伝統が失われていく時 2

2016-01-24 19.05.59

「伝統が失われていく時 1」を、
書き終えて、夜は、フィットネスクラブの
新春パーティへ行きました。

こんな奇妙な話を書いて、
ブログ読者の皆さんは、
ついて来れるのだろうか?
よかったのだろうか?と、


自問自答しながらだったので、

「年末プージャで起きたことについて、
私の理解が正しければ、何かわかりやすい形で、
マスター教えて欲しいな・・」

なんて思いながら、
席に座り、パーティが始まりました。

と・・

前置きが長くなりましたが・・
前回のブログの続きです。

2016年というのは、どんな未来になるか?

「プージャの伝統が失われていく年」
になるみたいですね。

 

だからこそ、私に向かって

「この伝統の中に、ずっと、とどまりなさい」
この事を、マスター達は、伝えたかったのだと思います。

「眼に見えないから無い」と思ったら、大間違いなのです。

「見えないけど、確かに存在する」
それが、スピリチュアルパワーなのです。

この瞑想で一番大切なのは、マントラではありません。

マントラはただの 文字の並びです。
「発音やスペルが重要ではない」と、いつも話すのは、
その為なのです。

マントラは、神社に行けば、書いてある。
何も、珍しくないのです。

一番大事なのは、
プージャで伝統につながる事なのです。

 

けれども、このプージャが無いほうが、
現代的で、おしゃれだとか、めんどくさくないとか、
効率的だとか、
ビジネス的に拡がるとか、そう思ってる人達が、
沢山、存在することも、知っています。

 

眼に見えない事が、理解できない人達、
理解しようとしない人達の手にかかってしまうと、
その情報の波にのまれてしまい、
知らない人達は、そこに翻弄されていくのです。


どうも今年は、そんな始まりの年でもあるようです。

そんな風にして、スピリチュアルパワーが、
消えていく事も知らないで・・
無知な人達は、踊ってしまうのです。

 

もしも、そうなると・・
長くこの伝統の中にいる私にとっては、
遠くで起きる出来事であっても、悲しく、胸が痛みますね。

 

これが先にわかっているから、
「マスターは、この伝統の中にとどまりなさい。
私達は、この伝統の中に、確かに存在するのだから」

それを、伝えたくて登場してるのです。


「年末プージャで起きたことについて、
私の理解が正しければ、何かわかりやすい形で、
マスター教えて欲しい・・」

と、思いながら、参加したパーティ。

 

途中、くじ引きがあり、
280人中1等は、見事に、私に当選(笑)


帝国ホテルの 
メジャースイートルームペア宿泊券&お食事券。
当たりましたとさ! 

2016-01-24 19.57.07

 

目に見えない 大きな力が働きましたかね? 

「私が、感じた通りの理解でOKなんだよ」
と、言わんばかりの、
マスター達の粋な、はからいだと思ってます。

「支えるから、気にしないで、優雅にホテルで楽しみなさい」
そんなところかしら?

 

今回の出来事で、組織の一大事を守る事が出来ない、

創設者にも、やきもきしましたが、
何よりも伝統を理解していますし、
愛があるから、好きですね。

 

そして、私は、創設者と仕事をしている訳ではないのです。
私は、いつもマスターたちと仕事しているのだと。
そんな自覚が、この出来事から、強く芽生えました。


私は、この伝統の中に、これからも、
ずっととどまるでしょう。

スピリチャルパワーが、
ちゃんと生きてる瞑想だから、好きなのです。

今まで以上に、マスターを感じながら、
お仕事していく事になると思います。

2016-01-24 18.12.23

 

 

 

 

瞑想みのりサイトはこちら

伝統が失われていく時 1

2015-12-27 10.56.21

今日はスピリチュアルなお話です。
スピリチュアル過ぎる話なので、
現実的で、実践的な、みのりブログの読者には、
合わないかなーと思ったので、
書く事を、控えようかと思ったのだけど、
瞑想をされている 皆さんにも関係が深いことなので、
やっぱり、書いておこうと思ったの。

そして、ここから、スピリチュアルとは何か?
各自で、感じてもらえたらなと思います。

年末最後の垢落としプージャの時に、
不思議な体験がありました。

瞑想会の中で、こんな話をしたのです。

「瞑想で経験する「空」が目覚めてくる時、
それは、本当の自分。大いなる自己。
高次の自分。どんな呼び方でも良いと思いますが、
とても、意識的で、視野が広いので、先々の事を色々、
教えてくれてます。
だいたい、11月〜年末プージャ、遅くとも1月ごろまでに、
来年が、どんな創造をしていくか、
沢山の示唆を宇宙から頂くので、
未来の予測がつくのです・・というような話でした。

