ハートVS丹田2

愛にはいろんな形がありますよ。 飢えさせない! って強烈な愛だよ。

愛にはいろんな形がありますよ。
飢えさせない!
って強烈な愛だよ。

 

 

 

 

 

 

 

ハートと丹田の話をする時に、
何が分かりやすいかな?と考えて、思いつきました。

映画「風と共に去りぬ」この映画は瞑想的に観ても、
おすすめの、名作だと思います。

第1部の終わり、
主人公のビビアン・リーが演じるスカーレットが、
泥だらけの干からびた大根を掴んで、泣きながら、
神様に誓うシーンがあります。

「私は二度と家族を飢えさせません!」
このシーンは、スカーレットが、
ハートより丹田を選択した瞬間なのです。

ハートは 愛・感性の場所です。
丹田よりも文化的で高尚です。
そして、判断がなく公平で、中立的ですね。
チャクラで言えば、肉体の中心に位置します。

スカーレットは、お嬢様ですね。
ハートで感じられる 美味しい料理や盛り付け、
大根の美味しさを味わう感性も、
それを食する時の文化的な作法も全部、知っている人なんです。

でも、干からびた大根を見た時、ハートよりも丹田を選択したんです。
「飢えさせません!」 
これだって、強烈な、大きな愛に違いないのです。

丹田は ハートよりも チャクラで言えば下にあります。
もっと世俗的で、生存にまつわる生きる力、持久力と関連します。

スカーレットが、丹田の象徴ならば、
メラニーはハートの象徴です。どこまで行っても愛の人ですね。

面白いことに、丹田の象徴スカーレットと ハートの象徴メラニー
どちらに軍配が上がるのか?

スカーレットが 一番欲しくて得れないもの 
「アシュレイ」を、メラニーはすんなり得てしまいます。
ハートに軍配が上がりますね。

寿命の意味では、丹田の象徴。スカーレットに軍配があがります。
丹田だけに、持久力(笑)

この映画、最初は、丹田の象徴スカーレットに
皆さん、目が釘付けになってしまいます。

けれども、繰り返し観ていると、ハートの象徴メラニーに、
瞑想者は、釘付けになります。
「心が美しい」「人の長所だけを、判断なしに見続ける」 
これは、簡単そうで 難しく、非凡だということを理解するからです。

ハートは判断なしに 物事を観ます。善悪の判断を超えているのです。
だから、メラニーは 清く美しい、ハートの人でありながら、
殺人の片棒担ぐわ、泥棒を奨励するわ、この点も とても面白いのです。
これが、正真正銘のハート姿だともいえます。

そして、ハートの象徴メラニーは誰の目から見ても、
素晴らしい人物です。けれども、メラニーだけでは 
この映画は全然、面白くないのです。

ちょうど、私達の生きてる現実世界でも、
ハートが開いて 愛の人が、人間的にはそれだけじゃ 
つまんないのに似ています。

だから、モテる人の代名詞には 
「小悪魔」とか「魔性」「ちょいワル」がついちゃうんです。 
丹田の象徴スカーレットがいて 初めて、この映画が成り立つのです。

丹田は エゴのセンター横隔膜よりも下に位置します。
人間(自分的)よりも、動物的「ちょいワル」なんですよ。
やっぱり、両方、備えてる人は、魅力的なのですよ。

ハートにしたがおうと思って、行動するときでも、苦しいことや困難なことは沢山、起きてきますね。

ハートは、浅い領域では「感じる」という
「感覚の器官」と繋がっていますから、
「いいな」と感じる。けれども、同じく「やだな」も感じますよ。

だからハートの深くに入っていく これが大切。ハートの深くの静寂と繋がる 丹田を育てることは、ハートの深くに碇を下ろしていくようなものです。

するとね・・
「いいな」と感じる「やだな」も感じる。
でも それはそれとして「やりとげる」
大変に感じるときでも「なにクソもう少し がんばるぞ〜」
って持久力が出てくるのです。

こんな人が、瞑想でも日常的な、成し遂げたい事でも
成就していきます。
だから丹田を育てる事は 私は大切だと思ってるの。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ

ハートVS丹田1

私達は 現実の中に生きている

私達は
現実の中に生きている

 

 

 

 

 

 

去年末、ハートと丹田について書いたので、
今年は続き。
スピリチャルでよく言われる「ハートにしたがう」
これは正しいと思うけれど、これだけじゃ生きてく上では、足りないのを感じてます。

仮に、これが正しければ、もっとスピリチュアルという
ジャンルは社会的に評価されているはずなんですね。

世の中の皆さんが、実践的であれば、
生きてく上で「これは使えるな」と・・評価するからです。

「ハートに従う」これ話す人達の現実を見ると、
たいてい、半年後、1年後、話したことが形に
なっているのかと言えば、潰れていることも多いです。

「じゃあ あの高尚な ハートに従うとやらは、
一体、何だったんだろう?」と、疑問が残るのです。

私なりに思うことは、
ハート(愛)にマインド(思慮深さ)が繋がることを、
「慈愛や英知」と呼ぶならば、

ハート(愛)に丹田(持久力や生存能力)が繋がることを、
「グランディング」と呼んでもいいのではないかなと思ってます。

そして「ハートに従う」
これを現実の世界で体現できてる人たちは、
丹田をおろそかにしてないですね。
丹田にはハートの想いを形にしていく、
持久力が備わっているからです。(つづく)

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ

湯水の如く

ビンタン島は シンガポールから すぐです。

ビンタン島は
シンガポールから
すぐです。

 

 

