瞑想はマインドを左右に曲げて柔軟にきたえる

今日は、
FBグループに頂いた、
プロスペリティマントラへの質問からです。
許可をいただいたので、シェアーします。
女神にもそれぞれに、個性があるのですね。
そこが面白いなーと思いました。

質問:
家に帰ってさっそく
プロスペリティマントラで、瞑想したのですが、
ラクシュミのカメが空っぽでした。。
これはどう解釈するとよいのでしょうか? 

自分なりに考えると、豊かさの意味が、
まだよくわかっていない気はしています。。
(Aさん)

お答え:
ラクシュミは豊かさと繁栄の女神で、
手にしてる壺からは、金貨が出てきます。
その金貨は無限に尽きることがありません。
これが大前提。
「宇宙の法則」と言ってもいいかもしれません。

豊かさは有限ではなく、無尽蔵これが真理であり、
壺には金貨があることが、大前提なのです。

それが空っぽの意味は、
豊かさの意味が分かってないというよりは、
「大前提が崩れていることの中に、
豊かさがあるよ」と、
女神ラクシュミは伝えたいのです。

おそらく、豊かさとは、こうだ。ああだ。
と、自分が決めつけていることがあり、
その決めているところとは、全然違うところにも
豊かさがあるのだと、伝えたいのです。

簡単には、
幅広く物事を観る訓練をさせているのだと思います。
「へぇー面白いなと・・」見てるだけで、
次第に、豊かさの定義や、思い込みが
変化していくと思いますので、
瞑想を楽しんでくださいね。

ラクシュミはよく、遊びます。
おちゃらけるというか、
大真面目ではありません。

そして、
もう一つの意味は、おちゃらけろ!です。

これが出てくるということは、
本来のAさんは、もっと冗談が好きだったり、
ユーモアや茶目っ気がある存在で、
それを本質に持ってるけど、
今は猫をかぶっているというか、
自分ではない(深刻な、真面目な)
仮面をかぶってて、
それをラクシュミは、はずしたいのです。

なので、プロスペリティを使っていると、
笑うことや、冗談めいた事を思うことが
多くなると思います。

それが自分の本質の中に隠れていて、
外側に表現されることが、豊かさだからですね。
そして、今現在の不本意だと思えるお仕事、
間違いなく、頑張りましょう。
このお仕事は、
まるで、からっぽの壺に見えるわけですから。
ここから、豊かさが来ますね。
豊かさを見つけるまでは、辞めないことです。
ちゃんと見つけるでしょう。
(見つけるように認識が変わるのです。
ラクシュミは豊かさの教育係です)

非常にラクシュミの知性を感じる示唆に富んだ
体験ですね。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのり