力が戻ってくる瞬間 三浦春馬さんの事

こんにちは
フラクタル心理学講師 のみやまです

昨日は、三浦春馬さんの訃報で、
悲しくて、LDPした話をブログに書きました。

フラクタル心理学は
自分の思考が現実化する100%例外なく。
という視点を変えません。

このニュースも、
私が観ているのですから、
私が創造しているのです。

三浦春馬さんのニュースの中に
私が、見ていたものは
「物事を努力して完璧にこなす。
でもベストを尽くしてダメとわかれば、死を選ぶ」
このような、自分の中の修正するべきニセアダルトでした。
(ニセアダルトというのは、
理性的な大人のふりしているけれど、実は、
子供の感情脳の事です)

ニュースの中なので、
影絵のように拡大されて大げさに映っていますが、
自分の話なのです。

まさに、
フラクタル心理学を始める前、
赤ちゃんの事で悩んでいた時は、
死にたい!死にたいと言ってた!ので、
身に覚えがあり、
過去の自分だとしか言いようがありません。

しかも、この間、
カウンセラーのアドバンステクニックを
東京に受けに行った時も、
沢山ダメ出しされて、
同じパータンが登場していました(笑)

「これだけやってダメなら・・
あっそう!じゃあ死ぬわ!」
って怒りの私の思考パターンなのです。

この点も突っ込みどころが満載で、

「これだけやった」が、
幼い子供の感情脳の反応なので、
つまりは、効率も悪く、言うほどやってない。
ですし(笑)

人と比較している状態での出来栄えを気にしてるから、
二元で物事を観ています。
これだと、比較の対象の「人」を創造している時点で、
そこに多くのエネルギーが使われ、
自分のやるべき創造に力が集中が出来てない状態で、
成果が半減するのです。

本来は、自分の未来や未来の方向性が比べる対象です。
(敵も、比べる対象も自分しかいない状態が正しい)
これが一元の状態。エネルギーが分散しないで
100%創造に使える状態ですね。

この点が、
私の修正すべき思考パターンなのです。
だから、この部分は手放します。

今朝は少し、
同じく三浦春馬さんの訃報のニュースを
違った視点で、見ました。
私は、彼の何が好きだったかと言えば、
俳優としてよりも、
醸し出す雰囲気やエネルギーが大好きでした。
芸能人だけど、擦れてない
誠実で清潔感のあるエネルギーなのですね。
色に例えるならば白です。
他の色に例えようがないのです。

ニュースを悲しく見るというよりは、
彼の中に投影していた誠実さとか、
そこからやってくる清潔さとか、
そういった素敵な質が、自分に戻ってきているんだ・・
そんな風に思いながら清々しい気持ちでニュースを
見ています。

「誰かの死」というのは、
世界に投影して観ていた自分のエネルギーが
自分に戻ってくる事です。

悲しいと思ってニュースを見ている人達は、
彼に観ていたどんな素敵な性質が、
自分に戻ってきてるのか?
そんな風に 自分の中に力を感じてほしいですね。

私は、今日は、
彼の素敵な美しい笑顔を沢山ニュースで観ます。
彼を称賛する人々の話を聴きます。
その力が私に戻ってくる事を感じながら
「帰ってきたね!ようこそ」
と思いながらニュースを観ます。

写真は、春馬さんのイメージで白にしました。

現象のしくみについて知りたい方は
マスターコース入門

白い花のような清潔な人でしたね。