お金は一筋縄ではいかないよ1

2015-01-19 11.24.34今日は、受講生さんから、頂いた質問です。

この所、気乗りしなくて婚活をまじめにやってなかったのですが、
先日、立て続けにオファーが来て、相手の年収が今までの
お相手よりも増えていました。

「お金は愛についてくる」と聞きますが、
ハートを広げるとやはりお金がついてくるのでしょうか?
〜〜〜

う〜んこれは、どうなんだろうね?少し整理しておきましょう。

まず、オファーがあった人の年収が高い。
これは、単なる紙面上の出来事。
あなたと、会って、デートして、交流があれば、
確かに引き寄せている事になるんだろうけど、
まだ距離が遠いですよね。

婚活の段階となると、
もっと生身の異性と関わろうという段階ですから、
紙面上では一喜一憂してない段階にいると思います。
まだ、単なる情報でしかないですよね。

会ったところで気が合うかどうかもわからない。
また紙面に書いてあることが、本当かどうかもわからない。

本当だっとしても、
これをあなたの為に使ってくれるかどうかもわからない。
だから、現段階では「引きよせてるも何もない」 
だと思います。

多くの 瞑想受講生の方が、瞑想始めたら、
精神世界の本やブログを見なくなった。
だけど、本当のスピリチュアルを生きていると感じると 
話しています。

瞑想してるならば、精神世界を脇に置いてください。
その方が、もっと精神的になっていきますよ。
紙面上や頭の中ではなく、現実を生きるということです。

また「お金は愛についてくる」これを話してる人が、
自分がなりたいタイプの お金持ちがどうかを
まず見極める事が先のような気がします。

私なら、
「本当のお金持ちならば こんな事、話すだろうか?」
と、疑問を感じますね。

お金を得る時は、
非常に多岐に渡る 学びが必要なことだからです。
お金を持ってる人は お金について考えているし、
沢山の創意工夫をしていますね。

お金について学びたいならば、
まず、自分よりお金持ちの話にしか耳を貸さないことですよ。
また自分がなりたいタイプのお金持ちの話を聴くことも大切です。

私は、職人気質のお金持ちが好きなので、
好きなことをして、その道の上で仕事からお金を得ている人。
こんな人達の マインドを学んでいますね。

「マインドを学ぶ」とは、
その行動に至った考え方そのものを学ぶのです。
例えば、この人 私の好きな職人気質のお金持ちです。

彼女は プラスチックのザルを使いません。
「プラスチックのザルを使わない」
これを真似ているだけでは、
マインドを学ぶ事にはなりません。

何で、使わないのか? この行動に至る 
「考え方、物事の心の捉え方」があるわけです。
それを学ぶ。そのような事です。

「どうしてそんな事するのですか?」
これ私は、自分の先生と思う人には、しょっちゅう質問してますね。

そして「会う」これも重要。
会うのは、情報の入り方が全然、違うからです。

お金・仕事においては マインドが大事ですね〜。
だから、お金は愛についてくる 
これは一部は本当で 一部は違うのです。

自分の仕事を愛してて、一生懸命で、
「自分は提供したいんだ〜」って・・。
でも世間が誰も「要らないもの」「知らないもの」
だったなら、お金がついてこない。こんな人、沢山いますよね。

自分の愛の表現と 受け取る側の要求が一致すること。
これがサービスだし、相手が何を求めているか?
それを理解して、提供できた人に、お金が集まると思います。

誰かの「助かったな。便利だな。ありがたいな」
これなんじゃないでしょうか?

そう思ったら、人が嫌がること、してない事、
知らない事、こんな提供が出来たら それは重宝がられて、
お金がついてきますね。

またお金を得るには 感情の癒やしが必要です
お金で困っている人って 必ず 子供なんです。
子供が 一生懸命、仕事してるの。
もしくは、子供が邪魔して仕事にならないなど・・

(傷ついた内なる子供が、
一生懸命仕事をしようとしてる感じですね)
涙ぐましい事が起きているのです。仕事は大人がする事なのに!(つづく)

ハートVS丹田2

愛にはいろんな形がありますよ。 飢えさせない! って強烈な愛だよ。

愛にはいろんな形がありますよ。
飢えさせない!
って強烈な愛だよ。

ハートと丹田の話をする時に、
何が分かりやすいかな?と考えて、思いつきました。

映画「風と共に去りぬ」この映画は瞑想的に観ても、
おすすめの、名作だと思います。

第1部の終わり、
主人公のビビアン・リーが演じるスカーレットが、
泥だらけの干からびた大根を掴んで、泣きながら、
神様に誓うシーンがあります。

「私は二度と家族を飢えさせません!」
このシーンは、スカーレットが、
ハートより丹田を選択した瞬間なのです。

ハートは 愛・感性の場所です。
丹田よりも文化的で高尚です。
そして、判断がなく公平で、中立的ですね。
チャクラで言えば、肉体の中心に位置します。

スカーレットは、お嬢様ですね。
ハートで感じられる 美味しい料理や盛り付け、
大根の美味しさを味わう感性も、
それを食する時の文化的な作法も全部、知っている人なんです。

