瞑想への想い

今度、瞑想のアップグレード
ティーチャーコースがあり、
関東に出かけます。
その関連で、自分が書いたブログを、
整理するために、
全部、読みなおしておりました。

 

そしたら・・なんか、
この瞑想に自分が、
また惚れ込んでしまったの。

 

今日も受講生さん達と、
瞑想会で話していたのですけど、
ほんと、起きてくる体験も
心や身体の変化も素晴らしい!

 

新しいマントラについては、
使い方が違うので、
別の可能性を感じていますけど、
新しい方が優れているという
意味ではないです。

 

なので、
瞑想会もフルフィルメント瞑想の方も、
通常通り、参加出来ますし、
伝授も当分は、今まで通りで大丈夫です。

そして、ブログを読み返していて、
感じたのが、
特にタラ・タントラについての想いです。

 

タラ・タントラとっても、
好きなのですけど、
使っている間には、
辛いことも多かったです。

 

タントラは、
方向性のあるエネルギーです。
命令した方向に向かっていくエネルギー。
通常のマントラとは使い方が、
異なります。

 

特に、私の場合は、
子供が欲しくて、
パートナーを変えるという
大きな決断が起きてきたのも、
タラ・タントラです。

 

新しい彼は、
子供を得ようとする事は、
真剣になってくれてました。
カウンセラーですから、
話し合うことも
しっかり時間を取ってくれる人でした。
全然、瞑想しないのに、旅先だけでは、
思い出したように突然、瞑想する人でしたね。
しかも、金タラです。
(勝手に、出てくるみたいですね)
不思議だなと思いました。

 

子供は結局、年齢的に諦めましたけど・・
すると、また新たな展開に、
向かわないといけないわけですね。
それが私にとっては、
辛く悲しいことで・・

 

一番大好きだったのに、
タラタントラが
使えなくなってしまったのです。

 

何を信じて動いていけばいいのか?
どこに向かえばいいのか?
全く分からなくなってしまったのですね。

 

そして、これだけの事が起きていながら、
年月にすれば、たったの4年ほどしか
経過してなかった事もビックリなのです。

 

最近、また新しい方向に向けて、
人生を創っていくわけですけど、

 

これだけの事が起きてるのに、
性懲りも無く、
私は、新しい道を、
また、タラで渡りたいのです。

 

こんなズダボロになりながら、
またタラで・・って、

 

自分に、呆れてものが言えません。

 

けれども、
これがタラの魅力なのだと思います。
一番好きなテクニックに、
タラをあげる受講生さんが多いです。
私も、そうだな。

新しいテクニックが入ってきたとしても、
タラ9月から教えよう!
だって、教えたいもの!

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
https://www.1satori.com/blog/?cat=13

瞑想みのり

 

恐怖のノート

今日は、最近、TVで話題になってる 
松居一代さんの恐怖のノートの話から。

 

皆さんは 恋人やご主人の携帯や手帳を
こっそり見てしまう事ってありますか?
私は、いまだかって、一度たりともありませんね。

 

マナーとか、相手を信頼してるからとか、
そんな理由ではなくて、
まぁ、それもあるけど、
見たいと思わないが一番の理由です。

世の中には「知らなくてもいいことがある」
って事を、20代の時に女友達から学びました。

友達Aちゃんは、
美人で、可愛くて、上品でおしゃれ。
例えるならば、グレース・ケリーとか、
そんなランクの女性かしら?

 

ある時、彼氏Bくんを紹介してくれたんだけど、
私は、訳もなく、このBくんの事が嫌いでした。
なんで嫌いなのか??さっぱり解りません。
会った瞬間、嫌だったの。

 

悩んでいたら、ビジョンを見ました。
Bくんの後ろに、
全くAちゃんとは違うタイプの女性の姿が・・。
「もしかして??浮気でもしてるからなの?」と
思ってみても 確かめようがなく、
そもそも嫌いだから「早く別れたらいいのに」
と、思っていました。

 

そのうちに、ちらーりと、
Bくんの 女性の噂を聴くようになり、
ビジョンで見た事は、
私の中では、勝手に、
確信のようなものに変化していました。

 

月日が流れて、ある時、Aちゃんが
自分の男性観のようなものを、
話してくれました。
「自分が結婚する人が、浮気しても、許すかなー」と・・・
なんでこんな話をするのだろうと、
不思議に思っていたら、
数日後、AちゃんとBくんの結婚が、
正式に決定したのです。

 

