キレイにしておくと得をする

実は、わたくし、
料理も食べる事も大好きで、
調理師免許を持ってます。

お気に入りの美容室が、
神戸にあるので、
月1回神戸に出かけるのですね。
その時は、勉強を兼ねて、
美味しい店を探して、
出かけるようにしてます。

今、お気に入りは、2箇所のお店。
一つは、
住吉の立ち飲み屋さんなのですけど、
お料理もお酒も上品で美味しいのです。
おまけに安いの。

この間、その店で、
一人で飲んでいたら
ハプニングがあってね。
それをきっかけに、
隣の人が話しかけてきたので、
会話をすることに・・。

もちろん、知らない人だから、
帰りは別々に帰りました。
食べて飲んで、
イザお会計しようとしたら、
先に帰った隣の人が、
全部、おごってくれていました。

こんな体験が、この店では、
たまにあります。
全く、知らない人ですよ。

どんな状況かというと、
必ず、美容室帰りで、
髪をプロにセットしていただいてます。
眉もカットしていただいてます。

お出かけだから、
服装も家着とは違い、おしゃれしてます。

とにかく
「身ぎれいにしている」と、
女性は得をするのですね。

生まれつき、
きれいな人はそれだけで得です。

けれども、それとは違う何か?
「キレイでいようとする姿勢」 

これは何かと得をするのを感じます。

ちなみに・・今現在、
私は、女性より、
男性とお出かけすることが多いですね。
もちろん、これは、理由があって、
わざと、そうしてます。

男性と出かけたほうが、
女性以上に、必ず身なりや見た目に、
気を使うからです。
緊張の中に、わざと自分をおくようにしています。

夏に向けて、少し痩せておきたい季節
効果的な、
インナーチャイルドダイエットはこちら

ダイエットは通過地点

今日も体験談ですね。

フラクタル心理学入門を受講し、
初級をいつ受けられるかわからないので、
知識の定着を図るためにインナーチャイルドダイエットを
受講したと言う不純な動機でしたが、
初級を受講した今となっては、
初級をよりスムースに自分のものにするための準備運動として、
とても良かったと思っています。

具体的には以下の7点が挙げられます。
・毎朝夕修正文を読んだり、パンチをする習慣がついた事。
・毎朝30分ウォーキングポールを持ってウォーキングをする習慣がついた事。
・フラクタル心理学の理論に常に触れていられた事。
・ビジョンダイエットを通じて、自分の未来を具体的に大きく考えた事。
・健康と美を同義として考えられるようになった事。
・物心ついた時からの便秘と本気で向き合うきっかけになった事。
・美しくなろうと努力する事を恥ずかしく思わなくなった事。

特筆すべきは4つ目の
ビジョンダイエットによって、
将来を考えた事です。
あたかもそうなっているという前提で、
言葉に出す事の効果の大きさを実感しました。
通勤時に車の中で片道3回1日6回していましたが、
言葉に出す事で思考が強くなり、より具体的になります。
そうして思考を積み上げていくという事が感覚的にわかりました。
初級の未来トークも何の抵抗もなくできました。

便秘は初級でも、自分が動かない事の原因だという事がわかり、
個人セッションを受け只今修正中です。
便秘外来の受診も検討しています。
もちろん家の中の掃除や整理もガンガンしています。
(息子は私が何か持っていると「それ捨てんの?」と聞きます。(笑))

ダイエットを通しての大きな気づきとして、
「食べたら排出できないから太る。」と自分で呪いをかけていました。
「排出すべきものをきちんと働くべき所が働いて排出できる」と、
思考する事で少し安心して食べられるようになってきました。

食べる事に、ものすごく罪悪感や恐怖感を持っていた
自分がいた事に気付きました。
お陰様で、人と食事に行っても
一人前を食べられるようになってきました。
そして、食べても体重は増えなくなりました。

美しく未来の自分にふさわしくなる事の大切さも
みのりさんは随分講座の中で伝えてくださっていましたが、
正直な所、表面的にしか分かっていませんでした。

今やっと事の重大さをひしひしと感じています。
少しずつですが整えています。皮切りに髪型を変えました。
ショートヘアにしました。
こんなに短くしたのは6年ぶりくらいです。
中々評判が良いです。

「美と健康は自分で作るもの!」
日めくりカードでよく引きます。

実生活では、直属の部下で唯一肥満の男性が、
健康診断で黄信号が出た事もあり、
本腰を入れてダイエットを始めました。

家族はこの4月大きく生活が変わりましたが順調です。
夫は営業部に異動になり、
フレックスではなくなりました。
ちゃんとネクタイを締めて決まった時間に出勤しています。
元気です。フラクタルを通じて、夫の偉大さに気付き、
感謝しより尊敬するようになりました。

