舵を取る

今日は頂いた 質問から
※質問 季刊誌を拝読しての質問です。
「ウィズダム・マントラ」の 記事で、

みのりさんは 欲しいものに対して、
「これを手に入れている!」と、
強く声に出して 表現するようにしている。
とおっしゃっていましたこの時、みのりさんの気持ちの中には、 「…そんなこと言ったってどうかなあ~」とか、 「なんか、自分をムリヤリ 励ましてるなあ」というような、カラ元気や かなびっくりの気持ちは 全くないでしょうか? 


ないとしたら、
どうしたらそういう状態に 
気持ちが整うのでしょうか?

また、宣言後は毎日、
どういう気持ちの持ち方をして
過ごされているのでしょうか?

私も声に出して宣言することがありますが、
「ホントにそうなるのかな?」とか、
「なんかムリしてない?」と
いう気持ちがわいてきて、 それを否定して、
力んでまた宣言して…
というパターンになることが多いです。

とても疲れてしまいますので、
みのりさんはどうされているのかと思い、
質問をさせて頂きました。

※お答え
面白い質問ですね。
まず 今現在、質問された方が 
ハートマントラである事、
そして、この記事は ウイズダム・マントラ
について 書いている事。

ここに 大きな 認識の差があるのです。
ハートマントラを使っている人と
ウイズダム・マントラ
使っている人の違いは、
マントラの数だけじゃないのです。

瞑想歴が長くなっている事(時の経過)
そして、年月の経過により、
多くの根深いストレスの解放が起きている事です。

「どうかな?」とか、
「ムリヤリ 自分を励ましてるな~」
これとは 全く違う心境にあります。
現実に やってくる事を知ってるから
口をついて言葉が出てくる。

こちらの方が 近いのです。
口をついて出てきて 「今のは何だ?」 と思う。
けれど 年月が経過したときには 
現実になってる。
これが近いでしょうね。 

「ムリしてる気持ちがある時」
実は これでも有効なんですけどね。
なぜなら ちゃんと 具現化に向かっているからです。

(でもマインド的なの 限定された視野での 願望となりますね)
「叶う夢だから 心に宿る」
これ 私、結構好きな言葉ですね。
叶わない事ならば、想像さえも 不可能なのです。

●宣言後は どんな気持ちの持ち方をして 過ごしているのか?
この質問ですけど・・ 答えは、特に何もないですよ。
ぼっと してますよ。 

けれども 質問された方との 大きな違いがあるとしたら、
「ムリしてお願いした」としても、
ムリしてお願いした事が
現実化する為の小さなステップを
見逃さないであろう事。

ここが 大きく違うと思います。
多くの人が お願いした事が 
そのまま 来ると思ってる。

そもそも ムリしてる気持ちがあるならば、
尚更、小さなステップが 沢山やってきて
それをこなしていたら
大きなステップ(最初 お願いした事)に
つながる事が多いように思いますね。

もっと頭で思考する事から
ハートに降りてきて欲しいと思います。
分からない場合は ただ ハートマントラで 
瞑想してたらいいですからね。

この間、中国に行きました。セミナーを兼ねての
趣味の 研修旅行だったのですけどね。

研修だけど いかに多く学ぶか、
いかに安く行くか、 時間を無駄にしないかなど、
何にも 考えてません。

そんな事 考えて もっと大きなチャンスを
逃したくなんかないのです。

行く前に 「大きな 素晴らしい 出会いがある」
と宣言して行きましたね。
研修旅行で 素晴らしい出会いがある事を
知っていたからです。

それが 私にとっての人生の中での 
研修なんです。

表面上の勉強などは どうでもいいのです。
物事の 表面で見えてる事と 現実は違ってる事なんて 
沢山ありますよ。 この合図を 見逃さない事ですね。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
瞑想みのりサイト&瞑想コント