 

 

 

 

父、妹、甥っ子、姪っ子、彼氏&私 
6人でビンタン島とシンガポールを旅しました。

とにかく、楽しい旅でした。
メールもネットも全然 見ないで、
仕事の事も考えない。
ただ、遊んで、お金を湯水のごとく使いました。

海外旅行の面白いところは、
その国のマインドを経験することですね。
私のマインドは とても柔軟で、 
その国に合わせて自由自在に変化を楽しむ事が大好きです。

シンガポールは、ホテル代や交通費以上に、
現地での娯楽や交通費、食事代にお金がかかる場所でした。
そして、お金を使うことが、とっても 楽しい場所でもあります。

食べ物ひとつにしてもフードコートで、
色んな人種に入り混じって、チープで楽しい旅行に
仕上げることも出来ます。
もちろん、それも経験しましたよ。

でも、ずっとそこに道をつけたいのか?と言われたら、
少し違うのです。
チープで楽しい道をつけたのなら、
チープで楽しい人に、なれるでしょう。

100円ショップでばかりで、買い物する人。
自分が100円の人になっていってる。

激安や割引ばかりで、何かを得ようとする人、
自分が激安、格安の人になっていってる。

もうそれは、若い時に 1度目のシンガポールで、経験してます。

今度は全く違うマインドの中に入り、
それを楽しみたいのです。今回、私は金タラの人。

豪華でリッチな人になっていきたいのです。
だからここに道をつける練習が起きてきているのです。
全部は、マインドのストレッチなんですね。

最高級なお店でなくても物価が高いシンガポール。
でも、そこに道をつけたいならば、
そこに流れていくのが正しいです。
だから、湯水の如く、散財しましたね。
あ〜ぁ 気持ちがいい!
反面・・心地悪い。100%慣れてる訳じゃないからね。
でも、これを味わうことも大事。

お金はエネルギー、お金が流れたい時に、
流れたい所に流さないと、
どうでもよい所から出て行く事を経験上、
知ってるから、湯水の如く使うのです。
流れたい流れの中に、道をつけていくのです。

でも、これさえも シンガポールでは小さなマインド。
億単位で、お金が入り、消える経験をしてる人たちが、
沢山、住んでる場所。色んな意味で、興味深い場所ですね。

金タラ(ラクシュミや、クリシュナ)で
起きてくること、人によっては、確かに怖いかもしれませんね。
慣れないことは怖いですからね。

けれども、安心できる古いマインドに留まって、
何をしたいのでしょうか?せっかく、瞑想はじめたというのに!

金タラ受ける前の自分と同じマインドなら、
もう飽きるくらい知ってるんです。
そこから出てくる結果も、予測がつくんです。

何をしてみても、失敗はありません。
経験があるだけです。とにかく、流れてくださいね。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ

 

ルーツ

お正月に 我が家のルーツを弟から聴きました。
家のルーツって、誰かが 残しておこうとしてないと、
忘れて途切れてしまうんですよね。

他人が聴いても面白くないことですけど、
私としては、興味深かったので、
誰か下の世代の為にも、ブログに残しておこうと思います。

祖父は 天皇陛下を守るために、
皇居で働いていた、近衛兵でした。
天皇陛下から頂いた、家名入りの塗り物の盃を持ってて、
お正月にだけ出してきてお酒を飲み、
祖父にとっては、家宝だったわけです。

九州の田舎暮らしで、何で皇居を守れたのか?
当日の徴兵制は、普通は、地域ごとに集まるものが、
皇居だけは 全国選抜だったそうです。

推測では、どうも祖父には 巨大なコネがあったらしい。
ご先祖様は、九州の味噌、醤油屋さんだったことは 
生きてる時に、聴いていたのですけど、これが分家であり、
おそらく、九州の酒蔵が本家だったのではないかと・・。

当時は 会社がないから、法人税が取れない。
国税として、日本酒の位置づけが重大だったらしく、
そこで、酒蔵や酒屋は大きな力があったそうな。

兄がこのルーツを調べたらしく、九州の酒蔵を尋ねたら、
そこの家の人達の写真が 祖父そっくり(笑)

でも、おじさん(祖父の息子)に このルーツを確かめようと、
聴いてみたら、知らないとのこと。
このように ルーツは残そうとしない限り、
いとも簡単に聴くことができなくなってしまうのです。
親子間の確執や無関心にぶち当たると、それで終わり。

近衛兵の時は、厳しい階層があったらしく、下っ端の祖父は、
大変だったらしく、同じく下っ端の同僚に父島出身の人がいて、
その人と一緒に、珊瑚の仕事を始めたそうです。

これを調べたのは 弟なのですけど、ルーツに興味があるのは、
どうも女性より男性なんでしょうね。これは 祖父が記帳していたらしいです。

今回は 弟夫婦が 甥っ子連れて遊びに来てました。
家系を継ぐ 唯一の男の子で 2歳半です。
祖父の家宝の盃も「あれ? どこに行ったかな?捨てたかな?」と
思っていたら、弟がちゃんと 大事に保管していました。

兄弟も それぞれに役割があるように思います。
兄と私は、先祖の間にまたがるストレスの癒やし。
二人ともセラピストです。

妹は 国際結婚して、血筋を 全く違う地域に広げる役割。
弟は、表向きは次男でも、家系を引き継ぐ。
こんなかんじなのかなと思います。

お正月ならではの 興味深い話でしたよ〜。
私が 日本酒が好きなのも、お味噌は 
やっぱり九州のものが好きなのも どこか、納得しましたね。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