煩悩の炎は「消火」せずに「昇華」しよう

セックス注意報♪ セックス注意報♪
ブログ上でも 発令されました~♪

「ババジ1 マントラ お持ちの皆様は 特にご注意願います」

「強力なシャクティの波に マインドの理解が 追いつかない場合が 
予想されますので くれぐれも間違った定義づけにはご注意ください」

「加速 および 上級マントラお持ちの皆さまには
高波注意報が 発令されました~♪」

「シャクティの量が増して 日常の思考・行動にも
波が影響を及ぼします マインドの定義づけを いまずぐ変えてください」

2016-01-31 12.22.34

 

 

 

 

 

 

 

セックス注意報♪ 何の事かって?

ハートマントラ が 恋愛注意報ならば、
ババジ1は セックス注意報 なのですね。

シャクティとは「空」が動いて現象界に流れていく 
女神の質 創造的な エネルギーの事です。

ハートマントラでは シャクティの流れが、ハート及び
それに付随するナディ(エネルギーのセンター 通り道)
に流れるのに対して、ババジ1は 下半身及び、それに付随する
ナディに働きかけます。

シャクティというのは、ある時点では、 
とてもセクシャルな エネルギーとして感じられます。

けれども それがシャクティの 全容ではありません。
多くの人間のマインドが 

セクシャルなエネルギー = セックス 
しか知らないために、

シャクティの 流れが増してきた時、
マインドは セックスの事を 考えてしまいます。

セクシャルなエネルギーに、 
対するマインドの定義を変えていく必要が、ありますね

実際に シャクティがハートで感じられる時、
とても爽やかな感覚ですし 

頭上や 皮膚からシャワーのように 降り注ぐ時は 
爽快な 愛のシャワーで セックスと 同じエネルギーとは
決して 思えないでしょう。

すべては 流れであり 同じシャクティが通っていく場所や
動かすカルマ(ストレス)や、解放の度合いによって、
形を変えているだけなんです。

その流れ そして その流れによって起きてくる思考が、
たとえ エロ思考だったとしても(笑)
全部 受け入れて 流れに乗って 流していくのが 正しいです。

それを、けがれているとか、イヤラシイとか、 
煩悩やカルマだとか、忌み嫌って、流れを止めようとすると、

下半身に、どんよりエネルギーを とどめてしまいます。

その状態の事を

む っ つ り  ス ケ ベ  

と 言います。

エロ思考、煩悩の炎は「消火」するものではありません。
思考は 表面です もっとその中にある 流れに入っていくと、
力強く流されて カルマを 解放しながら、エロとは全く違ったエネルギーに、
「昇華」されてしまうのです。

もちろんセックスやエロ思考が 悪い訳ではありません。
その思考が異性を求めたり、異性への 思いやりだったり、

人間関係を 調和的にしたり、結婚や 出産に繋がるわけですから。

実際に ババジ1で 瞑想している人から頻繁に聴かれる感想として

彼氏 彼女が出来た。

なぜかモテる ようになった。

結婚が 決まった。

セックスに対する罪悪案が消えて 

愛から 繋がるようになった。

元気で スタミナがついた。
何処にいても 自分の居場所を感じる。

こんな体験談が よく寄せられます。

エロ思考を「消火」せずに「昇華」した 結果なんですよ。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&瞑想コント

瞑想みのりサイトはこちら