瞑想de婚活ラスト

とうとう、こちらの人気シリーズが、
終わりを迎えることになりましたわぁ。

この間、元カレと食事に行ったのです。
別れてから9ヶ月ぶりに会いました。
そしたら、
彼がビックリするくらい変化してたの。
もう何が起きたんだーって、
腰抜かすくらいの変化。

結局、
私の潜在意識が変化したからなんだけどね。

それで・・どう考えても、
身近な一番いい男は、彼だったので、
結婚相談所は退会して婚活は辞めました。

私にお見合いは、向いてなかった。
「早く気づけよ!」って感じですけど。

相談所には、結婚したい人達が、
集まっている事は確かですけど、
そもそも結婚という型から、
私は入るのだろうか?

いつもハート(気持ち)から入るのに。
はみ出てしまう。

もしも本当にその気があれば、
私だったら、自分からナンパするか、
女神が「ここにいるよ!」と、
教えに来て、そこに行くんじゃないだろうか?
前例からして、それが出来ると思う。

今までも、そうだったし、
それ以外の出会いなんて、
したこと無いわけですし。

相談所入会という、
高い授業料を支払いましたけど、
まぁ自分の特徴がよくわかってよかったです。
もう二度と入ることはないと思います。

私にとって、パートナーシップというのは、
重要度が、かなり高いのだと思います。

だからこそ、
型から入ることはありえないのだなと思いました。
(もちろん、型があってる人は、
それでいいと思いますよ)

元カレが変化していたことは、
ここ数年で一番驚いた現象でした。

相手は変える必要がないのです。
自分が変わるだけなのです。

相手に言いたいことは、
自分に言いたいことだし、
成長させようとかも必要ない。
自分が成長したら良いだけだから。

現実の創り方って、こうして創るんだなーと、
大きな学びになりました。

世の中に、学ぶべき重大な事って、
そんなに多くないと最近、思ってます。

全ては一つという一元論。
つまりは、すべては私自身という事。
そこからの現実の創り方ですよ。

そして、
一元そのものを目覚めて体験すること。
これが瞑想です。

気をつけないといけないのは、
どうでもいい事を学んでいる間に、
大事な事を学ぶ時間やエネルギーが、
なくなってしまうことだと思います。

ちょうど4月です。
二人で新しいステージに行けることを
嬉しく思います。

そんな事で、遠くから、
暖かく見守ってくださいな♡

一元を直接目覚めて体験できる
瞑想みのりサイトはこちら

瞑想はマインドを左右に曲げて柔軟にきたえる

今日は、
FBグループに頂いた、
プロスペリティマントラへの質問からです。
許可をいただいたので、シェアーします。
女神にもそれぞれに、個性があるのですね。
そこが面白いなーと思いました。

質問:
家に帰ってさっそく
プロスペリティマントラで、瞑想したのですが、
ラクシュミのカメが空っぽでした。。
これはどう解釈するとよいのでしょうか? 

自分なりに考えると、豊かさの意味が、
まだよくわかっていない気はしています。。
(Aさん)

お答え:
ラクシュミは豊かさと繁栄の女神で、
手にしてる壺からは、金貨が出てきます。
その金貨は無限に尽きることがありません。
これが大前提。
「宇宙の法則」と言ってもいいかもしれません。

豊かさは有限ではなく、無尽蔵これが真理であり、
壺には金貨があることが、大前提なのです。

それが空っぽの意味は、
豊かさの意味が分かってないというよりは、
「大前提が崩れていることの中に、
豊かさがあるよ」と、
女神ラクシュミは伝えたいのです。

おそらく、豊かさとは、こうだ。ああだ。
と、自分が決めつけていることがあり、
その決めているところとは、全然違うところにも
豊かさがあるのだと、伝えたいのです。

簡単には、
幅広く物事を観る訓練をさせているのだと思います。
「へぇー面白いなと・・」見てるだけで、
次第に、豊かさの定義や、思い込みが
変化していくと思いますので、
瞑想を楽しんでくださいね。

