ハートVS丹田1

私達は 現実の中に生きている

私達は
現実の中に生きている

 

 

 

 

 

 

去年末、ハートと丹田について書いたので、
今年は続き。
スピリチャルでよく言われる「ハートにしたがう」
これは正しいと思うけれど、これだけじゃ生きてく上では、足りないのを感じてます。

仮に、これが正しければ、もっとスピリチュアルという
ジャンルは社会的に評価されているはずなんですね。

世の中の皆さんが、実践的であれば、
生きてく上で「これは使えるな」と・・評価するからです。

「ハートに従う」これ話す人達の現実を見ると、
たいてい、半年後、1年後、話したことが形に
なっているのかと言えば、潰れていることも多いです。

「じゃあ あの高尚な ハートに従うとやらは、
一体、何だったんだろう?」と、疑問が残るのです。

私なりに思うことは、
ハート(愛)にマインド(思慮深さ)が繋がることを、
「慈愛や英知」と呼ぶならば、

ハート(愛)に丹田(持久力や生存能力)が繋がることを、
「グランディング」と呼んでもいいのではないかなと思ってます。

そして「ハートに従う」
これを現実の世界で体現できてる人たちは、
丹田をおろそかにしてないですね。
丹田にはハートの想いを形にしていく、
持久力が備わっているからです。(つづく)

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