悟りたければ不思議は捨てよう4

前回の、
悟りたければ不思議は捨てよう3の続きですね。

実際に見て触れることが出来る現実は、
言い方を変えたら、
一番力を注いできた、
なじみのある思考の塊です。

一番深い深層意識が、
表現されたものとなります。
不思議でも何でもなく、
分かりやすいのです。

心の中にあるイメージとか、ビジョン。
これは、まだ目の前に現実として登場していませんから、
まだ、思考が一定量たまっていませんが、
時期が来たら、現実になる可能性はありますね。
でも、まだ不確定であることには変わりないのです。

それらは、自分の目の前の現実の中では、
遠くに映ります。
TVの中や、本の中などですね。
現実度は低いけれど、
現実に近づいてくる未来と、
過ぎていった過去を教えてくれている
そんなふうに捉えています。

この間、
朝、NHKの俳句番組を見ておりました。

「ぼうたん(牡丹)や、咲ききる力、散る力」

こんな句が詠まれて、美しいなーと感銘
を受けました。

今現在、私はとても苦しい状況にいて、
自分が「この道にすすみたい」
「この夢を叶えたい」
こんな道が、いくつかあったのですけど、
全部が行き止まりに見えてしまって、

しかも、
弱いから、誘惑にも負けそうになるし(笑)
道が見えないのに、歩みをすすめないといけないし。

辛いな、苦しいな・・と、
感じる事が多かったです。

そんな時に、この句が登場しました。
TVの中ですから、私の未来ですね。

私は「未来」咲くこと。
普通の花としては、
咲く気がないこと。

咲ききるならば、苦しいけど、
今は上昇していく必要があること。
咲ききるならば、散る力を出すこと。

色んな事を、
未来のビジョンが、教えてくれています。

だから、愛してやまない 
フルフィルメント瞑想
手放すなら今なんだなというのが、
分析からわかりました。

そう思っていたら、ちょうど、
フルフィルメント瞑想の創設者のボブさんが、
新しい提案を持ってきたのです。
だから、全面的に、
乗ってみようかなと思ってます。

私にとって、
命と同じくらいといえば大げさですけど、
まぁ恋人と同じくらいには大事なものですね。

だから、
「持っててもいいじゃない・・」って、
思われる方もいるかもしれませんが、
そういう問題じゃないのです。

手にしたままだったら、
この牡丹の俳句が、
私には、響いてないはずなのです。
手放すから得れる大きな収穫が、
未来に、待っているのですね。

次回は、またこの話をしてみたいです。
「現実ってこうやって出来上がっていくんだ・・」
って、
今、転機の方や瞑想されている皆さんの
何かの参考になる可能性もあると思うからですね。

ではでは・・

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
https://www.1satori.com/blog/?cat=13

瞑想みのりサイトはこちら