コップの水を減らすんじゃなくて そのコップが要らない

こんにちは
フラクタル心理学みのりです。

コロナの自粛期間を
振り返ってみて、
何でもいいから
「私はこれをやった!」
と思えた人と
「何をやったかわからない 」
って人では、
大きな格差が出たと思います。

私は、休み期間中、
一連のフラクタル関連のワーク
をしておりました。

すると・・
大きな変化がありましたね。
コロナ自粛明けに、
部署異動を命じられ、
その部署が行ってみたら
パラダイスでした。

新しい部署は、シンプルに仕事
に集中できるのがいいですね。

もちろんその中での課題は
出てくると思いますが、
それも楽しみでしかないです。

異動が決まり職場を離れる段階
で、深層意識である以前の職場
の皆さんは私の過去になります。

まさに、仕事の現場で
起きていたことは、過去の
自分のやり方そのもので
あったな〜と思いました。

今回の出来事で、
フラクタル心理学は、能動的に
自分で世界に仕掛けていき、
創造するというのがよくわかり
ました。

フラクタル心理学以前の心の
お仕事は、瞑想の「空」で変化
を出していく仕事でした。

瞑想の場合は、
世界から引退する感じですね。
その事で、深く休みストレスが取れ、
心の余裕がありますね。

けれども、
何か問題が解決したかに見えて
ただ引退してるだけだから、
人や環境という自分を投影する
鏡が無いから、平安で変化が
起きたかに見えても根本的には
変化してなかったのです。
少なくとも 型(パターン)が
変わってなかったの。

25年以上、瞑想してる私でも
型が瞑想で変えられていない
という現実。
(だから瞑想がダメという
訳ではなく、25年の検証の
結果。型を変えられないのは
私の中では事実となった。
瞑想は他の利点を取れば良い。
それだけ)

(型を変えられない)
その証拠に、
私が遠い過去20年以上前に
自分が民間会社の部署の上司の立場の時に
職場で部下にしていた事を、
今回、職場の上司の人や
一部の先輩がしていました。

自分が過去にしていたことが、
今度は配役を変えて、
される側で返ってきただけ
なのですね(笑)

フラクタル心理学の
講座テキストに
全部かいてある!

「すべては自分、周囲の人は
私そのものでしかありません」

フラクタル心理学の理論では
100%自分。
一元とはそういうことです。

この職場の状況を観て
「この型は自分が創った!要らない!」
といえない限りは、
次の段階にいけなかったのだな
と思います。

瞑想の「空」の「癒やし」
というものが、素晴らしく思えて、
実は単に根本的解決を
遅らせているだけかもしれない。
という事も感じました。

今回の出来事は
「この型を自分で変えることが出来る!」
という大きな体験でした。

「空」を経験する瞑想は、
例えると、
ストレスのコップに
ストレスという水が入っているとして、
その水を減らすことができます。
水が減るから、
まるで変化が起きたかに思えるの。
瞑想って素晴らしいツールだと思えます。
そしてマントラが増えていく(笑)

でもストレスを溜めるコップを
自分が作り出してることは気づいてないし、
物事はどこまでも
相似形という型にしたがって起きてくる。
この事に世界を引退して観ているので、
気づいてないし分析が出来ないのです。

そしてこの型を創っているのは、
6歳までの子供の脳で創っています。
これは感情の脳です。

感情が感性と結びつくことから、
瞑想してる人が
フラクタル心理学を始めると、
自分らしさを捨てるような気がしてしまうの。
これは私もそうでした。

でもフラクタル心理学の場合は、
コップという型を壊していきます。
ストレスという水が減るか増えるか?
そこじゃない!

コップそのものの型が要らない!
だから壊す!こっちです。

これは、大人の脳でしか出来ません。

遅れてもいいから
瞑想の先生達も生徒さん達も、
いつか気づけば良いなと思う。

そして新しいひとつ上の悟りを
目指してほしいなと思います。
瞑想の「空」のその先ですね。

フラクタル心理学マスターコース入門講座
https://www.1satori.com/fractal_master/

大阪

 

お給料を全て使ってしまいます

フラクタル心理学講師みのりです。

今日もメルマガに頂いた質問からいってみよう!