ラクシュミはよく、遊びます。
おちゃらけるというか、
大真面目ではありません。

そして、
もう一つの意味は、おちゃらけろ!です。

これが出てくるということは、
本来のAさんは、もっと冗談が好きだったり、
ユーモアや茶目っ気がある存在で、
それを本質に持ってるけど、
今は猫をかぶっているというか、
自分ではない(深刻な、真面目な)
仮面をかぶってて、
それをラクシュミは、はずしたいのです。

なので、プロスペリティを使っていると、
笑うことや、冗談めいた事を思うことが
多くなると思います。

それが自分の本質の中に隠れていて、
外側に表現されることが、豊かさだからですね。
そして、今現在の不本意だと思えるお仕事、
間違いなく、頑張りましょう。
このお仕事は、
まるで、からっぽの壺に見えるわけですから。
ここから、豊かさが来ますね。
豊かさを見つけるまでは、辞めないことです。
ちゃんと見つけるでしょう。
(見つけるように認識が変わるのです。
ラクシュミは豊かさの教育係です)

非常にラクシュミの知性を感じる示唆に富んだ
体験ですね。

瞑想みのり

瞑想は内側からあなたをいっぱいに満たします2

(前回の続きです)
ちなみに・・・
空」は 
潜在意識の事ではありません。
潜在意識を超えて、
反対側に広がる無限の世界の事です。

心のことに興味を持ったのは、 
潜在意識や願望実現がはじまりでしたが・・

自分が欲しいとイメージして、
願望が実現してみても、
全然、嬉しくない物や出来事があったり、

頭で欲しいものと、
ハートが欲しいものは違うことが多く、
何かの抵抗や制限が加わって、
想像すら出来ない願望があることに、
気がついたのです。

また、多くの願望実現の本の中には、
イメージすることは書いてあっても、
その抵抗や制限が何なのか?

潜在意識を掃除することに、
ふれておらず、物足りなさを、
感じはじめていたのですね。

どうやって、
心の事を探ればいいのかと思った時に、
本や話よりも
体験して自分で学ぶことが欲しいと思いました。 

漠然と外側じゃなくて、自分の中に行かなきゃ
ダメなんだろうなぁと思った訳です。
その時に見つけたのが瞑想でしたね。

もともと願望実現がきっかけで、
心のことに興味を持ったので、
その事に話を戻すと、
瞑想のおかげで 願望実現が、
上手く出来るようになったのかといいますと、
答えは「イエス」でもあり「ノー」でもあります。