私としては、
いつか別れるだろうと思っていたBくんと、
非のうちどころのないAちゃんの
まさかの結婚ですから。ショックですよ。

 

そして、結婚パーティで、
数年ぶりに、Bくんの顔を見た時に、
私の怒りに火がついてしまいました。

 

一途で美しく、輝いてるAちゃんの隣で、
何事もないかのように振る舞う疑惑男B。

 

表面的には、笑顔で「おめでとう」ですけど、
心の中では、
「私の大切な友達に何してるんだ!このバカ男!」 
そんな怒りです。

 

自宅に帰って、寝ようとしても、
怒りで眠れません。
翌日の昼間は、フラフラでした。

 

2日目の夜になっても、
寝ようとしたら 
また思い出してしまい、
怒りが煮えたぎって眠れません。

 

そんな、
私のストレスも限界に達していた時、
とても鮮明な、ビジョンをみました。
必死で眠ろうと、目を閉じていたら、
まぶたに、Bくんの顔がどんと浮かび、
はっきりと 大きな声で

 

「さみしかったんだ・・」と、
第一声。

 

そして、声が続きました。

 

「初めての就職。
初めての場所。
友達も、誰もいない。」
声は 以上でした。

 

遠距離恋愛で、
浮気?疑惑の理由に当たるのでしょうけど。
これを聴いた途端ね。

 

私は思わず「あーーっ」って、
大声が出てしまい。

 

その瞬間に、あれだけ、怒って、
心の中で悪口を言いまくっていた
Bくんの事を、
全く、怒れなくなってしまったんですね。

 

拍子抜けしてしまうくらい、
見事に、もう怒れないのです。
そこから、怒りが、すーっと引いていき、
延々、眠り続けました。

 

この言葉が、本当に彼の思いで、事実なのか?
確かめようがないですから。
全部が、妄想かもしれませんね。

 

2日間、眠れずに、
私のストレスが限界に達していたので、
身体と心の機能として、
極限状態の私を休ませようと、
マインドが創りだした、
ビジョンと言葉なのかもしれません。

 

けれども、そんなことは、
全然、重要ではないのです。
間違いなく、私の怒りが、
このビジョンと声を境に、
すっかり消滅し、熟睡できたのです。
その後、彼を批判的に見ることはゼロなのです。

 

長年の、瞑想の「空」が、
深層意識に浸透して
起きてくる体験の中では、
印象に残っている体験ですね。

 

瞑想が私の人生を、どれだけ、幅広く、
多岐にわたり、助けてくれているかと感心します。

 

瞑想の「空」が、幼い私に、
「物事を色んな角度から見ろ」と、
示唆をくれているのです。

話・・戻って、
冷静さを取り戻した視点で、
Aちゃんの事を思ったら、
同年代でありながら、
たいした女だなーと思いました。

 

彼女は、
Bくんの脆い部分を知っていたんじゃないか?
暴こうと思えば、いくらでも、
暴けたんじゃないか?

 

周囲の男性の反応から、
女としての格付けが、
VIP待遇なことは、
自分でも分かっていたはずです。
Bくんじゃなくてもよかったの。

 

なのに・・
知らなくていいことを、知らないままで、
自分の幸せというものを、
まっすぐ見ていたように思います。

 

彼女にとっての幸せは、好きになった人と、
ずーっと、寄り添う事だったのだと思う。
そして、良妻賢母になることだったと思う。
そして、こんな女性だったからこそ、
Bくんは、この人を選んだとしか言いようがない。

 

この一連の出来事は、 
私には、衝撃的でしたが、
世の中には「知らなくていいことがあるんだなー」
と、思い知らされた出来事でした。

 

そして「知らなくていいこと」は
「わざと見ないで無視すること」とは、
全然、違うのです。

 

創造主は、
どうして光だけじゃなく、
闇をつくったのでしょうか?
昼だけでなく、夜があるのでしょうか?
直視すると、目さえも焼けてしまう 
明るい太陽がありながら、
目の前の文字すら読めない月を用意したのでしょうか?
もしも、皆さんが創造主ならば、
どう答えるでしょうか?