そして、対外的な事、お仕事の中で、
起きてくる事に対しての示唆が、
去年の最後、年末プージャだったのです。

プージャの時に、
沢山のマスターたちがやってきました。
それは、とても分かりやすく、気配を感じ、
目で見えるのものでした。

フィールドの中に、
一人ではなく、複数のマスターを感じて、
書籍や、TVで有名なマスターたちの場合は、
誰がやってきたのか、固有名詞が分かってしまうくらいでした。

そして、これが、私だけの体験ならば、
スピにありがちな面白い話で、終わるのですが、
そこに集う受講生さんたちも、一緒にマスター達の気配を感じ、
姿を見た人、触られた人、多くの人が、同じ体験をしていたのです。

心が暖かくなり「グルディブは、来てくれたのかしら?」
なーんて、ミーハーな事を思って、祭壇の写真を見ていたら、
グルディブは、私のハートの中にいました。
会が終わってからも・・ずっと・・

(※注 グルディブは、マスターの名前です。
プージャのパワーはこのマスターから一番多く注がれていると言われている)

実は、これは、本当は珍しいことではありません。
マントラの伝授の際、毎回のプージャで起きている事でもあるのです。

実際に、プージャの歌詞は、
歴代のヨギのマスターたちの名前を呼んでいますし、
そのマスターたちの席を用意しているのですから。

そして、毎年、年末プージャを行っていますしね。
では、なぜ、今回は、姿が見えたのでしょうか?
姿を 多くの人に目撃される必要があったからなのです。

この体験が、
2016年に起きて来る事を教えているからですねつづく

瞑想みのりサイトはこちら

男と少年は「ありえないこと」が、真逆なの。

 

DSC00647

ではでは・・今日も、

ニュース・レター頂いたコメントから。

(コメント)
開業したばかりの夫と二人、
実家に援助してもらいながら暮らしています。
私自身は、色々な仕事にチャレンジしましたが、
毎回、辛くなり、半年や一年で辞めてきました(略)

 

 

年齢的にも、仕事より先に子どもをもちたいです。
とはいえ、夫は今、資格の勉強が第一で、
収入を増やすための行動は二の次になっており、
子どもをもつことはおろか、
ちょっとした外出も考えられないような状態で、
ストレスで一杯です。
なるべく思い詰めず、夫の営業用サイトの更新など、
今できることをひとつひとつやろうと心掛けています。
(Sさん)

(みのり お返事)
今「少女から大人の女になりたい」
変化の時にいるのですね。

一番目に、まず瞑想の習慣です。
ぜひ瞑想を習いに、いらしてくださいね。

「人生が、こんがらがっている」

この摩擦を、ゆるめる為の、日々使えるツールが
「瞑想」の「空」の経験なのです。

「空」は何もないから「摩擦がない」
ここに直接、毎日、触れることです。

瞑想という、
日々のセルフヒーリング、これがある上で、
日常的にしていくことをお伝えしますね。

ご主人、相談者、両方共、同じくらいに、
傷ついているし、少女と少年です。

そして、この少年を援助する時、
あなたの、力の出し方が、女ではなく、
優しい母になってしまっているのです。

「波風立てないように・・」
とは、うまくいくように思えますが、
これ、母です。

母になる時、ご主人は、子供で対応すると楽ですから、
少年のまま。大人の男として、
力をつけて出てくることが、むずかしくなります。

そんな意味では、二人は、今までは、
お似合いのパートナーでもあったのです。

でも、今、成長して、
女の幸せを謳歌したいな・・と感じ始めている。

夢見るだけなら「少年、少女」でいいの。
でも、実際に、夢が実現するのは
「男と女」に成長して出てくる時なのですね。

そして、実際の子供を授かるのも、
男と女でないと、
心理的に、母と少年の間では、
すでに「まるで大きな子供」
がいる状態では、女性には、大きな心理的負担になります。

子供が欲しいならば、
なおさら、母のように、
ご主人に振る舞ってはいけないのです。
少年を卒業して、
大人の男に成長してもらう必要があるのです。

しんどい、不安、寂しい、嫌だ、心細い。
こんな本当に、心にしまっている本音を、
伝えることを、譲ってはいけないのです。
(譲ってしまうのは、母です)

もう本当は、大人なのです。
なのに、実家に援助してもらいながら、
奥さんが、ストレスと不安をためながら、
勉強する資格とは、なんでしょうか?

母なら すべてOK。わかったよ。支えるね。
と思うかもしれませんが・・

女なら、どう反応するでしょうか?

