瞑想は 有意義な引退の時間

セブ島を旅行してきました。

今回は、彼と行きました。
彼と仕事の話をしたり、観光に出かけたり、
プールで泳いだり、瞑想をしたりと、
とても有意義な時間を過ごせました。

全然TVもつけず、インターネットも全然、見ない生活を
4日間ですね。
(TVのつけかたすら、わからなかったという・・)

時には、こんな、
世間から離れる時間を持つことは必要ですね。
いかに、私達が普段、情報に流されて生きているかわかります。

そして、毎日の瞑想時間というのは、
そんな、忙しい日常から
一時的に引退する時間なのです。
もっと日常的にそんな時間を持ちたいなと思いました。

旅行に行かなくても簡単に作り出せる 
リフレッシュの時間が、
「空」を経験する瞑想です。

このセブ島のホテルは、
のんびりするからというものありますけど、
仕事でのインスピレーションを沢山いただきましたね。

瞑想みのりサイトはこちら

それ スピ系だから・・

今日も ニュースレターに頂いた質問から

ラブマントラのお陰で、
解放が進んで心身が安定し、
いよいよ次の仕事を探そうと
考えております。

 

しかし、普通では得難い
強烈な神秘体験を
してしまったが故に、
また以前みたいに
社会でやっていけるのかが不安です。

 

これまでのキャリアを考えたら、
次の仕事も理系の●●職になると
思いますが、
自分の体験は職場の人や友人に話しても
理解されないだろうなと諦めております。

 

また、私のように科学者系の人で、
先生の元で瞑想されている方は
いらっしゃるのでしょうか。

(みのりコメント)

まず、これは、仕事というものを 
大きく勘違いしてます。

この勘違いがあるから、
仕事が楽しめず、
ストレスをためてしまい、
休める状況(簡単には病気)を、
創り出したとも言えるのです。

 

理系でも科学者系でもないのです。
今、そこで仕事してる訳でもないし、
お給料も貰ってない。これが、
今現在の「ありのままの自分」です。

 

無理やりカテゴリー分けしたならば、
不思議に価値をみいだす
「スピ系」です(笑)

 

どこかで
「凄い精神的な体験をした自分は特別」
と、思っているのです。

 

でも、
会社側は、お給料支払うので、
そんな事、全然どうでも良くて必死です。

 

スピか?スピじゃないか?
なんて・・

 

働く人が、
毛深いか?
色が黒いか?白いか?
背が高いか?低いか?

 

それと同じ程度の、
どうでもいい事なのです。

 

会社で求められていることは、
与えられた仕事をこなして
結果を出せる人かどうか。

 

これが、一番求められているし、
人と仲良く、職場で受け入れてもらう
最低ラインなのですよね。

 

反対の言い方したら、
仕事がちゃんと出来たとしたら、
もっと言えば、
ズバ抜けて出来たとしたら、
神秘体験のような話をしたとしても、
尊敬の眼差しで受け入れてくれるのです。
みんなが、
瞑想を教えて!と言い出しますよ。

大人のあなたは、
大人としての考え方を持ってますし、
理系、科学者系の理論的な
考え方をできる人なのですね。

 

けれども、
同じ心の中の子供の部分が、
不思議な力や見えない力にあこがれて、
それを素晴らしい事だと思ってて、
この子供心のまま、
仕事をしようとするのですね。

 

その方が、楽だし、
自分が何もしなくていいからです。
不思議が仕事をしてくれると思ってるから。

 

でも、その怠け心があると、
かえって、仕事は疲れるし、
うまくいかないです。

 

不思議に憧れる少年に、
仕事を先導させてはいけません。

 

大人のあなたが、
この子供を諭して、
成長させる必要があります。

 

ご自分のお父さんとの関係を、
よく見てみる事をオススメします。

 

お父さんの事を
心の片隅で、見下してると、
(ズバリ!これ、あると思います)

 

あなたが、自分の
不思議に憧れる少年を、
正しい方向に導くことも、
諭すことも出来ません。

 

そうすると、
ほしい結果が得れるかに見えて、
何も得れないのです。

 

瞑想みのり サイトはこちら

バレンタインなので恋の話2018年

今年もやってきました。
バレンタインなので恋の話。

 

「大人になってからの恋愛」
タラ・タントラ瞑想の
鐘が鳴る話ですね。

恋愛成就は、
やっぱりタラが一番ですね。
他にも、
クリシュナなどもいいですけど、
やっぱりタラは、
方向性があるエネルギーなので、
目的や目標がある人には一番適しています。