 

「闇は、見たくないこと知らなくていいことを、
ありのままに受け入れ包み込んでくれる。
それは とても落ち着く体験で、
宇宙に必要だから創造してみた」と、
答えるでしょうね。 

 

勘違いがないように言っておくと、
決して「浮気OK許しましょう」とは、
話してませんからね。ダメなものはダメです。

ただ・・
ノートはただのノートです。

自分の隣で、自分のパートナーが
別の女性と、裸で一線を超えている
瞬間をみるまでは、妄想なのです。
恐怖の・・ノートにしてるのは、
自分の頭の中だけです。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイトはこちら

人のためなら動けるのに、自分のためには動けない

今日もニュースレターに頂いた
コメントにお答えしていきますね。

●人のためなら動けるのに、
自分のためには動けない。
自分を売り込むのが得意ではない。
もともと東京出身で、
北海道の片田舎で、
仕事があるわけがないと思い込んでいる。

北海道の受講生さんからいただいた。さくらんぼ。北海道はいいね〜。

 

(みのり お返事)
●この方は、エゴに問題が起きていますね。

瞑想されているのでしょうか?
もしもお仕事とお金を引き寄せる繁栄のマントラ
(プロスペリティ)を、お持ちでしたら、
横隔膜の真ん中からマントラを
導入してみてくださいね。
ここがエゴのセンターです。

 

そして、最後の金貨は、
しっかり、ちゃっかり、
「自分の手の中」に受け取ります。

「他の誰でもない。私にください」
これでいいのです。

 

もちろん、そう言うからには、
やるべき事をしてくださいね。
ちゃんとお仕事で力を出すということです。

 

では、なぜエゴに問題がおきたのか?
これは、現実は自分が創っているので、
現実に起きている出来事からみた
推測になりますけど、

 

自分を満たすと愛してもらえない。
人を満たさないと愛してもらえない。

 

こんな間違った認識の中に
おられる可能性がありますね。

 

まずは「愛の定義」
ここに勘違いがあるのだと、
しっかり、気づくことが大事ですね。
そして、正そうとすることです。
子供の時の、勘違いなのです。

女神のつぶやき
(黄色い服の女神さんのつぶやきをクリックしてくださいね)

これが愛の定義です。

コメントだけでは、
兄弟関係がわかりませんけど、
妹や弟がおられる方なのかしら?
と思いました。

 

愛の定義が
「ずっと私だけを見てくれていること」と、
間違えて思っていると、

 

「自分を売り込むのが得意ではない」
これも、腑に落ちてきちゃうのです。

 

本当に、人のためなら動けるのなら、
必死で自分を売り込むはずなのです。
相手の為に、私を、
わかってもらう必要があるから。

 

けれども、
愛の定義を間違えているから、
仕事の場で、自分を売り込むことが、
「私だけを見てよ・・」と、
言うような気がしてしまうから、
苦手なのです。

 

瞑想中は、
温かいエネルギーに包まれますね。
ずっと私だけを
見てくれているような感じがします。
そして、癒やされますね。

 

だから、瞑想してても、
ご自分の勘違いしてる愛の定義には、
なかなか、気づかないのです。

 

愛に確信を持っているからこそ、
瞑想者は、「間違えてない」を、
強めちゃうのです。

 

そして、お仕事の中では、
社会の為に働くわけですから、
ずっと私だけを見てくれない状況が続きます。

 

すると、
愛がなくなった→もらえない→
もらうためには、人のために動こう。
そしたら、愛をもらえる気がするから。
この勘違いの車輪がまわり始めます。

 

これ、人の為に動いているかに見えて、
自分の中の愛の勘違いからくる、
枯渇を埋めるため、動いてるから、
何を隠そう!
自分の為に動いていたのです(笑)

すると、
社会や国などの公を満たすという、
「本来の仕事の意義」が見いだせなくなるから、
仕事が楽しめなくなっちゃうのです。

 

愛はいつもあります。

 

もしも
「ずっと私だけを見てくれない状況」

これこそが、
両親からの愛だったとしたら、

 

どうでしょうか?

 

愛がないからではなくて、
成長したから、
「自立させる」という、
両親の愛があったから、
私だけを見てくれなくなった・・・
こう捉えることはできませんか?

 

愛は、いつもあった。
こう思えないとしたら、

仕事の中では、部下やクライアントさんが、
愛を奪うライバルにみえてしまいますよね。
すると、仕事が伸びていきません。

 

だから、
愛の定義の勘違いを正していきましょう。

愛は、人を成長させ、自立を促すことです。

 

面白いことに、
この方、北海道です。
私もお仕事で、
ずっと北海道で瞑想を教えておりますけどね。

北海道は、開拓地です。
新しいことを、
我慢強く、始めていく人がいる場所です。
クリエイティブな要素が強い土地で、
それに見合った人が集まります。

 