長男は、順調に中学校生活を歩みだしました。
この3月、自分でいきたいと言って、
オーストラリアに10日間ホームステイに行きました。

挨拶程度したか話せないのに現地の学校に行ったり、
ホストファミリーと生活してとっても楽しんで帰ってきました。
世界が急に広がったようです。

次男はお兄ちゃんと別れて、学校に行ったり
、学童で放課後を過ごしたりと彼なりの新しい生活が始まりました。
学童では下級生の面倒を見ているようです。
苦手なお勉強もなんとかやっています。
夜尿症も薬が切れたのを機に毎晩
「僕は大丈夫。おしっこはちゃんと溜められる」と言って寝るようにしています。
ちょっとパンツが濡れることはあるけれど、溜められています。
今日もお弁当を持って、3人で釣りに出かけました。

朝夕の瞑想も今までの体験と少し変わった気がしています。
今までだとした実感があったというか、
現実の時間とは明らかに違う質感があったのですが、
此の所の瞑想は空気みたいと言っては変ですが、
質感が瞑想をしている時と実生活の空気の重さと
あまり変わらない感じてとでも表現すればお判りいただけるでしょうか?
フラクタルで自分を追い込んでいるので、
瞑想でリセットしてパワーを出せている気がしています。

みのりさんに見せたい自分になって会いに行きます。

(みのりコメント)
ダイエットは、通過地点だというのが、とても分かりやすい体験談ですね。
ダイエットを通じて、毎日の暮らし方、考え方、行動のしかた、
そして、それをみている家族も変化していきますね。
毎日が楽しいですね。

インナーチャイルドダイエットはこちら

父の日

父の日で、お鮨を食べに行きました。

心の海の中にはすべてがある。

今年は、印象深い父の日になりましたね。
5月にフラクタル心理学の
マスターコース上級を受講して、
父親に対する想いがひっくり返ったからです。

私にとって、父というのは、
頼りないけれど、優しくてかっこいい人。
そんなイメージがありました。

そして、父のことは大好きですから、
同じような、頼りないけど、
かっこいい男性を、
好きになる事が多かったです。

心の海から何を拾ってくるか?

私は、父と母の結婚を見て、
母から伝え聞く事を鵜呑みにして、
「結婚とは、女が犠牲になるもの」
「女性の財産が奪われるもの」
そんな結婚観を、長い間、
勘違いして思い込んでいたんだなーと、
気づきがありました。

事実は、どうだったのかと言えば、
母は、英語が得意で独身時代、
銀行で為替の窓口の仕事をしていました。

結婚することで、
家業の宝石の貿易の仕事を手伝うことになり、
世界中を飛行機のファーストクラスで飛び回り、
仕事をするようになりました。
おそらく、銀行の窓口業務よりは、
自分の英語の能力が活かせる仕事で、
ステージアップしたのではないかと思います。

実際には、私が母から聞いていたのは、
母が、お皿洗いをしながら、

「犬畜生より扱いがひどい。
まるで北朝鮮だ」と訴える言葉でした(笑)

「結婚イコール犬畜生よりひどい扱い」
という発言。私はこちらを鵜呑みにしていました。

母は子供を4人産んで、
とても早くに働きたがったので、
お手伝いさんを3人雇って、働きに出ていました。

子供の目線で、働いてる母を見て
「無理やり働かされている。かわいそうなお母さん」と、
思っていましたが、講座の中の話し合いでわかったことは、
「お母さんが家にいたほうが、
人を雇わなくていいから安上がりだったはず」
という意見が出て、
父が仕事が趣味だった母のやりたい事を、
尊重したから、お手伝いさんを
雇うことになったのだろうと、
意見がまとまりました。

ウニは拾っておきたいところ。

「学校の学費を父が支払わないから、
全部、母が支払っている。
父は、生活費も出してくれない・・」

これも、よく話に聞かされていて、
父は頼りない人なのだと、
鵜呑みにしていましたけど、
母のお給料が出ているのは、
よーく考えたら、父の経営する会社でした(笑)

結局、母は、結婚したことで、
自分の夢の全てを叶えて、
自由を得た人だった事がわかりました。

そして、父は、頼りない人ではなく、
包容力と経済力を備えた、
とても柔軟性に満ちた人だったことも分かりました。
そして、母は父にとても愛されていた事もわかります。
とてもいい夫婦だなと思います。

今日は私のおごりですね。

私が知る限り、身近で、
一番包容力と経済力、柔軟性もある能力の高い男性は、
私の父だなと、改めて思いました。
おまけに、かっこよくて、面白いしね。

一度、間違った 思い込みがひっくり返ると、
なんであんな間違った思い込みを長い間、持っていたのか?
そのことの方がわからなくなるのです。
本当に不思議です。

結局、なぜ、間違った思い込みを、
人は握りしめているのかと言えば、
そこにメリットがあるからです。

心の海の中には、ゴミもあれば、宝物もあります。
その海の中から、何を拾ってくるのか、
それは、その人の、その時の意図で決まるのです。

男性に勝てない。でも負けたくない!
力は出したくない!
相手が間違えている!私が正しいと言いたい!

