瞑想de婚活ラスト

とうとう、こちらの人気シリーズが、
終わりを迎えることになりましたわぁ。

この間、元カレと食事に行ったのです。
別れてから9ヶ月ぶりに会いました。
そしたら、
彼がビックリするくらい変化してたの。
もう何が起きたんだーって、
腰抜かすくらいの変化。

結局、
私の潜在意識が変化したからなんだけどね。

それで・・どう考えても、
身近な一番いい男は、彼だったので、
結婚相談所は退会して婚活は辞めました。

私にお見合いは、向いてなかった。
「早く気づけよ!」って感じですけど。

相談所には、結婚したい人達が、
集まっている事は確かですけど、
そもそも結婚という型から、
私は入るのだろうか?

いつもハート(気持ち)から入るのに。
はみ出てしまう。

もしも本当にその気があれば、
私だったら、自分からナンパするか、
女神が「ここにいるよ!」と、
教えに来て、そこに行くんじゃないだろうか?
前例からして、それが出来ると思う。

今までも、そうだったし、
それ以外の出会いなんて、
したこと無いわけですし。

相談所入会という、
高い授業料を支払いましたけど、
まぁ自分の特徴がよくわかってよかったです。
もう二度と入ることはないと思います。

私にとって、パートナーシップというのは、
重要度が、かなり高いのだと思います。

だからこそ、
型から入ることはありえないのだなと思いました。
(もちろん、型があってる人は、
それでいいと思いますよ)

元カレが変化していたことは、
ここ数年で一番驚いた現象でした。

相手は変える必要がないのです。
自分が変わるだけなのです。

相手に言いたいことは、
自分に言いたいことだし、
成長させようとかも必要ない。
自分が成長したら良いだけだから。

現実の創り方って、こうして創るんだなーと、
大きな学びになりました。

世の中に、学ぶべき重大な事って、
そんなに多くないと最近、思ってます。

全ては一つという一元論。
つまりは、すべては私自身という事。
そこからの現実の創り方ですよ。

そして、
一元そのものを目覚めて体験すること。
これが瞑想です。

気をつけないといけないのは、
どうでもいい事を学んでいる間に、
大事な事を学ぶ時間やエネルギーが、
なくなってしまうことだと思います。

ちょうど4月です。
二人で新しいステージに行けることを
嬉しく思います。

そんな事で、遠くから、
暖かく見守ってくださいな♡

みのりサイトはこちら

インナーチャイルドの一大事2

同じく2回目のミーティングの方の体験談ですね。
(ここからの体験談は、許可を得て書いております)

今度は、食べることではなく、
痩せる行動が、希望する方向とは真逆に、
なっていた、Bさんのケースです。

特に、食べることの制限は楽にこなせるのに、
動くことが、面倒くさかったBさん。

プレッシャーを感じた事から、
誘導瞑想をしていきましたが、
ゼロ歳の時の体験が出てきました。

あまりにも、羊水の中が気持ちよく、
安心に包まれていたこと。
そして、出産でお腹の外に出てからの
めまぐるしい変化に驚きと不安で、
プレッシャーにさらされたこと。

ここで、脳の回路がグルグルグルっと止まり、
プレッシャーを回避するという道筋に・・

インナーチャイルドダイエットは、
痩せる事は、通過地点でしかありません。
その先の夢や希望を叶える事が目的です。

その安心や夢や希望を得るためには、
そとの世界に動いていけば、得れるのですけど、
その道筋を知らなかったために、
お腹に戻ろうと、
「動かない」という選択をしていたのですね。

普通は、
痩せたい→動かなきゃ
のはずですけど、
痩せたい→動かない
こんな行動をされていたのです!

大人が聴くと、
痩せたい→動かない 
という行動は、
クスッと笑ってしまうような事。

チャイルドからすれば 
これでも大真面目に、
「よし痩せるぞ夢を叶えるぞー動かない!」

って行動を、
痩せるためにしているのです。

ご自分の行動のおかしさに、
すぐに気づいたBさん。
これも、二人して大笑い。
とにかく、楽しいミーティングでした。

インナーチャイルドダイエットで
行う立ち姿勢で行う
「パンチ法」というエクササイズを、
なぜか、温かい湯船の中で、実践してました。

後から、
「これは、お母さんの羊水と同じだ!」

「羊水の中で行動してた!外の世界に出なきゃ」
と、気づいておられました。

だから、
行動を変えるよりも先に、脳を変えよう!

脳を変えてダイエット
インナーチャイルドダイエットの 詳細はこちら

インナーチャイルドの一大事1

今日は、
インナーチャイルドダイエットコース
2回目のミーティングでした。

またまた、
私としても気づきが多く、
とても楽しいお仕事でしたよ。
とにかく、私は、この仕事が楽しいのです!

今日、感じたことは、
行動の前に、脳を変えることの重要さですね。

4名中3名の方が、
すでに目標体重をクリアーされていましたので、
残りの1ヶ月、設定を変更して、
キープすることだけです。

そんなことで、今日は、その中の
Aさんの 
「ちょくちょく、つまみ食いしちゃう時に
何が起きているのか」を題材にして、
誘導瞑想をした時のお話です。
(ここからの体験談は、許可を得て書いております)

Aさんは、何かのプレッシャーを感じることから、
食べていたのですね。
食べることで、プレッシャーを回避できるからです。

プレッシャーと言えば、大人の発想だと、
どんなものが出てくるでしょうか?

