「空」は飛んだ時に・・見える。

インディ
過去のブログ記事です。
〜〜
この1年に タイトルをつけるとしたら 
間違いなく「飛 翔」です。

「優雅に翼をひろげて天高く舞い上がる姿は 
まるで大天使のようであった」って・・

そんな訳ないよな~
現実は、

「タッタッタッタァー」(小走り)

「えっー!ここ行き止まり?」

「これって、人生崖っぷち?」

「ここから 飛べって・・うっそー」(ばさっ)
みたいな感じ。

映画「インディジョーンズ 最後の聖戦 」その中に 
こんな シーンがあります。

インディが 聖杯を手に入れる為に 洞窟の中へ・・
聖杯を持ち帰らないと、お父さんの命がありません 
聖杯を手に入れる為の 最後の条件が 超難関です。

「ライオンの頭から飛ぶものだけが 
聖杯を受け取る」でした。

崖っぷちに立つインディの眼下は、深い谷底です。

私はこのクライマックスのシーンが、
大好きなんですね。

自分が苦しい時、悩んだ時、
このシーンを想い出します。

結局、インディはライオンの頭から飛び降ります。

神を信じて、何も無い空間へむかって、
足を一歩前へ・・・

「宇宙を信頼しましょう」

こんな言葉を、私が、自分の口を通じて表現する事は、
今までありませんでした。

「宇宙を 信頼しましょう」と 言う前に、 
人間は 宇宙の信頼に 足る事をしているのか?

人間だけが、宇宙の調和(ダルマの流れ)から
一番 離れた所にいるのに・・
と思っていたからです。

だから、私はインディのように、
神を信じて飛んだ訳じゃないです。

道がないから しかたなく飛びました(笑)

けれども宇宙は「これでもか」「これでもか」って位、
飛んだ私を 支えてくれましたね。

「空」は宇宙の自然の流れ100%です 
そして、目に見えない「からっぽ」です。

本当に「空(くう)」は目に見えないのでしょうか?

何も無い空間へむかって、足を一歩前へ踏み出した時、

その空間から神、マスター、宇宙の手が・・
私を支えようと出てきました。

それはまるで、目に見えるような経験でした。

正直 言って・・ 
飛んだ自分が一番びっくりしたよ!

瞑想というのは、宇宙の信頼に足る事を 
少しずつ 積み重ねているようなものです。

という事で、今年は「空(くう)」の底力を 
まざまざと魅せつけられた1年でしたね。

だてに 瞑想を続けてきた訳じゃないなと・・
自分の事も 褒めてやりたかったですね。

人生は映画のようなもの 
インディジョーンズより 面白いですよ!

最近 瞑想始めた人も、すでに長く続けている人も、
「空」は月日・年月を重ねるごとに、
日常の中に定着していきます。 

あなたが今、知っている瞑想の魅力よりも 
もっと違う魅力を、この先、沢山、
みせつけてくれるでしょう。

「これでもか」「これでもか」って位にね。

だから コツコツ瞑想 続けようね~。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
https://www.1satori.com/blog/?cat=13

瞑想みのりサイト&おみくじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です