鍋奉行のつくるトホホな鍋のはなし

セブ島シャングリラホテルのランチのカニ

この間、カニ鍋を食べに行きました。
材料も申し分のない、
最後までサービスをしてくれる
専属の仲居さんもいる店です。

なのに・・・
連れて行ってくれた人が、
仲居さんを制止して、
カニ鍋を作ることになっちまったの!

この方、
フィットネスクラブの会員さんで、
税金だけで毎年、
1億超えの納税をしている会社の創業者です。
「ここはオレに任せろ!鍋奉行じゃぁーー」と、

この気持ちはうれしいですよ。
私に美味しいものを振る舞いたい
という気持ちは、しっかり受け取りました。

でも、鍋がどんどん怪しくなっていき。
一応、私も調理師免許持ってますからね
「つくりましょうか?」
と、声はかけましたけど、
一切、手を出させてもらえず。

卵がドロドロになった、
野菜が沢山、浮いてる雑炊で締め。

(みのり心の声:
まず、雑炊の前は、
野菜は全部引き上げよう!そこに米いれよう。
卵をまわし入れたら、あとは予熱でいこう!
そして、かき混ぜるな)

とにかく、
鍋奉行に完全に仕切られてつくられた鍋が
マズイという、泣きたいような?
笑いたいような?珍しい体験をしてしまった。

とっても感情が動いた出来事でしたけど、
相手は、鏡ですね。

人には、
それぞれ、やるべきことがあるように、
やってはいけないことがあるのだなーと。


人に任せてはいけない事があるように、

人に任せないといけない事があるのです。

人に任せないといけないのに、
任せられない時って、
どんな時でしょう?

周囲の人に 任せないと、
優秀な人が周囲にいつまでも、登場しません。
結局、自分が損します。

心が動いたのは、私が、
人に任せないといけないのに、
任せないで、自分でしてしまってる事が多くある事を、
教えてくれているからですね。

今は、自分がやるべきことに、
集中する時期だということ。 
頑張りますわ!

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
https://www.1satori.com/blog/?cat=13

瞑想みのりサイトはこちら