運転手さんにしがみつけば 電車は止まる

マントラはずっと唱えるものではありません。
手放しますよ。

マントラずっと唱えてる人って、
新幹線の中で、運転手さんに 
ずっとしがみついてるようなものなんです。

間違いなく 電車が止まります。

どうして信頼しないのでしょう?

まったく新しいことを学ぶ。
自己流を捨てる。
そんな気持ちが必要ですね。

スター☆

天神祭はウイズダム的な具現化を毎年お願いしてます。

天神祭はウイズダム的な具現化を毎年お願いしてます。

去年冬、
名古屋瞑想会の帰りに、アンジェラ・アキさんの
フィルムコンサートを見て帰りました。

私自身、去年は、大変な決断の1年で、
彼女の曲を聴いて、自分を奮い立たせることの多い
1年でした。

アンジェラさんは、
女神サラスワティのような聡明さを感じさせますし、
創造のお手本をみせてくれているようで、
言動や歌詞からも学ぶことが多いです。

瞑想みのりで使っている
創造のマントラ ウィズダムは、
音楽と芸術の女神サラスワティが象徴である事も 
面白いですね。

Keep on dreaming all your life
いつまでも夢を見つづけて・・
彼女の言葉ですが、夢だけ見てる人ではないのです。

夢を具現化するのが上手な人って、
必ず、クール。
それでいて、その中に熱(炎)がありますね。

ハートの軽いノリと繋がってません。
もっと、ハートの奥深くと繋がっているの。

グラミー賞という夢を持った時に、
冷静に 自分のまずい面を観察しています。
だから再度、音楽を学ぶ目的で
「大学に通う」という選択をしています。

ウイズダムは 
マインドの鏡がクリアーになっていきます。
その時に、今まで 見えなかったものがよく見えてきて、
「マズイよな〜 私・・」これに気づく場面が多々、
出てきます。とてもそれはよい兆候なのです。

瞑想初期の過程では 脳天気でもOKなの。
けれども、次第に、おバカさんではいられないのです。

コンサートそのものよりも、彼女の学生時代の
憧れの人のエピソードが非凡なスター性を感じさせました。

宮沢りえさんの大ファンで、東京中の宮沢さんに、
電話しようとした話。
クールさと同時に、凄まじい熱(炎)を感じました。

後に、街中で、
憧れの宮沢りえさんに、対面をされたそうですが、
偶然なんかじゃないです。
これは、起こるべくして起こった事だなーと思いました。

グラーミー賞も夢ではないと思います。
この人なら出来そうです。

「来年の今頃は、◯◯になっている」
そんな夢を自分に聴かせてあげながら・・。
素敵な花火になりました。

瞑想みのりサイトはこちら

至近距離からの花火はやっぱり、綺麗です。

至近距離からの花火はやっぱり、綺麗です。

 

男女の基本は瞑想が教えてくれている

2015-06-18 11.54.08

この間、受講生さんと男女間のケンカの話になったの。

「やっぱり、変化しないといけないのは、
女性の方なんですよ」って話したら、

「どうして、そんなことが出来るんですか?」と

私が、そうする理由があるとしたら、
「それが自然の流れであり、
その流れに逆らわないほうが得すると思うから」
なんですね。

今日は、とんでも壮大な、宇宙の成り立ちから、
男女のお話をしますね。

この宇宙の構成要素は、大きくわけて
「変化する質」と「変化しない質」この二つに別れます。

「変化しない質」これは 創造の源「空」ですね。
 瞑想では、男性の象徴で「たったひとりの神様」
「シヴァ神」で表現されてます。

そして、変化していく質。これは瞑想では
「シャクティ」と呼び、女性の象徴で、
「沢山の女神」で表現されています。
「沢山」ってところが、これまたミソなのです。


宇宙は瞑想を通じて、

男女のあり方、役割分担を的確に、
伝えているのです。

私もパートナーシップにおいて、
「何で男は変わらないのかな?」
と思うことが、多々、ありましたよ。

いつも私が謝るし、私が変化するし、何でかな?と・・。
丸め込まれてるだけかな?と(笑)

でも、
「その男女の間で、心の深いところで、女性が何を望むか?」
なんですね。

変化するシャクティの質には「創造・維持・破壊」
この3つの要素があります。

破壊を望むなら この話は、お役に立ちません。
でも、男女の間で、維持や創造を望むのなら、

喧嘩した時は、
「変わらないことが男の長所」だと思って、
男に一旦、寄り添うのです。

 

これは女性が「シャクティ」として登場してる
自分(エゴ)を引っ込めて、
「空」に潜れってことなんです。

女は、現実的に何らかの形で登場してても、
それが何かを創造していく上で、不適切であれば、
空に一旦、引っ込み、
再度、全然、違う姿で登場することが出来ちゃうのです。

