加速マントラ

加速マントラ それは、歴代マスター達でさえ 使えなかった 宝石

今日は 加速 リジェネレーション マントラ のお話
加速されたマントラシリーズは 「神」のための食べ物 ソーマを 
沢山 生成する マントラになります。

ソーマは、若返りのホルモンで 間脳の 松果体で生成されます。
私達の知覚を 神のように 精妙に 変化させていきます。
このマントラは、歴代のマスター達も 生きていた時、
時代のせいで 秘密に隠されていたので 使えなかったマントラです。

この世界に 創造されたものは、例外なく、創造・維持・破壊 というサイクルを たどって 変化を 続けていきます。

人間も創造(生まれて)維持(成長して)破壊(死んでいく)
そして、その残りもの やり残したことから また同じように 
このサイクルを 繰り返す。

同じようにこの 私達がすむ 宇宙や 地球も例外なく、
創造(うまれて)維持(進化して)破壊(終わり)・・
そして その残りものから また同じような サイクルを 繰り返す。

永遠のものは、それらをうみ出した「空」だけで
そこから、何か創造されていく もう一つの側面は
例外なく 永遠の「変化」を たどっているのです。

地球のサイクルというのは、私達、人間のサイクルからすると
とてつもなく 長い期間で 変化しています。

そのサイクルの中でも、サティユガ・カリユガという 上昇期と下降期があり 
何度も 繰り返しながら 進化していきます。

ユガとは、「時期」のことで、
サティユガの サティ は「真実」
カリユガの カリ は「いつも争いが絶えない」 の意味。

サティユガは 地球がまだ きれいだった時期 太古の昔。
カリユガは 地球が汚染されていった時期。
今現在。 カリユガになると 私達は 自分の本質を忘れて
魂はカルマ(ストレス)を 積み重ねていきます。

この時期は、人々は完全に自分が 魂であったことを 忘れてしまい、
肉体が自分だと 思い込んでしまっています。

そして、何か 外側にある 物質や出来事で 自分が満たされると思っている 
物質至上主義の時期です。

ハートーマントラをはじめとする、ビジャ・マントラに 関しては、
実際に マスター達も生きてる時に 使って、 弟子達に 多くの恩恵を与えた 
マントラでもありますが、 カリユガが進んでいく この地球の流れの中で、
忘れ去られてしまい 結局、1千年以上の間は、 一般には 教えられていませんでした。

それにもまして、加速マントラ シリーズは カリユガに 移行してからは、おそらく一度も 一般の人が 手にできる形で 世界に出たという 形跡がない
幻の マントラです。

仏陀が生きていた時代でさえも もうすでに 隠れて使えない状態であったと 
言われています。

仮に、間違った時期に世の中に このような貴重なマントラが 提供されても

私達の 未発達な意識の状態では、 全く理解する事が できなかったでしょう。
体験としては 「加速」の 名前の通り、 カルマ(ストレス)の 解放が早い。
そして 空のもっと深い領域(サーマヴェーダ)から来ている マントラなので、
私達の心を「空」の深くに 引き込みます。
明らかな 体験の違いがありますね。
そして 沢山のソーマが生成されるので、脳が活発に動いて 松果体から

沢山のソーマが 生成されて 胃にたまっていくのが 体感としても 理解出来ます。
━━━━━━ 編 集 後 記 ━━━━━━
今日は、加速マントラのソーマについて 触れましたが、
人間が 神のような知覚に 変化していくのに 欠かせない ホルモンです。

続けていると 長い年月をかけて 神の知覚を理解していく事が出来ます
簡単には・・・ 人間 と 神の違いは 認識 出来る範囲の差 です。

人間は 具体的で はっきりして はじめて 「わかる」 という。
神は  精妙ではっきりしなくても 「わかる」 という。
加速マントラの 大きな特徴は 私たちの「五感のすべてが 今までとは 変わってくるよ」 です。
よく 「神は すべてを お見通しだ」な~んて 云いますけど・・

あれ 本当だと 思いますよ。 だって人間が 加速マントラ使っても ソーマによって 五感の変化する兆候、 起きちゃうんだから。
表面だけでなく、全部が、聴こえて、見えて、触れて、嗅げて・・
これが 神の知覚 なんでしょうね。
この能力の事を 私たちは 超能力 と呼びますが、
これを ヨギ達は、人間の持っている普通の能力だと
「超普通の能力」と 呼びます。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
https://www.1satori.com/blog/?cat=13

瞑想みのり サイトはこちら