寒い冬のためか、
室内で、楽しむことが、
得意な人が多いです。

瞑想もいいですし、
様々な学習やお稽古ごと、
音楽や芸術を、好んでする人達が、
多い場所なのですね。

寒いから、我慢強いですし、
限られた環境の中から、
喜びを見つけ出す人が多いのです。

 

「仕事はない」は、
愛の定義を間違えている
子供心の言い訳なのです。

 

この場所は、開拓したものを歓迎して、
受け入れてくれる場所なのです。

自分が、この地を選んで引っ越した・・
くらいに思ったほうがいいですよ。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
https://www.1satori.com/blog/?cat=13

瞑想みのりサイト&瞑想コント

 

地味で、堅実な暮らしがしたい

今日もニュースレターに頂いた、
コメントからですね。

●多くの収入を得たいという気持ちと、
ひと昔前の日本人の、
お金のかからないわりと地味で、
堅実な暮らしがしたい。
という気持ちがあります。
それがなんだか自分の中で、
相反しているような気がしていて、
中途半端な感じです。

どう見ても、おじょうさまには、みえませぬ!

(みのりコメント)

これ、詳しく見ていきますとね。

「一昔前の、お金のかからないわりと地味で、
堅実な暮らし」これに、なぜ憧れるのか?

これは、おそらく、子供の時、
体験させてもらっているからですね。

 

その時、その暮らしを、
創り出してくれていたのは、
周囲の大人、ご両親や祖父母です。

 

「お金が、かからない」は、
家族がやってくれていたからですね。
子供の時の事は、ご自分は、
生産は無しの消費だけ。
お金は、家族に、かかってた(笑)

 

でも、今は、自分が大人なのです。
脳の子供の部分が、
この事を、理解していないのです。

 

そして、家族がしてくれていた事を、
「地味で堅実」と言いたいのは、

「子供の頃の私は、そんなに、
欲しがらない。いい子だったよー」
みたいな感じです。

 

でもでも、
今でも憧れるほど、
満足がいっぱいあった。
つまりは、
「ちゃんともらっていた。子供」
なのです。

いっぱい貰っていたけど、それを、
地味で堅実と話すのは、欲しいが強い、
「欲望を大きく持ってる子供」
だったともいえますね。

 

もう1つは、
「お金がかからない」とは?
どういう時に感じるでしょうか?

 

逆の言い方をすると、
「お金がかかるなぁー」とは?
どういう時に感じるのでしょうか?

 

仮に、
年収が1千万だったら、
ランチ代が、1万円でもお金がかかるとは、
思わないかもしれませんね。

 

でも、年収が100万だったら。
ランチがワンコインでも、
お金がかかるなーと思うでしょう。

 

つまり「お金がかかるなー」と
思わなくなる方法は、

 

お金を意識しなくてもいい位に、
ご自分が、力を出してきて、
働くことなのですね。
これは、やればわかります。

 

この方の相反する気持ちは、

欲望が大きい人だから、
お金を意識しなくてもいいくらいに。
力を出してきて、働けばいいの。
それが出来る人です。
憧れるほどの見本を、親が提示してますから。

 

でもそれは、自分の中の
子供心の部分は、
めんどくさーい。と思ってます。

そして、子供の時みたいに、
「誰かやってくれないかな?」
と思って、欲望を叶えてくれるのを、
待っている子供心があることですね。

もう大人です!
この子供心を修正したら、
すぐに希望は手に入りますね。

ご自分の子供に言い聞かせるように、
こんな事を自分に伝えてみましょう。

親がくれたものは、地味で堅実じゃないよ。
豊かで、いっぱいもらってきたよね。
それは、ぜいたくと言うんだよ。

それがわからなかったのは、
欲しい気持ちが大きかったからなんだよね。

あの時みたいに、
もっと豊かになっていこうね。

 

でもね。
ただ待ってるだけなんて、欲しいものも、
手に入らなくて、つまんない人生だよね。

 

もう大人だから、自分で取りに行こう!
なんでも自分で取りにいける。
沢山、動けるってワクワクするね。

 

お父さん、お母さん
(おじいちゃん、おばあちゃん)
働き者だったよね。
こんどは、私が、力を出してみよう!
出来るよ。

と・・
相反する気持ちが消えていくまで・・
伝えていきましょう。
子供心を動かすのです。
現実になるのは、早いと思いますね。

 

そして、両親が、
もしくは、子供の頃に見ていた、
周囲の大人が与えてくれていた世界観。
素晴らしいと思います。

ここに、心から、感謝する時、
あなたの中に、
眠っている力が、花開いていきますよ。

 

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&瞑想コント