(頂いた質問)
小さい頃、裕福な家庭で育ったためか全然稼いでないのに
お給料を全て使ってしまいます。使う事にまったく抵抗がありません。
兎に角貧乏なのに呑気です。まずいと思ってます。

大阪

(おこたえ)
そうですね。私も同じタイプなので、
この質問には笑ってしまいました。
わかります!欲しい物を買えないとか我慢するの嫌なのよね。

小さい時、自分が裕福だったと
認識出来ている点は素晴らしいなと思います。
記憶が裕福で、裕福っていいものだと、
ちゃんと知ってる事です。
知らないと、未来に、目指せないですからね。

私の場合は、
小さい頃、貧乏だった・・と、
思っていました。
そう思う記憶があったからですね。
母が月末になるとお金の事で深刻な顔をしていた出来事や、
兄がお菓子の明治のカールを
「半分とか4分の1に割って食べると、4倍味が長持ちするよ!」
と教えてくれて、カール1粒をパクっと口に入れてはいけないくらい
我が家は貧乏なんだ!と子供心に思ったのです。

でも・・実際には、
中学から私学に行かせてもらってましたし、
お手伝いさんが3人もいるような家で、
実は・・裕福だったのか!と気づいたのは、
大人になってフラクタル心理学を始めてからなのですね。

「裕福なのに気づかないなんてありえない!」と
不思議に思うかもしれませんが、
過去の記憶というのは曖昧なもので、
数ある記憶の中から、自分にとって、
都合のいい記憶だけを選択して記憶するのです。

貧乏が都合がいい場合は、貧乏の想い出を記憶し、
裕福が都合いい場合は、裕福の想い出を記憶している。
そんな感じですね。記憶は、何らかの意図により、
選択されているのです。
だから私の場合は(貧乏の記憶の方が都合がいいから)
過去の記憶で貧乏を選択していたのです。

あなたの場合は、裕福の記憶を選択しています。
思考が現実化していくので、これは土台となる
大切にしてほしい記憶ですね。

では、反対に、もっと活用すればいいのに、
あなたが都合悪くて、記憶として選択してないのは、
どんな記憶でしょうか?

それは、親が稼ぐ能力がある人だったことです。
とても働き者だったり、着眼点や発想力があったり、
リーダーシップや責任感があることだったりです。

必ずあるので、
この記憶をしっかり引っ張り出してきましょう。
これがあなたの中の潜在能力だからです。
人生の後半でこれを使ってお金を創造していくのです。

「お金を使うことに全く抵抗がない・・」
確かに、ホント使うのって、楽しいもの!
だから、子供の時みたいに、
自分が消費だけをしていたい!と思っているわけですね。

●稼ぐ人、創造する人(子供の時のあなたの親)
●使う人(子供のあなた)

実は・・ホントのところは、全部が自分なのです。

そして、人生の前半にあなたは、
使う人を楽しく、やりました。
人生の後半も使う人をやりたいと思ってますが、
今度は、稼ぐ人、創造する人の方をやります。

そのためには、力を出さないといけない事を、
どこかで、知ってます。
実際に力があるのですから、
両親の中に見ていた稼ぐ力は、
実は自分の潜在能力なのだと理解して、
記憶を引っ張り出してきてくださいね。

成功脳をインストールする
フラクタル心理学MBIP講座 
6月7月の日程。
(大阪・桜ノ宮 / 奈良・学園前 / オンライン)
https://www.1satori.com/mbip/

マスターコース入門講座(奈良 学園前)
7月8月の日程。
https://www.1satori.com/fractal_master/

フラクタル心理学 実らせよう夢のたね
https://www.1satori.com/