 

これが女の長所であり、女に生まれた時点で、
それを味わい楽しむことが出来ちゃう存在だということ。

この事が理解できてくると、

パートナーシップにおいては、
男が「変わらない事」が 利点だと感じるのです。

ちょうど二人で、高い山に登るとき、
階段がぐらついていたら 高くに登れないのと同じなの。
「男の変化しない」は「ブレない」に通じる。

 

女が変化することは、人によっては、
「我が強くて、そんな事は出来ません」
と思うかもしれません。それさえも、幻想なのです。

なぜかしら・・シャクティの事を
「マヤ・幻想」と呼ぶのですよ

「我が強くて 折れることが出来ない女」を、
ただ、演じてるだけ。

 

空に溶けて、全然違う「素直な女」や「無邪気な女」として、
何事もなかったかのように、変化し登場出来ちゃうのが女。

 

男の象徴が「シヴァ 唯一1人」なのに対して、
女の象徴「女神は複数」で表現されているのです。

 

瞑想歴が長い彼女の事だから、
一旦、空に溶けたら、全然、違う女神として登場できるんです。
もう映画の中の名女優なんですよ。

だから 二人の間で、こんな話になったのですね。
人が違えば、全然、違う話をしたと思います。

女って 面白いわぁ。大好き!
生まれ変わったら 私は また女を演じたいなー。

瞑想みのりサイトはこちら

初心者の私でも体験出来るなんて マントラとヤントラの凄さに驚きます

大阪グループ瞑想会

大阪グループ瞑想会

タイトルは、
7月の大阪 平日の瞑想会に参加された方の初心者の方の体験談ですね。
今回は 3名とも女性でした。

◯瞑想会どんな感じかなと思っていましたが、
いろんな知識と、実際の深い瞑想が出来て面白かったです。
疑問に思っていたことも説明でクリアーになりました。
2〜3週間ですが、感覚的にいいな〜と思っているので、
続けていきたいと思います。

(みのりコメント)
「疑問をクリアーにして日々の瞑想をする」 
これが大きな認識(分かった!)の差になるのですよ。

◯ずっと興味があった瞑想がやっと理解できそうな
 スタート地点に立てた感じです。
そして、「空」という意識について、体験できたこと。
不思議でもあり・・・こんなに初心者の私でも体験出来るなんて
マントラとヤントラの凄さに驚きます。

平安でいられたら・・・という目的は、
人間として「できた人」「人間できてない」という表現をしますが、
瞑想によって得られるなら なんて効率がよいんだろう!と思います。

(みのりコメント)平安は、ハートマントラ始めた皆さんが 
後の瞑想会の際のチェックリストでほぼ全員くらい、
チェックを入れてきますね。

だって・・
平安があるのは、外の世界じゃない。
ハートの中だもん。
平安を外の世界に探しに行く必要が無いと知るだけでも、
不安が軽減しますよね。

◯瞑想の話を聴く事で、マインドの抵抗感が少なくなっていると思います。
リセット出来ました。 今日、瞑想会で得たこと「平安な心を持って帰ること」
「足らない状況でもOK」「ジャッジ 消耗、必要ない」

(みのりコメント)
エゴとは、偽物の自分。瞑想で経験する「空」は本当の自分。
エゴにとっては、本物の自分の登場は都合が悪いのです。
エゴの死を意味するからです。

だから、マインドはエゴと手を組んで、いかに自分が足りなくて、
だから外の世界に求めに行く必要性があるかを訴えてきます。
それは、全部エゴのウソ。
実は・・一番、身近に平安はあるのですよね。

瞑想みのりサイトはこちら

「空」は飛んだ時に・・見える。

インディ
過去のブログ記事です。
〜〜
この1年に タイトルをつけるとしたら 
間違いなく「飛 翔」です。

「優雅に翼をひろげて天高く舞い上がる姿は 
まるで大天使のようであった」って・・

そんな訳ないよな~
現実は、

「タッタッタッタァー」(小走り)

「えっー!ここ行き止まり?」

「これって、人生崖っぷち?」

「ここから 飛べって・・うっそー」(ばさっ)
みたいな感じ。

映画「インディジョーンズ 最後の聖戦 」その中に 
こんな シーンがあります。

インディが 聖杯を手に入れる為に 洞窟の中へ・・
聖杯を持ち帰らないと、お父さんの命がありません 
聖杯を手に入れる為の 最後の条件が 超難関です。

「ライオンの頭から飛ぶものだけが 
聖杯を受け取る」でした。

崖っぷちに立つインディの眼下は、深い谷底です。

私はこのクライマックスのシーンが、
大好きなんですね。

自分が苦しい時、悩んだ時、
このシーンを想い出します。

結局、インディはライオンの頭から飛び降ります。

神を信じて、何も無い空間へむかって、
足を一歩前へ・・・

「宇宙を信頼しましょう」

こんな言葉を、私が、自分の口を通じて表現する事は、
今までありませんでした。

「宇宙を 信頼しましょう」と 言う前に、 
人間は 宇宙の信頼に 足る事をしているのか?