そんなバカな事ってあるかいなと・・
素朴な疑問、そして、不安が、
湧いてきて、納得しないのが、普通だと思いますよ。

もちろん、
医学部の国家資格や、国際弁護士とか、
将来の可能性にかけるのなら、
その苦労もアリですね。

そうじゃないとしたら、
資格のための勉強は、口実で、
本音は、ずっと少年でいたい。
なのかもしれません。

大人の男なら、
年老いた親に、迷惑をかけること、
妻にストレスを与えてしまうことに、
「ありえない」と思っています。

でも少年なら、誰かに養ってもらえないこと、
手とり足とり、援助してくれない事を、
「ありえない」と思ってます。

男と少年は「ありえない」が 真逆なのです。
なので、どちらなのか、
ちゃんと探る必要があります。

彼に、沢山、あなたの想い、
特に感じてる事を、話していく必要がありますね。
これが女として、彼に対応することになるのです。

そんな力を、あなたが、つけてきた時に、同じく、
ご主人の頼もしい面も発見します。

それが無理なら、
別の変化したあなたにふさわしい、
理想の男性が登場して、気持ちがそちらに向く。
こんな事が起こります。

 

道ならぬ恋を・・みんなしている

2015-12-05 09.18.32

この間、ベッキーの不倫の話を書いたら、
思った通り、反響が大きかったですね。

恋愛の話の中でも 不倫の話だけは、
私は、凄く凄く・・気を使いながら書きます。

お金と恋愛の話は、やっぱり、人気がありますけど、
不倫ほど、人々の心を揺らす話は無いのです。

お金の事を「けしからん」と思ってる人でも 
内心、実は「好き」だったりします。

なのに、不倫は、表面上は、平静を装っていても、
内心は、善悪の判断がとても根強く、残っているものです。

それくらい、愛と性が絡んで、
そこに社会のルールまで加わると、
多くの人の心の中の、
何かの引き金を引いちゃうワケですよ。

肯定派、否定派、
どちらの味方でもありません。

というか・・・相談されたら、
私は、相談者の味方をするだけなのです。

不倫の恋は、根強く残る「善悪の判断」
ここから自由である事だけが
ポイントだと思います。

 

それは、ファンの為とか、家族、子供の為とか、
全く、そんな事は・・どうでもいいの。

なんと!自分自身の為 に 
「善悪の判断の外に身を置くこと」が、大切なのです。

私は「道なぬ恋」ってものを、
世の中の誰もがしていると思っているのです。
愛を知ってる人なら み・ん・な・ です。

子供を見てるとわかりますが、子供って、
お父さんやお母さんの事、大好きですよね。

お父さんは、お母さんの男です。
お母さんは、お父さんの女です。

世の中の皆さん、
子供の時から、すでに「道ならぬ恋」
をして、道をはみだしてる訳。
愛は いつも うっかり、はみ出てしまうのです。

だから、強すぎる善悪の判断の中に居る時、
他の誰でもない、自分自身を、
その判断で縛り付けて、裁いて、
ろくな事がないのです。

愛という、人間にとって一番、
尊いものを、引っ込めかねないのです。

仕事柄、私は、自分の過去世というものを、
沢山、知っています。

過去世というのは、縄文時代、
江戸時代、明治時代・・というように、
時系列に並んでいるのでありません。

大きな視野から見ると、
今、同時に存在している、焦点の当たらない、
映画のフィルムのような感じです。

大きな海全体が、本当の自分だとしたら、
その構成要素の沢山の波の一つ一つがフィルムで、
何らかのシナリオがあります。

たまたま、その中の一つのフィルムに、
力強く、意識的にエネルギーが登場した時、
今世と呼び、それ以外のフィルムを過去世、
または、来世と呼ぶだけで、実は同時に存在してます。

この間、私は、日本人で、
一夫多妻をしてる人の記事を見つけて、
読んでいました。
「一夫多妻・・ぶっ飛んでるな・・」と思いましたけど、

過去世の私は、ちゃっかり、
一夫多妻制をしているのです(笑)

今世的には、一夫多妻は、突っ込みどころ満載ですけど、
その文化の中、気候や人種の中にいると、
かなり、優れた制度で、中近東の厳しい気候の中で、
人間の生きる知恵というか、自然の流れがそこにあり、
それは、美しいのです。

そして、それは「高次の自分」からしたら、
過去世ではなくて、今なのです。

誰かを、けしからんと裁く時、
実は人を裁いてるのではなくて、
自分を裁いてる・・この事が、
とてもよくわかるのです。

裁いてる人と、そっくりの世を生きてる
自分自身が、必ず、存在してるのです。

これは、瞑想を続けていると、理解が進みます。
転生って 面白いなと思うのは、こんな時ですね。

2015-09-04 15.22.10

瞑想は、今までと真逆の学びに、エゴがビックリする事

2015-12-05 09.34.15
今日もニュース・レターに頂いたコメントから。

会社を早期退職して今、
自分の好きな事をしているのですが、
正直これから、自分が何をしていいのか、
迷ってしまっています。
(大阪 Sさん)