 

タラは、具現化したい願いを持って、
5つの要素
「空ー風ー火ー水ー地」を
駆け上がっていきます。

 

地の要素にきたときに、
エネルギーが放出されますが、
本当に形になる時は、
自分でも分かります。

 

それも100%具現化することがわかります。
どうかな?とかではなくて、
100%確信としてわかります。

 

実際に、まず、
心の内側に何かが形創られて、
それが、外側の世界に登場しているので、
外側の世界に登場する前の
エネルギーが形になっていく過程
「空ー風ー火ー水ー地」
これを、内側の世界で
見ることになるからですね。

 

私は、よく成就の合図として、
鐘が鳴ります。

 

受講生さんも
よく鐘がなっています。
自分で鳴らすのではないのです。

 

鐘は勝手に鳴り、それが成就の
一つの合図になっているという
ことです。

 

内側で鳴っているのか?
外側で鳴っているのか?
現実の音なのか? 
心の中の音なのか?
空耳か?
何処で鳴っているのか?
本当に鳴っているのか?

 

これは、
瞑想中で目を閉じてるから、
わかりません。
とにかく鐘なり、
汽笛なり、声なり、
大きな音が鳴るのです。

 

夏に、タラタントラで、
恋愛の事をお願いしたら、
鐘が鳴りました。
その鐘が、
また小さい鐘の音でした(笑)
ちょうど、お仏壇の鈴のような感じ。
(普通は、大きな鐘が鳴るのに・・)

 

 

だから
「もうすぐ、私に、いいなと思える男性が
登場するのだな・・」と、思いました。

 

タラの具現化はスピードも特徴的で、
とても早いです。
鐘が鳴ってから、
だいたい2週間から1ヶ月で登場します。
2ヶ月はかかり過ぎです。

 

そんな事で
「今度、私が好きになるのは?
お付き合いするのは?
どんな人だろうか?」と、

 

感慨深い気持ちで、待っていたら・・・
なんと、
全然、出会いが無いのです。
見事に、誰にも出会わないし、
ピンと来ないの(笑)

 

もともと、大人になると、
若い時みたいに出会いはありません。
好きになることも、
なかなか無いですしね。

 

それにしても、
タラの鐘がなってるのに、
出会いが無いので、
さすがにあせりました。

 

「タラ位わかりやすいもので、
出逢えないとしたら?
この先、私は、
どうやって異性に、
出逢えというのだろう?」

 

そんな不安が出てきて、
恐ろしくなってきました。

 

とても悲しく、
孤独になってきて、

 

それが、夏の宿泊瞑想の時に、
不安がピークに達してしまいました。

 

あんまり寂しくなったので、
元カレに、メールして、
久しぶりに、雑談しました。

 

ケンカ別れしてるのに、
何事もないかのような
普通の友達どうしの話をして、
しばらくして、会うことになり、
その後、結局、復縁したのです。

 

「復縁したのはいいけれど、
状況は以前とは変わっているし、
彼は私の事をどう思っているだろうか?」

 

そんな不安はありましたが、
そこは、やはり、
私はタラちゃん瞑想者(笑)

 

相手の気持ち、考えていることは、
その気になれば、
手に取るように分かります。

 

そんな事で、
遊びじゃない訳ね・・
大丈夫だとわかったので、
またおつきあいを再開したのです。

 

鐘の音が小さかったのは、
二度目で、
知っている人だったからですね。
(1回目の時に、鳴ってるわけですし・・)

 

大人になると、若い時みたいに、
頻繁に出会いがあるわけではないです。
そして、誰かを好きになる気持ちも、
減ってきます。
そして、好きになっても
相手にパートナーがいたり、
恋愛の対象外だったりして、
成立しない事も
増えてくるわけですね。

 

独身で、
いいなと思う人に出逢っても、
すごく好きとかではなくて、
「悪くないけど、決め手がない」
こんな感覚が強くなっていきます。

 

だからこそ、大人になるほど、
1つ1つの出逢いを、
大切にしないといけないですね。

 

いいなとか、好きだなと思えば、
簡単にその手を離してはいけないのです。
それだけで、貴重なことだからです。
ここが、20代30代の時とは、
大きく違う恋愛事情ですね。

 

今年も、
皆さんの恋が、成就しますように!
お祈りしております。

 

東京伝授&瞑想会はこちら

大阪伝授&瞑想会はこちら

瞑想みのりサイトはこちら

ブログには掲載できない話や、
日常の話は、ニュースレターで

 