でも、干からびた大根を見た時、ハートよりも丹田を選択したんです。
「飢えさせません!」 
これだって、強烈な、大きな愛に違いないのです。

丹田は ハートよりも チャクラで言えば下にあります。
もっと世俗的で、生存にまつわる生きる力、持久力と関連します。

スカーレットが、丹田の象徴ならば、
メラニーはハートの象徴です。どこまで行っても愛の人ですね。

面白いことに、丹田の象徴スカーレットと ハートの象徴メラニー
どちらに軍配が上がるのか?

スカーレットが 一番欲しくて得れないもの 
「アシュレイ」を、メラニーはすんなり得てしまいます。
ハートに軍配が上がりますね。

寿命の意味では、丹田の象徴。スカーレットに軍配があがります。
丹田だけに、持久力(笑)

この映画、最初は、丹田の象徴スカーレットに
皆さん、目が釘付けになってしまいます。

けれども、繰り返し観ていると、ハートの象徴メラニーに、
瞑想者は、釘付けになります。
「心が美しい」「人の長所だけを、判断なしに見続ける」 
これは、簡単そうで 難しく、非凡だということを理解するからです。

ハートは判断なしに 物事を観ます。善悪の判断を超えているのです。
だから、メラニーは 清く美しい、ハートの人でありながら、
殺人の片棒担ぐわ、泥棒を奨励するわ、この点も とても面白いのです。
これが、正真正銘のハート姿だともいえます。

そして、ハートの象徴メラニーは誰の目から見ても、
素晴らしい人物です。けれども、メラニーだけでは 
この映画は全然、面白くないのです。

ちょうど、私達の生きてる現実世界でも、
ハートが開いて 愛の人が、人間的にはそれだけじゃ 
つまんないのに似ています。

だから、モテる人の代名詞には 
「小悪魔」とか「魔性」「ちょいワル」がついちゃうんです。 
丹田の象徴スカーレットがいて 初めて、この映画が成り立つのです。

丹田は エゴのセンター横隔膜よりも下に位置します。
人間(自分的)よりも、動物的「ちょいワル」なんですよ。
やっぱり、両方、備えてる人は、魅力的なのですよ。
(長くなったので続く)

ハートVS丹田1

私達は 現実の中に生きている

私達は
現実の中に生きている

去年末、ハートと丹田について書いたので、
今年は続き。
スピリチャルでよく言われる「ハートにしたがう」
これは正しいと思うけれど、これだけじゃ生きてく上では、足りないのを感じてます。

仮に、これが正しければ、もっとスピリチュアルという
ジャンルは社会的に評価されているはずなんですね。

世の中の皆さんが、実践的であれば、
生きてく上で「これは使えるな」と・・評価するからです。

「ハートに従う」これ話す人達の現実を見ると、
たいてい、半年後、1年後、話したことが形に
なっているのかと言えば、潰れていることも多いです。

「じゃあ あの高尚な ハートに従うとやらは、
一体、何だったんだろう?」と、疑問が残るのです。

私なりに思うことは、
ハート(愛)にマインド(思慮深さ)が繋がることを、
「慈愛や英知」と呼ぶならば、

ハート(愛)に丹田(持久力や生存能力)が繋がることを、
「グランディング」と呼んでもいいのではないかなと思ってます。

そして「ハートに従う」
これを現実の世界で体現できてる人たちは、
丹田をおろそかにしてないですね。
丹田にはハートの想いを形にしていく、
持久力が備わっているからです。(つづく)