「イエス」の部分は、
別に眠らなくても普通の意識状態で、
実現する時は、
すんなり実現するようになった部分です。

なぜ、このような事が起こるのかというと、
瞑想すると頭の中が、通常よりも整い、
無駄な思考の数が減るので、

沢山の思考の中の一つの思考よりも
少ない中の一つの思考の方が、
強くなるから、創造していく力も強くなります。

思考が出てくる源である「空」を経験する時は、
思考が、まだ出てきてない空っぽの領域ですから、
それを経験するだけでも、頭の中が、
整理されます。

「ノー」の部分は、
何かを欲しいと思う原動力が
なくなってしまう事です。

これは、とても逆説的な言い方ですが、
瞑想を長く続けていると、
「何かを欲しい」と思う前に
「すでに持っている」という、
内側からの心の充足感がやってきます。

だから、「願望を実現したいか?」と
問われると「どっちでもいい」という表現が、
一番ぴったりします。

お腹がすいている時には、
お寿司やラーメンが食べたいと
願望を持つ事ができますが、
お腹がいっぱいの時は、
そのような願望を持つ事が出来ないはずです。

すでに満たされている場合は、
おそらく「いらない」または
「どっちでもいい」と思うでしょう。

その感覚と同じようなことが、
心におきるといった具合です。

この話を願望実現を期待して、
瞑想を始めた人に話すと、
がっかりされてしまうのですが、

豊かさや幸せの度合いは、
「どっちでもいい」と思える
充足感のほうが、 
願望実現する事より、はるかに大きいのです。

もしもあなたが、
願望実現したいと思っていることの原動力の中に
「私は持っていない」といった、
心の中の渇きや空虚があるとすれば、

願望を実現すればするほど、心の中の渇きや
空虚が浮き彫りになってきます。
内側からの充足が鍵になります。

瞑想みのり

瞑想は内側からあなたをいっぱいに満たします1

今日は、瞑想を始めたきっかけについて、
書いてみたいと思います。

私の生まれた家は、
両親が貿易関係の会社を経営していたので、
手近に経済や経営に関する本が、沢山あるような家庭で、
子供の頃から、そんな本を読むのが好きでした。

色々な本の中でも、特に好きだったのは、
願望実現に 関する本です。

リラックスして、
眠りながら欲しいものをイメージすると、
すべて手に入る というような内容で、
ビジネスの本でありながら、
休む事(眠ること)を指南しているところが、
読みやすくて面白いと思いました。

で・・実際に本の通りにやってみると、
書いてある通りに願ったことが、
実現する訳です。


面白いように実現していたので、
子供心に魔法のように不思議でしかたない。
といった感じでした。

「意識できるものは氷山の一角で、
目に見えないけれども、
大きな働きをする意識の世界が、
大部分である」

それを子供の時から、
強く実体験として感じていました。

現実をより良いものにしていく為には、
いかに目にみえない意識の力を
有効に使っていけるかが鍵になってくるのです。

花や実をより良いものにしたければ、
注目するのは、土の中のことです。 

土の中は外からは見えません。
けれども 種があるのも、
水や肥料を吸収するのもすべて土の中です。 

現実もそれと同じで、
より良い花や実を収穫していく為には、
目に見える部分に注目するのではなく、
目に見えない部分に注目することが、
大切なのです。(つづく)



ビジネスマインド講座はこちら 4月5月

瞑想みのりサイト

瞑想は最速でいらないものを手放すテクニック

皆さんは死にたいと思ったことはありますか?
私は、生まれてから一度たりともありません。
理由は、多分、怖がりだからです。

やっぱり、死ぬっていう瞬間の事は、
想像したら 私でも、怖いのです。

「この人の為になら死ねる」は、ありました。
男にハマりすぎて、でも今、思えば、馬鹿みたいだわ!

そんな事で、死にたいと思ったことは無くて、
消えたい止まりです。

「消えたい」は、20年に1回くらいはあるかもしれません。


でも、年齢を重ねると、その消えたいさえも、
減ってくるのを感じますね。
きっと、一つではない、
色んな対処方法を学ぶからでしょうね。

そのうちの一つは、瞑想というツールです。

瞑想していると、 
人生が、楽しみと喜びだけになると、
思っている人がいたとすれば、
それは 間違いですね。

そんな人生、きっと、つまんないよ!
苦しみや、悲しみのない人生を送ることは、
喜怒哀楽すべての、感じる能力を閉ざして、
楽しみと、喜びの表面だけを軽くなでて、
日常を過ごせば、可能でしょう。

仏陀が言いました
「人生は 苦しみだらけ・・」と、

本当の深い楽しみや喜び、
これらを味わえるのは、
人生の苦しみや悲しみも、
きちんと味わえる人だけなのだと思います。

そう言えば、桑田佳祐も 言ったとさ・・
「人は涙 みせずに 大人になれない・・」と、
ちょっと、言葉の重みが仏陀と違うけど(笑)

瞑想の「空」の経験は、感情を通り越して、
もっと心の深くから目撃している状態。
この心の余裕が得られることです。

「悲しみや、苦しみの中に、ずっと静かにいられる」
こんな自分自身の事を、私は、愛しく想っていて、
大好きなのです。

多くの人が、自分にとって、
心地よくないフィーリングを、
感じたくなくて無視しようとします。
どうやったら、ここから出られるのか、
もがいたり分析したり、右往左往したりします。

