北東ドイツ2

バッハのお墓も 明るい。 死んでも幸せ!

バッハのお墓も
明るい。
死んでも幸せ!

いつもヨーロッパから戻ると
日本&日本人が 
いかに素晴らしいかって話をするのですが、

ドイツ この国は、優秀な国だな〜と・・
そんな感想を持ちました。

私が思うには、ドイツの弱点は、
電気をフランスの原発に頼ってること
だと思うのですけど、

至る所に、
太陽光パネルと 風力発電が用意されています。

これは、
日本の原発のコントロール不可能な状況を見て、
急ピッチですすんでいるそうです。

戦争にしても、原発にしても、
失敗や間違いから 学ぶ姿勢が素晴らしいです。

聖ミヒャエル教会。 シンプルなだけに、 圧倒的に豊かさが出てしまう。

聖ミヒャエル教会。
シンプルなだけに、
圧倒的に豊かさが出てしまう。

あとは、ドイツの教会。
どの教会も とても心地よく、明るく、
「やはり教会はこうでなくては・・」
と感じました。

心地よいから、人が集いたくなる。
本当の意味で、パワースポットなんです。

なぜこう感じるのか?
見逃せないのは、国が経済的に豊かだからです。

「精神的に豊かだから」と言いたいけれど・・
ごめんなさい。経済的に豊かだからだと思います。

ヨーロッパの他の貧しい国に行くと、
大きくて有名な教会でも
悲愴感が漂ってる事があります。

貧しい→だから神にすがるしかない。
悲愴感。
どこがパワースポットなのかさっぱり分かりません。

神にすがる前に 
努力とか 創意工夫とか、
人間として挑戦することがあるのを感じるのです。
国民性の違いといえばそれまでですが、
ドイツは違うなと・・。

だから、本当の意味で精神性を感じたのも・・
ドイツの教会ですね。
大小関係なく、どの教会も 私の思う教会でした。

基本的に、神様にすがってない。
日頃の愛と繁栄に 感謝を伝えるところ。
健全で、心地よかったです。

ハンブルクの アルスター湖

ハンブルクの
アルスター湖

 

北東ドイツ1

どこまでもつづく 菜の花畑

どこまでもつづく
菜の花畑

すっかり忘れておりましたが・・
春に北東ドイツを旅行しました。

車窓からずーっと草原が延々続きます。
それを見てると、昔の自分の夢を思い出しました。

何故か、子供の頃、
草原を駆け下りるのが私の夢で、
しゅっちゅうイメージなのか、
願望なのか、 夢想してました。

延々とつづきます

延々とつづきます

日本では近所の広場は芝生に立ち入り禁止で、
親にも、学校の先生にも 芝生の管理人にも・・
入ると怒られました。

そのうちに、
怒られる事、規則を破る事、怪我する事、
色んな事が怖くなっていき・・

そして、知らない間に、
虫が怖いとか、怪我をするとか、服が汚れるとか、
自分がまるで、草原が嫌いかのように
ふるまっていたな〜と・・
そして、こんな夢があったことすら、
忘れていました。
そんな事、想い出したら、泣けてきましたね。

緑が多い国でした

緑が多い国でした

この草原の景色が見たくて、
春ヨーロッパを旅すると、思っていたけど、
そうじゃなかった。
私は草原を
自由に駆け下りたかったんだな〜。

皆さんは、どうでしょうか? 
知らない間に 世間のルールや枠組みを
まるで自分の要求か本音かのように、
取り入れてしまってる事ってないでしょうか?

観光先の美術館の前が草原だったので、
左右見渡して、怒られないだろうと分かったら・・
思いっきり 駆け下りたよ〜(^_^)v

見えないポスト

アメリカ在住の 知人から聴いたお話です。
渡米した初めの頃、郵便を出そうとして、
どこにもポストが見当たらず、苦労したそうです。

「そこらじゅうにあるよ」と言われても 
全く見つからない。

なんと、アメリカのポストは青色なんだって!
日本では ポストは赤色が主流ですよね。

「ポストは赤色」だと思い込んで探してるから、
目の前に沢山 見ていた青い箱が 
まさか郵便ポストだとは 気づかなかったそうです。

聴いた当時は 面白い話だなと 思っていたんだけど、
タラで瞑想をしてると この話の重要性を ひしひしと感じます。

沢山の観念の前に 人が止まるのを観るからです。
もちろん 自分も・・

その観念は、無意識で、すでに形創られていて、
そのことにも 気づかないままに、 
普通に 物事を観て出来事がすすんでいくのです。

数年前 父を連れて ロシア旅行に行きました。
母が亡くなって、辛いだろうから、
私の 出来る親孝行のつもりでした。

けれども、周囲は誰も そんな風には見ないのです。
父と娘の組み合わせなら「すねかじり」となり
その思い込みから すべての話が進んでいくのです。

「お父さんに感謝だね」「お父さんリッチだね」
そんな話が勝手に造られていくのです。

もしも、これが 父と息子の組み合わせなら 
どうだったでしょうか?また違うと思うのです。

「女は 男に扶養されるもの」もしくは、
「娘は 父に扶養されるもの」
多くの人の無意識に横たわっている 
これも、思い込みの1つですね。

タラは 人間が決めてる 観念を超えて答えを
持ってくる 大きな知性ですから、
「ポストは赤色」 と決め込んでいると、
あるはずの沢山のチャンスさえも 
何も見えてこないのです。

瞑想で、何も起こらない人。
起こらないのではなくて「ポストは赤」と
思い込みから、物事を観て動いてる可能性が
沢山ありますね。

タラが高度なテクニックだと話してるのは 
こんな事も含めてですね。
皆さん 練習しましょう!