湯水の如く

ビンタン島は シンガポールから すぐです。

ビンタン島は
シンガポールから
すぐです。

父、妹、甥っ子、姪っ子、彼氏&私 
6人でビンタン島とシンガポールを旅しました。

とにかく、楽しい旅でした。
メールもネットも全然 見ないで、
仕事の事も考えない。
ただ、遊んで、お金を湯水のごとく使いました。

海外旅行の面白いところは、
その国のマインドを経験することですね。
私のマインドは とても柔軟で、 
その国に合わせて自由自在に変化を楽しむ事が大好きです。

シンガポールは、ホテル代や交通費以上に、
現地での娯楽や交通費、食事代にお金がかかる場所でした。
そして、お金を使うことが、とっても 楽しい場所でもあります。

食べ物ひとつにしてもフードコートで、
色んな人種に入り混じって、チープで楽しい旅行に
仕上げることも出来ます。
もちろん、それも経験しましたよ。

でも、ずっとそこに道をつけたいのか?と言われたら、
少し違うのです。
チープで楽しい道をつけたのなら、
チープで楽しい人に、なれるでしょう。

100円ショップでばかりで、買い物する人。
自分が100円の人になっていってる。

激安や割引ばかりで、何かを得ようとする人、
自分が激安、格安の人になっていってる。

もうそれは、若い時に シンガポールで、経験してます。

今度は全く違うマインドの中に入り、
それを楽しみたいのです。今回、私は金タラの人。

豪華でリッチな人になっていきたいのです。
だからここに道をつける練習が起きてきているのです。
全部は、マインドのストレッチなんですね。

最高級なお店でなくても物価が高いシンガポール。
でも、そこに道をつけたいならば、
そこに流れていくのが正しいです。
だから、湯水の如く、散財しましたね。
あ〜ぁ 気持ちがいい!
反面・・心地悪い。100%慣れてる訳じゃないからね。
でも、これを味わうことも大事。

お金はエネルギー、お金が流れたい時に、
流れたい所に流さないと、
どうでもよい所から出て行く事を経験上、
知ってるから、湯水の如く使うのです。
流れたい流れの中に、道をつけていくのです。

でも、これさえも シンガポールでは小さなマインド。
億単位で、お金が入り、消える経験をしてる人たちが、
沢山、住んでる場所。色んな意味で、興味深い場所ですね。

金タラ(ラクシュミや、クリシュナ)で
起きてくること、人によっては、確かに怖いかもしれませんね。
慣れないことは怖いですからね。

けれども、安心できる古いマインドに留まって、
何をしたいのでしょうか?せっかく、瞑想はじめたというのに!

金タラ受ける前の自分と同じマインドなら、
もう飽きるくらい知ってるんです。
そこから出てくる結果も、予測がつくんです。

何をしてみても、失敗はありません。
経験があるだけです。とにかく、流れてくださいね。

数の子から気づき3

数の子から気づき もう一つは、
年末に、人とのやりとりで、
心地悪い出来事があったんですよね。

私は何が嫌って・・
男らしくない男性を観るのが嫌いなのです。

自分が何も行動しないで、結果を求める。
そして、結果が得れない事を、誰かの責任にする。
こんな男性の姿を観たくないの。
「男なら、しっかりしろよ!」といいたくなるの。

そんな姿を身近な出来事の中に見て、
プリプリ怒ってた時、正月が来て、
数の子 食べたの。

子供の時の数の子にまつわる出来事が、
自分にどう影響しているか?

私は女性です。
この男尊女卑の出来事を通じて、
「平等でありたい」と思ってるようで、
なんと、自分の中の女性とのバランスを取ろうとして、
自分の中の長所でもある。行動的な部分、決断力の部分。
(男性性の長所)を 抑えないといけないと
思ってるように感じましたね。

男らしくない人を観たくないのは・・
まさに自分の鏡。
自分が自分の行動力や、包容力の長所を認めないで、
抑えこんでるからなんですね。

折しも スピリチャルの世界では、
女性性の時代だと言う(笑)

スピリチャル! よろしくやってて♪
私は私で、今年は時代に逆行して、
自分の男性性を認めて、
ガンガン動いていきますわ(*^_^*)

鏡って、そのまま見えてるわけではないのです。
自分の中の何かの象徴だったりするのです。
少なくとも、しっかりと腑に落ちる感じがある事のはずです。

なんとなくスッキリした気づきがあると、
今度は 身近な世界で 彼氏が
何故か 男らしい事を 話すんだよね〜。

これも私が 自分の中の男性性を 素直に認めた合図。
「鏡」なんだろうなと思いました。

今年は 大きく動く年になりそうです。

数の子から気づき2

お節も 今年はつくりました

お節も
今年はつくりました

(つづきです)
気まず〜い気持ち しっかり味わいながら、
数の子いただきましたわ。

この気まず〜い気持ちを 沢山、味わい 受け止めることが、今年の私を大きく変えていくことが、
理解できるからです。

だって、これ金タラなんだもん。
今年は金タラ4をメインに
使いこなしていきたいですね。
タラは必ず、これから先に演じる舞台のシナリオを先に見せる。

タラが、沢山の豊かさを私に運んでこようとしてる。
嫌いなこと、苦手な事の中に その宝が隠れている事を教えている。
今年は、私の場合は、嫌だな、苦手と思えば「飛びつけ」のサイン。
ワクワクなんてどうでもいい(笑)だって、それはすでに得てるんだもん。

自分が欲しいものは、得られると嬉しい。
でも居心地の悪さも同時に存在します。光も闇も 同時に受け入れること。
すると成就する。 こんな気づきですね。

もう一つの気づきは、また次回になっちゃいます。(つづく)

お正月の オードブル お酒のつまみ ばかりですが・・。

お正月の
オードブル
お酒のつまみ
ばかりですが・・。