大勢の前でプレゼンする時。
仕事の期限を間に合わせないといけない時。
好きな人に告白する時。
こんな時は、大きなプレッシャーかかります。

私だったら、仕事に芸能人が来たり、
TVで放送されるとか、
武道館で公演するとかなれば、
かなり大きなプレッシャーに感じますね。

でも、
これは、大人が考えて想像できるプレッシャーです。

「プレッシャーが起きる→食べることで回避する」

この種(根本的な原因)は、実は、
自分が考えて想像できるところには無いのです。

この種は深層意識にあり、
同じようなプレッシャーを感じる時に、
自動的に発動し、食べるという行為が起こります。
わからない深層意識にあるから、
表層意識では、
「なんで食べちゃうんだろう??」
となるわけですね。

この種を探ると・・
Aさんの場合、タイムリーにも
1歳時のひな祭りの出来事から
始まっておりました。

そのプレッシャーとは!
なんと!

お母さんの腕の中から出て、
ひな壇の横で、ポーズして写真を撮る

こんな行為に、プレッシャーを感じておりました。

インナーチャイルドのプレッシャーとは、

大人が聴くと、クスッと笑ってしまうような事。

大人が聴くと、
え〜っ!そんな簡単なことがプレッシャー??
うそでしょ〜!ありえな〜い!

と、言いたくなるような事なのですけど、
本人にとっては、人生の一大事が起きていて、
そこで、脳の回路がグルグルグルっと、止まり、
回避するという道筋を作ってしまっているのです。

そして、教えてあげないことには、
この道筋しか知らないから、
同じような出来事が起きた時に、
ここと同じ、思考パターン、
そして、行動パターンを通ることしか知らないのですね。

そして、インナーチャイルドのプレッシャーは、
大人が聴くと笑ってしまうような事なのに、
影響力は、笑えないのです。

大人が感じているプレッシャーの
少なく見積もって、
19倍以上の力があり、しかも見えない。

行動を変えても、この見えない種に引っ張られるから、
きっと行動が、負けちゃうの。
これ、笑えないよ。

だから、
行動を変えるよりも先に、脳を変えよう!

脳を変えてダイエット
インナーチャイルドダイエットの 詳細はこちら

内なる女性性 男性性

男女問わず、自分の内側に 
感受性豊かな部分(内なる女性性・受容の質)
決断、行動的な部分(内なる男性性・能動の質)
こんな側面を 発達させているか、
いないかの違いだけで持っています。

自分の気持ちを感じて受け入れる。
これが 女性性の領域の受容の はじまりです。

けれども、これだけでは 
まだ、女性性の発達したものではありません。
少女・少年の子供の 領域です。

ここで 受け止めない場合は、
見たくない、感じたくないと
蓋をしているので、
「けしからん」「許せない」って、
想いとして、自分の外側の対象に向けて自分を見てしまいます。

誰かを「けしからん」 と思うときは、要注意です。
人に対して、とても厳しい時、
まずは 自分が 何を感じているかに
気を配って下さいね。

自分の 気持ちを 受け止めようとしない 
自分が一番「けしからん」状態です。

これは、自分を 表面的に愛している 
と言ってても、
愛している事にはなりません。

瞑想では、抑圧していた感情に 気づいたり、
忘れていた記憶が 解放される。
これは よくある事です。

それを無視しないで、受容していくと、
外側の 誰かに対しての、
許せない気持ちが減っていきます。

泣いて、怒って 不安を感じて、すっきりした!! 
この受容は 出来ないよりも出来る方が
よいに決まってます。
自分が 楽になり、周りも楽になりますからね。
第1段階としては、OK。

けれども、ここから 続きがあります。
瞑想している人の中にも、
これだけで、終わっている人が多いですよ!!

これだけでは、本当の意味で、内なる女性性を 
使っている事にはなりません。
ここから、もっと内なる女性性を発達させていきます。

受容だけでは、子供が満たされなくて、
泣いたり 怒っているのと 同じですから、
時期がきたら 満たされない感情や想いがまた出てきます。

波のように何度も 苦しい時期が来る場合は、
これを満たしていく方法を 覚えてください。

満たし方は 2通りあります。

内なる男性性を使う方法と 
内なる女性性を使う方法ですね。

「内なる男性性を使う」とは 
自分で動いて 取り行く事です。

例えば「寂しい」と感じたから、 
人の居る所に行き、満たされると、
内なる男性性を使った事になりますね。
ここには、能動的な 動きがあります。

「内なる女性性を使う」とは 
何が欲しいかを感じて、具体的に誰かに 
満たしてくれるように表現する。お願いする事です。

例えば 「しんどい」と感じて 
誰かに「手伝ってもらえませんか?」と、
お願いする事。

「寂しい」と感じて、
誰かに「寂しいので一緒に居てもらえませんか?」と

お願いする事などですね。

本音を→ 感じて→ 表現して伝え→ 受け取る事 です。

お願いが出来て 初めて、
本当の意味での女性性が、発揮できます。

女性も社会進出を果たして、
内なる男性性を使う事は
上手になってきました。

表現する前に、自分で行動して、
取りに行った方が早いからです。

けれども、これだけを 続けていると周囲の人に対して、
「頼りない、当てにならない」
こんな感覚を覚えるでしょう。
内なる 女性性を 抑圧しているからです。

仮に 男性性を抑圧していると、経済的・精神的な自立が 
困難に思えて、「○○の責任で、自分の人生がうまくいかない」
こんな依存的な 感覚を覚えるでしょう。

女性性を発達させた「お願い」は、
誰かを助けるお願いです。

男性性を抑圧した「お願い」は、
誰かに責任転換する依存です。

内なる男性性も女性性も 両方とも発達させていきます。
これらを抑圧しているストレスを、
瞑想では 自動的に取っていきます。

あとは、日常の中で、具体的に使っていく 
練習を 積み上げて下さいね。

みのりサイト