ブラフマンじゃないよ美化だよ

こんにちは
みのりです。

季刊誌は、意識の状態の話と、
TVニュースの中では、
災害や雨のニュースが多かったので、
ブラフマン(創造主)の視点について
書いてみました。

住所をお聞きしていた方のところには、
季刊誌13号をお送りしております。
(届いてない方は遠慮なく、
お知らせくださいませ。
昔、習った!とかもモチロン送ります)

外を歩くと、
「暑い暑い・・」と、
つい口にしてしまうような毎日ですが、
これも被害者意識なのですね。

このように、
被害者意識って無意識に大量にあります。
被害者意識って、
ブラフマン(創造主)の
真逆の視点だと言えばわかりやすいでしょうか?

自分が創っているのに、
すっかり忘れてしまって、
力の無いふりをする状態の事ですね。

ちなみに、瞑想してる人、
スピリチュアルな人に多いのは、
「自分が地球のエネルギーを整えた」
「戦争や争いが止まって、
平安が訪れているのは、
私が瞑想してるから」
というもの。

これはブラフマン(創造主)
じゃないのです。
「美化」と言います。

「痛い人」とも呼ぶが・・(笑)

ブラフマン(創造主)の視点からすれば、
「瞑想で平和になって良かった」
というならば、
平和になる前の、
「争いや、戦争を創造したのが自分」
という視点が抜けていてはおかしいのです。

見事にこの視点が抜けてしまってるのが、
「美化」です。

美化の場合は
「美しいね」
「優しいね」
「勇敢だね」
と言われるような、
心地よいことだけは、
自分が創り出した!となるけれど、
その前の望まない状況は、
カルマのせい。
世間の誰かのせい。
一歩、ゆずって、
誰のせいでもない。
となる都合の良さがあります。

都合がいいけれど・・
創造の力は、
本来の力の半分しか、
持ち合わせていませんよね。

「美しいね」と言われるためには
「汚いね・ヒドイね」って状況が必要でしょうし、
「優しいね」と言われるためには、
どこかに、助けるべき、
「不幸で困ってる状況や人」が、必要です。
「勇敢だね」と言われるためには、
「恐怖で怯える状況や人」が必要なのです。
それを創り出すくらいならば、

じゃあそれ、最初から両方とも、
創造しないのが一番じゃないの?」
となるはずなのですね。
これが、ブラフマンです。

本来の力の100%
持ち合わせている状況は、
このぜんぜん違う選択肢の状態だけなのです。

エターナルラブ瞑想伝授&瞑想会 
9月は東京・福岡・北海道とまいります。
皆様にお会いできるのを、楽しみにしてます。
https://www.1satori.com/blog/?cat=13

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

今日の瞑想おみくじは・・・