マネーの虎1

2週間ほど前から
youtubeの「マネーの虎」にハマっていました。
昔の人気TV番組です。

売れる前のピコ太郎さんが登場してるらしく、
それをみたくて検索したのが始まりなのですが、
面白くて、夢中で見てました。

放送当時も、面白くて見てましたけど、
今は、お金を出す側、経営者の考え方もわかるし、
お金を出してもらう側、働く側の考え方もわかるので、
どこを切り取っても面白いのです。

特に、社長さん達の話す言葉の一言一言が、
的確ですし、目のつけどころに目が離せません。

ここを見るだけでも、
どんな仕事の人でもヒントが満載ですよ。

ピコ太郎さんの回も、本当に面白かったです。
ある社長さんが、ピコ太郎さんに向かって、

「あなたは、本当に、いい仲間に恵まれたね」

こんなさりげない一言さえも、
成功の大ヒントな訳ですけど・・

それ以上に、

「あなた 将来、絶対に成功するから」
こんな事を伝えました。これには鳥肌がたちましたね。

「絶対に」という言葉は、
経営者が使う時は、本当に慎重になるはずです。

その一言の及ぶ範囲が、大きいからです。
従業員、その家族、取引先、会社の規模が大きければ、
地域の経済、日本の経済 全部に影響を与えるからです。

その社長さんが、ピコ太郎さんに「絶対に」
という言葉を使ったのですね。

「絶対に」という言葉は、とても面白い言葉です。

創造が起きる過程。
空(創造のエネルギー)→風(それを動かし)

→火(知性と光が加わり)→水(思いが加わり)
→地(固定する)

この中の 地の要素の「固まれ!」
という命令の言葉ですね。

ピコ太郎さんは、社長さんの「固まれ!」の合図を、
未来の自分の言葉として、素直に聴けたのですね。

瞑想みのりサイトはこちら

 

 

龍宮城のお宝は ゆっくり持ち帰ろう

「空」は時間を超えた「永遠」

皆さんご存じの 浦島太郎のお話し 
あれは「空」の おはなしだと思います。

浦島太郎は、
カメに連れられて龍宮城に行きますが、
亀って、マントラ そっくりです。

心の乗り物「マントラ」に乗ったら最後、
「空」に簡単に 到着してしまいます。

そして、「空」は、まだ創造が出てくる前段階なので、
ここにずっととどまり、
マインドの知覚が変化してくると、

「空」のすぐ上では、
知性やマントラが活発に活動しています。
知性も青をはじめとして、様々な色があり、
マントラも様々な色、形、配列、
独特の動きがあります。

この状態って、
龍宮城(海の中)で繰り広げられる 
宴会の踊りに そっくりです。

そして、たったの30分の 瞑想なのに、 
数時間か、数日、時には数週間、
あまりの長い時間の経過に 
年を取ったのかと 錯覚してしまいます。

実際には、ソーマ(若返りのホルモンの事)が、
生成されるので、若返っているのですが、

永遠の経験が、
年月の経過のように感じられるのです。

これは、龍宮城が時間を超えた
領域にある事を表しています。

そして、あまりにも有名なラストシーン
あれだけ 戻るまでは 
開けちゃダメよと忠告されたのに・・
開けてびっくり玉手箱(笑)

太郎は、おじいちゃんになってしまいます。

すでに 伝授を受けられた方は ご存じの通り 
「空」を経験したら 
時間をかけてゆっくり戻ろうね(5分程度)
守らないと、「空」の恩恵をすべて置いてくるよって
まさに 浦島太郎のお話しは、
瞑想と瞑想の戻り方の話ですね。
面白いですね。

※ 龍宮城の「空」の中の 知性のお話しは、ある程度、
「空」に慣れてきた 加速マントラ以上の方が 対象です。
瞑想 始めたばかりの方は、今、習っている通り、
雑念を手放し、見えるものにこだわらず、
瞑想していきますよ~。

瞑想みのりサイトはこちら

バレンタインデーなので恋のはなし2017

今日はバレンタインですね。

恋をしたい。結婚したいと思うと同時に、
親密なパートナーシップに対する怖れって、
誰にもありますよね。

怖れが多ければ多いほど、自分が願っている
恋愛や結婚は、成就しないのです。
心の深いところでは望んでないからです。

今日はその怖れを解放するおはなし。

パートナーシップで怖れている事って、
人によって、様々ですね。

例えば、
DVされるんじゃないか?
支配されるんじゃないか?
貯金がなくなるんじゃないか?
浮気されるんじゃないか?

