自分の行きたい方向に連れていってくれるのは自分しかいない

まだまだ暑い日が続きますね。

最近は週3回
手の怪我のリハビリと
フィットネスで大阪に出かけています。

リハビリしても
お鍋が握れないとしたら、
その時は、私は調理師の仕事を
あきらめないといけません。

そうなったら、
働く所を探すよりも、
すべての仕事を引退して、
家賃や生活費がかからない
セブ島で暮らそうかなと
そんな事も考えながら過ごしてます。

長い目でみたら、
無理矢理でも英語が
マスターできるのは
良いことかもしれません。

最近、
同じ状況でイラッとする事が続きました。
玄関先で、カバンの中を
ゴソゴソと鍵を探すのですが、
見つかるのに時間がかかり
イラッとくるというパターンです。

ネガティブに思える感情は、
実は・・
すべては怒りが形を変えたものです。
例えば、悲しいとか、さみしいとか、
怖いとかも、全部、怒りなのです。

「怒ってる」と言うよりも、
「悲しい」「寂しい」「怖い」と言えば、
カワイイと思われたり、
同情されたりするという、
怒りをごまかすために、
表現を変えているだけなのです。

だから、

ポジティブな感情以上に、
怒りの感情を感じたときは、
自分を見る必要がありますね。

この怒りが何で起きているのか?

私の無意識の部分で、
「私のカバンの中の鍵を
誰かが探して私に渡してくれるべきだ!」
「何なら、私が困らないように、
カバンの中をととのえておけ!」

そんな事を思っている自分に気づきました。

本当に子供の時なら、
親だったり、
お手伝いさんだったり、
学校の先生がしてくれた事なのかもしれませんね。
そんな傲慢で怠慢な子供心が、
私の中にまだ残っているので、
怒りが湧くのだな〜と、

大げさに言えば、
自分という存在を、
自分の望む方向に連れて行くことが出来るのは、
自分しかいないのです。
それなのに、
誰かが連れて行ってくれると
(自分の中の一部分が)
勘違いしているから、
鍵がすぐ出てこない事でイラッとしているのですね。
とても大切な気づきでした。

自分の信じ込みというのは、
普段は深層意識の中に、
隠れているのです。
ネガティブな感情がきっかけで、
やっと気づくことが出来ますね。

この事に気づいてから、
鍵の事でイラッとすることはなくなりました。

鍵を探す時に、
「私を望む方向に連れて行くことが
出来るのは私だけだ・・
私が私を望むところに連れて行くからね」と、
自分の子供心に言いながら鍵を探すのです。
小さなカバンの中ですから、
鍵は必ず見つかります。

そして、
カバンの中と世界は相似形。
同じだということ。

自分が探すから鍵が見つかるように・・
自分が望むものを自分の力で取りに行こうとした時、
必ず手に入るという事です。

手に入らない時は
「誰かが持ってきてくれるはずだ」と、
めでたいくらい待ってる時なのです。

あなたが、なにかイラッとする時、
その心の深くで、何を思っていますか?
見て・・変えてみましょうね。

マスターコース入門はこちら
(9月10月・近鉄奈良学園前)
https://www.1satori.com/fractal_master/

家族関係コースはこちら
(近鉄奈良学園前)
https://www.1satori.com/blog/?p=496

成功脳をインストールするMBIP講座
(大阪桜ノ宮)
https://www.1satori.com/mbip/

では、今日もめいっぱい楽しみましょう!

トリリンガルの姪っ子と奈良公園

フラクタル心理学みのり 悟りへの道しるべ