不器用な人でも、仕事で成功するコツとは2


(つづきです)
私のテーブルは、
壇上で発表する方達ばかりのテーブルでした。
会社の業績が右肩上がりに伸びている方、
自社ブランドが賞をとった方、
別荘を持ってる方、
タワーマンションに住んでる方、
みんな凄いなーと思ったけど、
それと、同時に、
150名の前で話をするわけですから、
緊張を引き受けたテーブルでもあり、
緊迫した空気が漂っていました。

男性は、場馴れしているのか、
緊張を普通の事として受け入れ、
楽しんでいるようでした。

 

これは、男性の方が得意なので、
女性が男性から見習うべき、
ビジネスマインドだと思うのです。

 

多くの人は、
普段、地位や財産も欲しくて、
緊張は回避したいと、
矛盾したことを思考しているのです。

 

思考の力の方向性が、真反対なので、
相殺されて、創造が起こらないのです。

 

責任、緊張、プレッシャーを、
さっさと引き受けて、
早くに慣れてしまうこと。

これが、仕事での成功の近道でもあり、
上手な力の使い方なのだと、理解しました。

不器用な人でも、仕事で成功するコツとは1

日曜日は、カウンセリングで所属しております
フラクタル心理学の10周年の記念パーティに
招待されて出かけておりました。
参加者150名の前で、
お仕事のコツを話すことになったのです。

会長のあいさつ

 

今年の冬に、フラクタル心理学の
マスターコース入門を開催したところ、
全国で60名を超える方が参加してくださいました。

 

パーティは楽しかったですが、緊張しましたよ。
150名の前で壇上で話すわけですから、
足が震えて、まぁコントのような事になっておりましたよ。
でも、気づきも多くありました。これは次回、書きます。

 

パーティで、話をさせていただいたのは、
お仕事のコツについてでした。

私自身、そんな器用なタイプではありませんから、
心がけていることは、日頃から、
自分が感動したもの、
「こりゃ凄いぞ!」と、思ったもの。
とにかく、商品そのものの魅力=商品力というのを、
とっても、重要視しています。

 

インターネットで集客する場合は、
伝えて書く能力、写真の見せ方なども
大事でしょうけど、
商品そのものが、魅力的で、画期的で、
効果的なものを扱う。
単純に、これですよ。

 

そして、どうでもいいものを扱わない事。
これも大事です。

 

「どんなものでも、
書く力、伝える力があれば、売れる!」と
豪語する人もいますけど・・・・

アホだなと思います(笑)

どうでもいい商品を、その能力でもって、
売ってしまった時、
信用をなくしてしまう事になるから、
損します。

 

「信用をなくす状況」
そんなものが、
欲しいのでしょうか?

 

どんなに、伝える能力があっても、
商品に魅力がなければ、伝えられた方は、
たまったものではありません。

 

反対に、伝える能力がなかったり、
不器用だったりすれば、
そんなに多くの人が、
知ってくれるわけではありませんが、
もしも、商品力が抜群に良ければ、
やっぱり、売れていくと思うのですね。

 

時間がかかっても、
つい、友達に話してしまう(口コミ)
と思うのですね。

 

そして「売ってくれてありがとう」
「紹介してくれてありがとう」
と、言われますよね。これが信用。

 

皆さんも、
本当に自分が惚れ込んでいるものを扱ってますか?
どうでもいいものを売ってませんか?

 

私は、色んな勧誘を受けます。
ヨガに行っても、
エステに行っても、
百貨店に行っても、
そして、
FBでも個人メールで色々、紹介されますよ。
場数こなしていると、

「何で連絡してくるのか?」

これを、一瞬で見抜く程、
勧誘を受けているのです。

 

そして、買い物が好きだから、
勝手にいい商品があれば、
勧誘されなくても買いますよ。
いいな〜と思ったり、
人間に信用があった時に、買いますね。

 

あなたが扱う商品を、あなた自身が、
本当に惚れ込んでますか?
どうでもいいものを薦めている人が多すぎるのです。

フラクタル心理学みのり

 

成功脳をインストールするMBIPはこちら