)から、
火の要素に近い水の要素(知性や光に近い)まで、
扱う範囲が広いのです。

パートナーは、おしゃれが大好きな人で、
見た目、教養、マナーに、長けた人でした。
この人は 地の要素について、
私に沢山の事を教えてくれる人だったなと思います。

そこから「ステキだな〜」こんな
「気持ちの混じった感情」が出てきます。

そして、親孝行のいい人でした。
彼のお母さんも 痴呆が進んでいき、
彼も病気で視力が落ちていく将来を思うと、
「そばにいてあげたい」こんな人間の情に
引っ張られました。 これも水の要素です。
今でも 人間としては、何かあれば手伝いたいと思ってますね。

多くの人がハートにしたがう時、
公を尊重する気持ちや、それに付随して出てくる、
自分の感じてる事、ここに絡め取られて
悩むのではないかと思います。

けれども、パートナーシップの場合は、
若干違うのです、理不尽な理屈を超えた、
個人的な想いを尊重する事が大切だと思うのですが、
(人間じゃない 男の想い、女の想い、このようなものです)
これについては、また追々。

話し戻って・・
心をここまで掘ってる人にとっては、
これが「ハートにしたがう」になるのでしょうが・・
本当は、もっと心には 深い領域があります。

火の要素=「知性、知っている感覚や 純粋な光」 
風の要素=「神様の感覚」
そして、空(くう)そのもの。

瞑想は この水の要素よりもっと精妙な要素が
どんどん発達してくるのです。出来るだけ、深い領域のものに
先導させていくのです。(でもこれが、結構、難しいの)

私の場合は、これが水の要素とは全然違う、
展開を示していました。
だから、悩みの中に入り込んでしまいました(つづく)