瞑想は、単にその感じと、一緒にいてみたら? 
って事なんですね。

悲しみ、苦しみ、孤独、不安、ねたみ、憎しみ、怒り、
それらを感じないように、無視する方法は、沢山あります。

友達としゃべりまくってみたり、
タバコ、アルコール、食べ物で紛らわす。
働きすぎて忙しく、疲れ果てる。
これらも、感じることを、
麻痺させる方法だと思います

けれども、
これらの無視を続けると、
人生の楽しみや喜び、
ハートからやってくる深い愛の感覚も、
一緒に麻痺させないといけません。

死んでるように生きてる人。沢山いますね。

感じたいものだけ感じて、
感じたくないものは、感じないという・・
そんな事をしたから、人間は多くのストレス(摩擦)を、
つくりだしたのですね。

結局、自分が感じたくない、
フィーリングがあれば、
一番 楽なのは、瞑想して静かにそれを感じて 
手放すことなんですよね。

手放すと言っても、
そのフィーリングが、ずっと続く場合や、
日常の中でも感じている場合は、
手放せていない・・と、思うかもしれません。

どちらかと言えば、「たれ流す」って表現が正しいです。
リラックスして、流れさせる。 

なぜ悲しみや苦しみと、一緒にいられるのかと言えば、
今、感じていることが、どんなにリアルであっても、
それは去っていく事を、知っているからです。
しかも、瞑想では、
一番、最速の方法で、去っていきます。

瞑想みのり サイトはこちら

心を磨いて洗う行為が瞑想

今日は瞑想はじめて間もない方の質問ですね。
(質問)
上手く瞑想が、できていないのではないかと、
何だか心配です。

(お答え)

エゴとは思考を集めて、自分を定義する心です。
なので、エゴは最初、
本当の自分である空を経験するのを、
嫌がります。

空は思考が登場するもっと先ですから、
自分を定義するための材料である、
思考をかき集めることができなくなるからです。

瞑想が出来てないのではないか?と、
心配することで、
エゴは 仕事が出来て、存在価値を得ます。

「疑いせっせと、出来てない原因を探す」
という、仕事ですね。

エゴとマインドは仲良しになり、
いかに、瞑想することが無意味な事かと、
思考するのです。

結果的に、瞑想初心者の多くが、
「空」という、
本当の自分を、見つけたにもかかわらず、
エゴとマインドの言い分を真に受けてしまい、
瞑想を辞めるという選択をするのです。

瞑想は上手く出来ているのです。
ちゃんと作用していますよ。

けれども、瞑想すればするほど、
自分のクセが浮き彫りになりますから、
自分を疑う癖、自分に自信がない人であれば、
瞑想中「出来てないんじゃないか?」そんな、
思考が沢山、出てくるでしょうね。

「私は私を信頼するということが、苦手なんだな・・」
このことには、気づいていてくださいね。

自分を知るということも、
瞑想の一つの役割ですからね。

そして、
この思考を真に受けずに、
瞑想を淡々と続けましょう。

瞑想は、歯磨きや洗顔に似ています。
心を磨いて洗う行為が瞑想だからです。

長い間、生きていたら、
今日の歯磨きや洗顔が上手に出来たか、
どうかなんて、いちいち、悩まないと思います。
悩んで、歯磨きや洗顔を辞めてしまうのが一番、
汚いわけですから。

悩むくらいなら、ただ、淡々と続けている方が
綺麗でいられるわけです。

出来てるかどうかなんて、
正しい方法で続けていたら、
出来てるに決まってるのです。
瞑想は・・簡単なのです。

エゴとマインドが、
悩むという仕事を欲しがったとしても、
淡々と続けるだけなのです。

瞑想みのりサイトはこちら