こんな意図があれば、心の海からゴミを拾ってくる事で、
「あなたとの結婚生活は最悪だよ」と訴える事で、
何もしなくても勝った気になるのです。
本当に恐ろしいですね。

ただ、心の海から、宝物を拾ってきて、
素直に「ありがとう」「あなたのおかげです」と言えば、
一番得するのに「相手に勝ちたい。負けたくない」という想い。
その意図が、すべてを受け取れなくしてしまうのです。

男性に勝とうとすると、ろくな事がないなと・・
改めて思う出来事でした。

そして、母の話を鵜呑みにしてしまったのは、
私の中にも「父に勝つ」という、
意図があったから、この話を採用しているのです。

私が「結婚とは、女が犠牲になるもの」
「女性の財産が奪われるもの」
この観念を持っている限り、
未来の私が、結婚を止めるのです。
こんなところに、
私のパートナーは、いないからですね。

私は結婚するとしたら、
父のような、包容力と経済力を備えた、
とても柔軟性に満ちた人と結婚するだろうし、

母のように、夢を叶えて、
ステージアップするからですね。

両親は、自分の未来です。

すべての起きてくる出来事が、
私の成長の布石になりながら、
未来に向かっていく。
そんな事を、面白いなと感じています。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方も簡単なマントラ教えてますのでどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのり

鮨 かい原 天満

悟りたければ不思議は捨てよう5

前回の続きです。

自分が本当に大切なものを手放す事は、
何で怖いのかなーと思ったら、

「手放したら最後。
この素晴らしいものは、
もう二度と、手にする事は出来ない」
と思ってしまうからです。

でも・・人間って、
持てる容量が決まっているので、
捨てないと、新しいものを拾えないのです。

そして、時が経過すると、
自分が捨てたことをすっかり忘れて、
また同じ要素を持ったものを拾うのです(笑)
皆さんにもありませんか?

「捨てたつもりが、拾ってたわー!」
ってもの。

私の実家は、
宝石を扱う貿易をしていました。
サンゴから始まり、真珠や貴石ですね。

幼少期の強い記憶にこんなものがありました。
お手伝いさんが、遊ぶために、
私と妹に、お手玉を作ってくれて、
通常はお手玉は中に小豆を入れますが、
内緒でサンゴを入れてくれていました。

我が家では、小豆よりサンゴの方が、
身近だったからです。

そんな宝石が当たり前の中で、
暮らしていました。

これは何を意味するかと言えば、
当たり前と思って、普通に、
積み上げている私の思考です。
幼少期からですから、思考の量が多いです。

家業の宝石の仕事を、
手伝っていたこともありましたが、
家業だけに、精神的に、
ストレスが大きかったです。

宝石の仕事をやめる時に、
家業を手放すわけですから、
多大な精神的な葛藤がありました。

「二度と、宝石には関わる事はない」と、
覚悟して、仕事を辞めました。

しばらくして、
瞑想を教えることになった時、
びっくりしたことがありました。

このような伝統的な瞑想は、
ビジャ・マントラを宝石に例えます。

実際にマントラを使っていても、
宝石そっくりで、宝石展やTVで、
本当に価値がある宝石をみると、
特定のマントラを想い出します。

瞑想で扱うマントラは、
「心の宝石」そのものです。

私は、宝石というものを
「二度と拾うものか!」と、
手放したつもりでいたけれど、
また次も拾ったものが、
形を変えた宝石だったのです!

その事実に愕然としました。

外側の形が違うから、
最初、わからないのです。

けれども、エッセンスが同じなのです。
創造が起こる時、
形が同じものが創造されるとは限りません。
エッセンスが同じものが創造されます。

「手放したら最後。もう二度と、
手にする事は出来ない」と思うのは、
ただの錯覚であり「また拾う」が正解なのです。

こんど私が拾う宝石が、
どんな形に変わっているのかは、
わかりません。

全然、違う仕事の形?
趣味の形?
友達とか家族など人間の形?