色んな怖れですけど、

全部は「うっそ〜ありえな〜い」と思うかもしれませんが、
自分が子供の時やってることなんですよね。
殆どが無自覚でしていることです。

だから瞑想会で、

子供の時、
人に暴力的だったでしょ?
人を支配してきたでしょ?
親のお金取ったでしょ?
お父さん(お母さん)を、
お母さん(お父さん)から、
取ろうとしてたでしょ?

と、聴いてみても
「全く心当たりがない」となります。

罪悪感を癒やす。
これは幸せになるためには、
とっても大事な外せない過程なのですけど、
罪悪(私が悪かった)の自覚がないことには、癒せないですし、
同じことを繰り返してしまいます。

そして「こんなはずじゃないのに何でだろう?」と、
不本意な気持ちになるのですね。

まずは、子供の心では、
社会のルールや家庭内のルールに沿わないことをしていても、
間違えたことをしている。悪いことをしている。
という自覚がないんだ。
それどころか、良い事をしていると、
勘違いや美化をしてるんだ。
(だから見つからないの)

と・・物事を見てくださいね。

もしかして、自分が間違っているとしたら?
ここから物事をみてみないと、罪悪感は癒せないです。
何も出てこないのです。

TVのニュースを見てても面白いなと思います。
凶悪犯人が、連行される時に、
誇らしげなドヤ顔で登場する凶悪犯っていますよね。
時には、笑顔だったり。

悪い事したというよりは、カッコイイことした。
世の中を救った。悪いやつを成敗したヒーロー。
自分の事をそんな風に思っているのかもしれません。

人に及ぼす影響は見えていません。
これが 未熟な子供の心。

女子高生達が、制服のまんまで、煙草吸う姿とか、
間違いなく、カッコイイことしていると思ってるから、
人に見えるように煙草を吸って、大声で話しますよね。
悪いことしているなんて、ちっとも思ってないの。

これが、未熟な子供の心。

悪いことしてない思ってるから、罪悪感がわからない。
けれども、いざ、自分が大人になった時、
自分がしたことと同じ事を誰かにされるんじゃないだろうか?
こんな影が怖れとしていつも つきまといます。
だから、自分を変えていこう!

今年も、
皆さんの恋が成就しますように お祈りしております。
瞑想みのり

被害者意識は他人軸

ここ数日、
瞑想のサイトとブログで
システムエラーが続いておりました。

そのことで、
「はぁ〜えらい目にあった・・
トンデモナイ目にあったなぁ・・」

こんな口癖が、ずっと口を突いて出ておりました。

確かにトンデモナイ出来事に見舞われたけれど、
これも、被害者意識なんだなーって、
後から、気づきました。

そう思ったら、被害者意識の思考って、
巷にあふれていて、
気がつけば、自動的にその思考が出てくるのです。

そして、被害者意識は、他人軸の状態ですね。

都合の良い時だけ「自分軸」では、
それは、自分軸ではないのです。

それは、逃避に都合がよいから、
使っているだけなのですね。

「自分軸」というからには、世の中に起きてくること、
自分の身に起きてくること、
すべて、自分の責任として、引き受けることなのです。
その時に、自分に力が戻ってくるから「自分軸」なのです。

とんでもない出来事も、外的要因と思えることも、
まぁ誰の責任でもない。私の責任だったわ。

涙ながらに
「頑張れば頑張るほど、足ひっぱられるんだよね〜(T_T) 
じゃあ頑張るのやめたらいいんでしょ」
と、卑屈になる私がいて、
でも、それも間違った思い込みなんだと気づきましたよ。

だって、頑張れば、頑張るほどって、
月8日しか働いてないじゃん。
まるで悠々倶楽部じゃん♪ 

と、なると・・泣いてるのも、
あんまり働いてない自分を美化するための茶番劇 なんですよね。
これが自分軸なんだなと、とても気づきの多い数日間でしたわ。

被害者意識が この世の中から消える時、
世の中は、もっと平和になるよ。

今年も頑張って働こう!
縁のある 皆さんを ガンガンと上げていきますよ〜。

瞑想みのりサイトはこちら