人間だけが、宇宙の調和(ダルマの流れ)から
一番 離れた所にいるのに・・
と思っていたからです。

だから、私はインディのように、
神を信じて飛んだ訳じゃないです。

道がないから しかたなく飛びました(笑)

けれども宇宙は「これでもか」「これでもか」って位、
飛んだ私を 支えてくれましたね。

「空」は宇宙の自然の流れ100%です 
そして、目に見えない「からっぽ」です。

本当に「空(くう)」は目に見えないのでしょうか?

何も無い空間へむかって、足を一歩前へ踏み出した時、

その空間から神、マスター、宇宙の手が・・
私を支えようと出てきました。

それはまるで、目に見えるような経験でした。

正直 言って・・ 
飛んだ自分が一番びっくりしたよ!

瞑想というのは、宇宙の信頼に足る事を 
少しずつ 積み重ねているようなものです。

という事で、今年は「空(くう)」の底力を 
まざまざと魅せつけられた1年でしたね。

だてに 瞑想を続けてきた訳じゃないなと・・
自分の事も 褒めてやりたかったですね。

人生は映画のようなもの 
インディジョーンズより 面白いですよ!

最近 瞑想始めた人も、すでに長く続けている人も、
「空」は月日・年月を重ねるごとに、
日常の中に定着していきます。 

あなたが今、知っている瞑想の魅力よりも 
もっと違う魅力を、この先、沢山、
みせつけてくれるでしょう。

「これでもか」「これでもか」って位にね。

だから コツコツ瞑想 続けようね~。

身体にコンプレックスがあったけど、今はとても気にいっている。

今日は、クリシュナ修了生の体験談です。
 
7年で瞑想で変化したことの感想を頂きました。

・生きる事が楽になった。
・よく笑うようになった。
(楽しそうに笑うねって、よく言われる)
・自分の事が好きになった。

・自分の身体にコンプレックスがあったけど、今はとても気にいっている。
・心地良い場所、心地悪い場所が感覚でわかるようになった。
・世の中は上手く回っていると思えるようになった。
・おせっかいを焼かなくなった。
・ハートが拡がる感覚がわかるようになった。
・スカートを履くようになったり、ヘアスタイルを楽しんだり、女性らしくなった
・キレイ好きになった。掃除を丁寧にするようになった。
・他人を羨ましいと思ったり、嫉妬しても、自分を卑下したり、比較しなくなった。
・不安が減った。
・1日を大事に過ごすようになった。
・他人からの評価を気にしなくなりつつある。
・他人から良く思われようという言動が、
事をおかしくする原因だったんだとわかった。
 だから、自分を味方にしないといけないと いう事がわかってきた。
・ピンチがやってきたら、助けてくれる人が現れる。

・時々、マスター達に守られているような安心感がある。
・人から遊びに誘う方から誘われる方に変わった。
・小心者ではなくなった。
・プレゼントに花を贈るようになった。
・出かける事が好きになった。
・他人に依存したり、執着する感覚が減った。
・さすが!◯◯さん。と言われる事がよくある。

・酒癖が悪かったのが直った。
・ミスがあっても落ち込む時間が短い。
・人の良いところを見つけるのが上手になった。
・心が穏やかな時間が増えた。
・自分の性格を客観的にみられるようになってきた。

・人から愛されたいというより、愛されてるんだ、と思えるようになった。
・自分をもっと成長させて、人生を楽しませてあげたいと思うようになった。
・後悔する事がなくなった。空の「完結する性質」を感じられるようになった。
・突然、大きな音や皿が割れるような音がしても、動じる事がなくなった。
(ビクビク、おどおどしていないからだと思う)

・悩みを相談される事が増えた。
・朝を迎えるのが気持ちよくなった。
・自分を心から褒める事が増えた。
・大嫌いなカエルをみても、ちょっとビックリするけど、
 怖いとか嫌だとかいう感覚が減った。
・気づきが増えた。
・映画を観た時に、親子ネタで泣いてたのが泣かなくなった。
(好きな事で自分を表現している映画は泣くようになった)

・映画を観た時のストーリーの洞察が深くなった。
・子供みたいに無邪気にはしゃげる
 
(みのりコメント)
クリシュナ修了。おめでとうございます!