今は、わからないけど、
私は捨てても、
何か宝石(たからもの)を拾う事だけはわかります。

なぜなら、その宝石を、思考して、
創っているのは、自分だからですよ。

だから、捨てるって、
実は、凄く大事なのかもしれませんねー。

今は、何を拾うのかさえも、
現実の形に登場するまで、
さっぱり、わからないのだけど、
一歩ずつ進んでいくことにしますね。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方も簡単なマントラ教えてますのでどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
https://www.1satori.com/blog/?cat=13

瞑想みのり

「望む」とは、思考し、感じていること

今日も、ニュースレターに頂いたコメントから

●不安、心配事が多く、
望まない現実ばかり引き寄せている不幸体質なので、
幸運体質になり、望む現実を引き寄せたいです。

お花いただきました

 

(みのりお返事)

コメントに、ご自分が書いておられる通りなのですね。 
「望む」とは、思考し、感じている事です。

つまりは、不安、心配事を多く思考してる訳だから、
不安、心配が現実化していきます。

望んでないのではなく、望んだ通りの事が、
自分の身に起きていると、まずは認めましょう。

「自分が創造していたのか!」と、認めると、
今度は、変えることも簡単に出来ます。

「不安、心配事が多く・・」この部分を、
わざと反対にして、
「平安、安心事を多く・・」
思考したら良いだけです。

ちゃんと習慣になるまで、やってみましょう。

そして、
思ったことがすべて、
現実化するわけではありません。

ある一定量、思考が深層意識にたまった時、
現実化するのです。

思考の多い、少ない。これが関係してきます。
平安、安心事を多く思考してくださいね。

瞑想の「空」の経験は、
自動的に、不安を取り除きます。

ストレス物質である、乳酸塩が実際に減りますし、
平安があるのは、ハートの中です。
瞑想をされているでしょうか?

もしも、
瞑想してるのに不安が消えないとしたら、
瞑想の質に問題があるのです。
変えてくださいね。

瞑想の質を変えるならば、こちら

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方も簡単なマントラ教えてますのでどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

悟りたければ不思議は捨てよう4

前回の、
悟りたければ不思議は捨てよう3の続きですね。

実際に見て触れることが出来る現実は、
言い方を変えたら、
一番力を注いできた、
なじみのある思考の塊です。

一番深い深層意識が、
表現されたものとなります。
不思議でも何でもなく、
分かりやすいのです。

心の中にあるイメージとか、ビジョン。
これは、まだ目の前に現実として登場していませんから、
まだ、思考が一定量たまっていませんが、
時期が来たら、現実になる可能性はありますね。
でも、まだ不確定であることには変わりないのです。

それらは、自分の目の前の現実の中では、
遠くに映ります。
TVの中や、本の中などですね。
現実度は低いけれど、
現実に近づいてくる未来と、
過ぎていった過去を教えてくれている
そんなふうに捉えています。

この間、
朝、NHKの俳句番組を見ておりました。

「ぼうたん(牡丹)や、咲ききる力、散る力」

こんな句が詠まれて、美しいなーと感銘
を受けました。

今現在、私はとても苦しい状況にいて、
自分が「この道にすすみたい」
「この夢を叶えたい」
こんな道が、いくつかあったのですけど、
全部が行き止まりに見えてしまって、

しかも、
弱いから、誘惑にも負けそうになるし(笑)
道が見えないのに、歩みをすすめないといけないし。

辛いな、苦しいな・・と、
感じる事が多かったです。

そんな時に、この句が登場しました。
TVの中ですから、私の未来ですね。

私は「未来」咲くこと。
普通の花としては、
咲く気がないこと。

咲ききるならば、苦しいけど、
今は上昇していく必要があること。
咲ききるならば、散る力を出すこと。

色んな事を、
未来のビジョンが、教えてくれています。

だから、愛してやまない 
フルフィルメント瞑想
手放すなら今なんだなというのが、
分析からわかりました。

そう思っていたら、ちょうど、
フルフィルメント瞑想の創設者のボブさんが、
新しい提案を持ってきたのです。
だから、全面的に、
乗ってみようかなと思ってます。

私にとって、
命と同じくらいといえば大げさですけど、
まぁ恋人と同じくらいには大事なものですね。

だから、
「持っててもいいじゃない・・」って、
思われる方もいるかもしれませんが、
そういう問題じゃないのです。

手にしたままだったら、
この牡丹の俳句が、
私には、響いてないはずなのです。
手放すから得れる大きな収穫が、
未来に、待っているのですね。

次回は、またこの話をしてみたいです。
「現実ってこうやって出来上がっていくんだ・・」
って、
今、転機の方や瞑想されている皆さんの
何かの参考になる可能性もあると思うからですね。

ではでは・・

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
https://www.1satori.com/blog/?cat=13

瞑想みのりサイトはこちら