今年のマハラクシュミは?

今日は、
ニュースレターの登録時に頂いたコメントから。

 

(頂いたコメント)

みのりさん、ご無沙汰してます。
久々にHP見てみたら、
じぶんがとっても浦島太郎でした。
「マハラクシュミはいつだったかな?」
と思ってのぞいてみたのですが、
見つけられませんでした。
また、瞑想会に参加させていただこうと思います!
ーーーー

お久しぶりです!元気そうで嬉しいです!

今年の瞑想のお祭り
「マハラクシュミ」は、10月末でした。

そして、今年は、瞑想も、
エターナルラブ・プログラムに
内容が変更したので、
開催しなかったのです。

楽しみにしてる人もいるのは、
わかるので、考えたのですけどね。

 

エターナル・ラブの瞑想プログラムは、
結局のところ、
女神(ラクシュミ含めすべての)を超えて、
創造主として生きる。

これがテーマだと思うのです。
だから、私も大好きな、
マハ・ラクシュミでしたけど、
今年は、何かが違うと感じたので、
開催はしなかったの。

 

また、いつか、形を変えて
開催することもあるかもしれません。
これは、私は進化、発展だと思っています。

 

多くの人が、
マハラクシュミが大好きでした。

私も大好きでした。
一番好きな女神をあげたら、
間違いなくラクシュミでした。

 

でも、最近は、創造主というのは、
自分がラクシュミのように、
生きていく事だと感じるようになっていましたし、
皆さんも、そうであってほしいなーと思っています。
そんな事で、開催しなかったのです。

 

新しい瞑想プログラム。
ラブ・マントラや、
タラ・タントラ瞑想を
使い込むほど、
女神というのは、創造主である自分が、
使いこなしていく知性のように感じるのですね。

 

ちょうど、ヴァガヴァッドギータという本の中で、
人間であるアルジュナが、
馬車の手綱を握った、クリシュナの背後にまわり、
クリシュナを使いこなしていくように・・。

 

それが瞑想で起きてくる事。
このお話は、人間に起こる
意識の状態の発達段階のたとえばなしなのです。

 

瞑想会いつでもいらして下さい。
半年間の瞑想会コースも設定してます。

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
年末のアカ落とし年末プージャも掲載してます。

ブログには掲載できない話や、日常の話は、
ニュースレター

瞑想みのり