道の上に3

すでに目の前に魂のしたいことがある場合。
気づかないで すでにやってしまってる場合(*^_^*)

多くの人が何かのお仕事についていますね。
そして「自分の天職はなんだろうか?」と・・
相談にこられます。

たまたま目の前にあった仕事に 乗っかった。
本人が気づかないだけで それが天職って事も、
多いのではないかと思います。
魂が、「何かやり残したことがある」
こんな深い想いを持っている場合は、
瞑想を続けていると、何らかの 衝動が出てきます。
「私は、◯◯したい」そんな衝動です。
永遠の愛の瞑想で経験する「空」には、
物事を完結させていく性質があるので、
こんな気持が出てくるのです。

けれども これさえもカルマ「止まった動きの衝動」なんです。
もちろん完結させる行為がダルマ「自然の流れ」
となりますから、心ゆくまで挑戦したらいいと思います。

仮に、魂が綺麗に磨かれていて、
このような衝動が残ってない場合はどうなるのでしょうか?
その場合は、宇宙がさせたいことをしていく。
つまりは、たまたま 目の前に提示された事に、
乗っかっていく。これでOKなんですよ。

これ悟りの第一歩。
宇宙意識の感覚でもあるんです。
「私」という小さな個の要求や衝動が意味を成さないのです。

凄く好きとか、情熱とかワクワクとかないかもしれない。
たまたま、目にした求人。たまたま採用が決まった仕事。
それでも 宇宙があなたにさせたい事。なんですね。

若いうちは「好きな事」これすら固定しないで、
色んな仕事を経験する事が後々に、糧になるような
気がしますね。

最初から理想の仕事に出会えていたら、
幸せなんだろうけど、比べる対象がないから、
その幸せに気づけない可能性もありますね。

若いうちは「好きな事」これすら固定しないで、
色んな仕事を経験する事が後々に、
糧になるような気がします。

自分の嫌いな仕事にぶち当たっても、
「嫌いだ」と理解することも大切な 
確認作業なのです。

嫌いな仕事に ず〜っと就いている事は、
もしかしたら、その行為が、誰かの天職を
奪っている可能性もあるのです。

そのポジションを退けば、
誰かが喜んで就きたいと思う
ポジションなのかもしれないということ。

だから、
嫌々、仕事してる人や会社を応援しない(笑)
自分の適性をしっかり探す。
これらも、とても大切な事だと思います。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