世界は想像以上に優しいものです

今日も 
ニュースレターに頂いた質問からですね。

(頂いたコメント)
瞑想は、とてもいいことは、解っていますが、
上手くできずどうしたらいいのか悩んでます。

 

今、仕事を一人で3個こなして家事をし、
母子家庭のでかい息子二人食べさせていますが、
病気になった母を手伝ってやろうという気持ちもないし、
現実回避したいです。

 

寝る暇なく働き、
その割にはすべて空回りで、上手くいかない。

 

すべての仕事が上手く軌道に乗り、
子供達のお手伝いや支援など、協力しあって、
楽しい家庭にしていきたいです。
男運も悪過ぎなので、
素敵なパートナーが出来るといいなーと思います。
欲張りすぎですかね??

(みのりコメント)

まさかー!
何も手に入ってないのに、
欲張り過ぎの訳がありません。

 

「望むものが、
手に入らない方法を、あえて選ぼうとする」
こちらが問題です。

 

私が、この立場ならば、
まずは、役所に相談に行きますかね。

 

「私、大変なので、
どうしたらいいですか?」
と、まず相談してみますね。

 

仕事の相談でも、
補助金の相談でも、
なんでもいいから、
助けてもらおうとするでしょうね。
だって大変だもの。

 

相談は、人の力を頼ることです。
人を社会を、国を、
信頼してないと頼ることは出来ません。

 

日本の国の素晴らしいところは、
困っている人と、弱者に、
とっても優しいところです。
かなり、まともな国なのです。
そして、役所の人達のなんと、
丁寧で、優しいことか!

 

 

もしも、
そんな風に思えないとしたら、
世界を見ている認識の窓が、
とっても歪んでいて、
曇っていると理解してくださいね。

 

世界が曲がっているのではないです。
自分の認識が歪んでいるので、
曲がって見えるなのです。

 

困っている時に、
「助けてください」と言えるのは、
国を社会を信頼してるからこそ、
出来ることですね。

 

仕事も、一つの仕事を、信頼していたら、
そこに力も時間も思いっきり
かけていくことが出来ますが、
3つあると、どうしても、
その力が分散されてしまいますね。
今の状況では、
少し、大変な気がします。

 

そして、なぜか、周囲には、
頼りになる人がいませんよね。

 

 

「世界は、社会は、国は、職場は、人は、
信頼できない。頼りにならない」

 

こんな曇った窓から、
世界を見ているとしたら、
目に映るモノすべて、
頼りに出来るものがないように見えてきます。
そして、
その状況を創造していきます。

 

夫(いない)、息子、親(病人)
だれも頼りに出来ない状況が起きてきます。

 

瞑想は、
本当に効果があるものを習おうと思えば、
本格的に習われることをオススメします。

 

世界を見る認識の歪みを自然に、
正していくのが、
「空」を経験する瞑想だからです。

 

自己流では、20年−30年かけて達する
「空」の境地にすぐ至り、
一度習えば、それを毎日、
自宅で再現できます。

 

けれども、人を信頼してないと、
「人を頼って習う」という事が出来ないから
自己流ですることになるでしょう。

 

とにかく、まずは、
「世界は頼りにならない」
ここから、
「世界は自分が思っている以上に、
優しいのかもしれない。
包容力があるのかもしれない」

そんな視点で物事を見ていくということです。

 

こういう見方をしていると、
それが世界の中に、見えてくるのです。

 

そうしないと、
包容力のある信頼できる
素敵なパートナーは、
現実の世界には登場してきませんし、
登場しても、今の状態では、
相手が見えないでしょう。

 

まずは、練習のつもりで、
世界の見方を変えてみましょう。
そして、周囲を、
信頼して頼りにしてみましょう。

 

 

今月の瞑想会(大阪・その他)

 

東京の伝授&瞑想会
年間スケジュールをUPしておきます。

 

 

 

お金と仕事の定義は何ですか?

今日もニュースレターに頂いた
コメントからです。

●お金が入ってくるには、
苦労や時間を惜しまないと
入ってこないように感じています。
楽しみながらお金と接していきたい。

MBIPフォローアップ会場です。

●お返事
そうですね・・
私は、ある部分では、
正しいのではないかと思っていますよ。

自分が出した力の量しか、戻ってきません。
お金もエネルギー(力)ですからね。
ここは真理です。

 

もちろん、力のかけ方や時間のかけ方を
工夫することは出来るとは思うのですが、
基本的には、力を出してないのに、
何かを得る。これは、無いと思うのです。

 

