タラ解説(みのり)ビジャ・赤・白

おまたせしました。
タラの私なりの解説を掲載してみますね。

ビジャ・赤タラ・白タラ(半年間コース・東京は1年間コース)

タラは観音様です。このタラ・タントラ瞑想は、
私達が「観音菩薩という存在に なっていく」
この部分が、他のフルフィルメント瞑想の
テクニックとは、大きく違います。

他のテクニックは、
空を経験していくことは同じですが、
マントラがシャクティと呼ばれる
固有の振動をしている為、外側の世界に結果として、
全く異なる効果が出てきます。

タラは、自分自身が「シャクティの化身そのものになる」です。
ここが明らかに、他との違いです。

タラの意味は、
このストレスだらけの世界(サムサーラの河)
を「渡るもの」の意味があり、
私達の小さな制限だらけのマインドを 
変化させて、ハートと繋がり、菩薩のように世界を
渡っていく方法を 沢山、魅せてくれるでしょう。

そのスケールの大きさは 時に私達の小さなマインドや
固定観念を破壊しながら進みますが、
必ず出てくる最初の1歩は、自然の流れに沿った1歩になります。

またタラはシャクティ(動く空)の化身でもあり、
「大いなる自分自身」でもあります。

魂・肉体を超えて シャクティ(動く空)が、
外側の世界に広がっていきます。
そのシャクティの先端には 知性の目があり、何かを探索するかのように
この世界を渡っていきます。

このため、具現化のテクニックとしても知られており、
具現化の力、スピード共に、最強です。

ただ、それさえもタラにおいては、大切なことではなく、
何かを望み シャクティが触手を伸ばし、何かを取りに行く際に、
沢山の 学びがあり、信念体系の崩壊があり、喜びがあり、成長があり、
タラは 手取り足取り、無から何かが 具現化していく、
その過程を 私達に 教えてくれます。

仮に、何か間違ったものを願ったとしても、
私達を軌道修正しながら、諭すように、望む現実を形作っていきます。
だから 何かを望む際に 吟味する必要もないのです。
 あなたの本当の望みを 一番、熟知してるのは、
タラである「大いなる自分自身」だからです。

タラは21の個性を持っています。
ビジャタラは グリーンタラで タラのお母さん。
この中に21の個性の種が詰まっており、種の形として、
彼女を経験し始めます。

1番目の赤タラは、感情・欲望にまつわる根深いストレスを取り除き、
2番目の白タラは 固定観念、信念体系にまつわる根深いストレスを取り除き、
私達をこの地球上において、菩薩(啓発に向かう段階)
として生きることをさせてくれます。

この経験は、難しくなく、ただ、インストラクションに従うことで、
自然に自動的に、こなしていけます。
瞑想するのは私達ではありません。タラが、全てをしてくれます。
(解説 みのり)

ブログには掲載できない話や、日常の話は、
ニュースレター