(みのり お返事)

瞑想 始めたのね。おめでとう。

今まで長い人生かけてやってきた、
学びとは、真逆の学びに入るのが
瞑想の「空」の経験なのです。


現象界の反対の世界を経験するので、

そこに存在する「法則」が、
まるっきり、真逆なのです。

ある程度、長く生きてきたら、人生に起きる事
「これをしたらこうなる」って、
日常や仕事の経験上、
マインドで予測がついちゃいますよね。

予測がつくことは、もう充分やってきたのです。

瞑想の「空」はこの予測を、 
大きく裏切ってくれるから、面白いの。

私たちは、「成果や成功」という「結果」が欲しくて、
頑張ったり、行動しますよね。

例えば、
勉強を頑張ったなら・・
いい学校に入学できるよ。

仕事を頑張ったなら・・
お給料が上がるよ。出世するよ。

人に優しくしたら、
人気者になれて、愛されるよ。

そんな学習を積み重ねてきているのです。

これが、現象界の中にある法則。
何かやったことに対して、その結果として、
成果、成功 満足がもらえる。
だから、がんばろう って。

瞑想で経験する「空」はこの真逆なんです。

何もしないでいいよ。
実は、何もしないでも成功していたんだよ。
全部、自分が最初から持っていたんだよ。
という学び。

エゴがビックリする、 
今までとは 真逆の学び。

何をしていいか・・というより、
何もしなくていい。

「何もしないでどうなるか? 様子を見てみましょう」
これが瞑想です。

私が、あなたの状況ならどうするでしょうかね?

まずは、これといった事は、
何も決めないで、瞑想だけします。

その状態で、何か「静寂を伴う衝動」が起きてきたら
それに従います。

その時って、不安にかられて動いてる訳でも、
「しなければならない」の 義務から動いてる訳でもない。

そしたら、それは、自分がやりたい事、
または宇宙がやらせたい事の可能性が高いから。
それから、動き出すかな?

事前に伝授や瞑想会の案内が必要な方、
ニュース・レターの登録はこちら

プロスペリティと宝くじ

恵比寿さん行きました

恵比寿さん行きました

 

 

 

 

ハートマントラの 次の ステップ 
豊かさと 繁栄のマントラ プロスペリティですけど、

精神的な豊かさ 物質的な豊かさ すべてに有効です。

 

結構 皆さん この時に 
宝くじ買われているようですが・・
やっぱり 遊び感覚で買うのは お薦めしますね。

なぜなら 頻繁に当たった話しを 
受講生さんから聴くからです。

その確率がとても 高いので、
皆さんが ここに目を向ける気持ちも 解ります。

3万円~100円は よく耳にしますし、
懸賞やビンゴ・ナンバーズ・スクラッチが 
当たった話しも 聴きました。
(残念ながら高額は聴きません)

プロスペリティで やってくる 豊かさは 
無邪気に「ありがとう」と 
受け取れるようなものです。
裏読みしても 裏なんてありません。

けれども 豊かさを 
宝くじだけに固執して欲しくないんですね。
自分の創造性を 眠らせてほしくないのです。

豊かさの回路は 沢山あります。
この回路を 閉じて欲しくないのです。

精神的な豊かさが半分 物質的な豊かさが半分。
このどちらも まんべんなく開花してきて、繁栄です。

どこを 自分が発達させたらよいか 観て下さいね。

宝くじに固執する人は、実は、
「自分の中には お金を生みだす創造力がない」と、
固執しているようなものなのです。

自分の中の能動的な質を、抑圧している場合もあります。

男女ともに 内側に 眠っている男性性の質。
「自分で 動いて 取りに行く」って質です。

ここが発達してくると「自分で取りに行こう」 
こんな 衝動が起きてくるし、
それをラクシュミは支えるでしょう。

普通には ご自分の お仕事の中での 繁栄でしょうね。

 

昔、プロスペリティを伝授した男性の話しですが、

金貨を受け取る際に、
「自分の中の 創造性をみてみたい!」と 
訴えが聴こえました。これは 魂の訴えだと思います。

 

彼のマインドでは
「宝くじが当たれば、隠居して 瞑想三昧したい」

と話していましたが、宝くじは 当たらないでしょう(笑)


だって・・・
ご本人がハートから、そんな事、望んでないからです。
男性に生まれていたけど 中身も 男なんですよ。

皆さんが どんな 設定をして 
この世に 来ているのか解りませんが、

どんな形でも 繁栄に導きますから、
全方向から やってくる 豊かさに 
ハートを開いてて下さいね~。

では・・本当にクジが、
当たる時、何が起きてるか?
それはそれは・・(つづく)



瞑想みのりサイトはこちら