まるで毎日遊んで、
稼いでいるかに見える人でも、
毎日ブログを書いて情報発信していたり、
セミナーを動画にして配信していたり、
(効率を考えている)
人が怖くて、お金を出さないようなところに、
投資していたり(自分の分身のお金が、
死んでしまうリスクをとっている)
必ず力を出してます。

 

人や周囲の環境に対して、何か力を出して、
役に立ったことに対して、
エネルギーが循環して、戻ってきている。

 

ここに例外は無いと思います。
少なくとも、私個人的には、
例外を見たことがないのです。

 

たまたま、
宝くじで1億円当たった人とか、
まだ、身近で見たことがないですもの。

 

おそらく、自分が持っている
お金に対する定義が自分に合わないから、
苦しくなっているのです。

 

「お金とは◯◯だ」
「仕事とは◯◯だ」

 

自分の定義で自分が苦しくなっているのです。

 

定義が苦しい時は、
お金や仕事、労働についての
定義を、自分が心地よく、
力を出せるような定義に
変えておくとよいと思います。

 

 

この世界は、
自分の定義通りのことが起きてきます。
そして、定義にないものは、
この世界に見ることが出来ないのです。

 

「お金は苦しまないと得れない」と、
定義しているから、苦しさがつきまとう。
定義通りなのです。

 

 

年末に、私は、とんでもなく、
驚いたことがありました。
驚きまくったことです。

 

それは、周囲の身近な人の中で、
リアル億万長者が数名、
登場したことです。

 

それも1億円とかではなくて、
税金で1億円とか(笑)
本当に登場しちゃったのです。

 

2年ほど前に聴いた、
怪しそうな投資の話に乗った人達でした。

 

私は、この話を、
聴いていたのに「怪しげー」と、
偏見を持って、話を蹴りました。
話を蹴らずに、乗った人達。

 

この差が1億円です。(厳密には3億円)
もうね・・1億円落とした気分ですよ。

 

私の中では、聴いてるのに、
ここに乗れなかったことは、
大失敗なのです。

 

一つ決めたことは、
もうこの先は、
世の中の未知なものに対して、
偏見を持つのをやめよう。

 

情報がすぐ行き渡る世の中です。
ありきたりな話には、
もう魅力なんて、残ってないのです。
怪しい話にしか乗らない事(笑)
ありきたりな話の方が、
貧乏くじなのです。

 

実際にこの話に、乗れた人は、
やっぱり勉強して、熟考していましたよ。
決して馬鹿ではないのです。
世の中の流れをよく見ているのです。
偏見とは、無知から来ます。

 

そして、もう一つ決めたことは、
お金に対する定義を変えたことです。
大きな私の敗因は、
億万長者に対して持っている定義だと
思ったからです。

 

1千万程度の年収であれば、
個人でも、創業者でなくても、
努力して力を出せば、なれると思っています。
こう思っているから、
現実に、周囲にはそんな自営業の方が多いですね。

 

けれども、億万長者と言えば、
私の中では、会社の創業者でないと、
絶対に、無理だと思っていました。
決めつけていたのです。

 

「億万長者は、創業者しかなれない」
こんな自分の中の定義。

 

今回、私は億万長者を、間近に見ましたが、
どの人も、一緒に学んでいた
普通の人達です。

 

だから、本当にびっくりしたのです。
「億万長者とは◯◯」の、
私の中の定義に無いから、
1億円が外の世界に、見えなかったのです。
それで、見送ってしまったのです。

 

そんな事で、
今年はじめにしたことは、
お金の定義の書き換えです。

 

「億万長者は創業者しかなれない」
から、

「億万長者は誰でもなれる」

こちらに変えておきました。

 

自分が、苦しくなる時は、
どんな定義を持っているのか?
この定義を見直してみましょうね。

 

セブ島 瞑想伝授&瞑想会 2月に開催です。

今月の伝授&瞑想会(大阪・その他)

 

 

 

 

 

瞑想みのり出張伝授&瞑想会・アジア・ソウル・フィリピンセブ

アジア各地での伝授&瞑想会はこちらでお知らせします

次回は 韓国 ソウルを予定。

エターナルラブ瞑想
ラブマントラの伝授&瞑想会。

[日時] 2018年 2月21日(水)
13時〜ラブマントラ伝授 
14時〜17時半。 瞑想会 

[受講代金] 54000円 (事前振込みになります)
※今回は ラブマントラでの伝授のみです。
瞑想会だけは受け付けておりません。

[持ち物] 伝授に必要な 花と果物

[会場] セブ マクタン島 

詳しくは、申込みの方にお知らせします。