流れている時、何かを決めてはいけないね

今日は急いで答えてあげたい質問があったので、
順番を変えて答えますね。
(頂いた質問)
退職が決まり有給消化で休みが続き身体的、時間的に余裕ができて瞑想が楽しいです。
4月からの家計が心配ですが、辞める事で誰からも責められない、
自分が一番責めてるかもしれないです。
今朝の瞑想、プロスペリティと、赤タラで瞑想しました。
最後30分過ぎてから 金貨を下さい!とリクエストしました。いつもは体感無いのですが、今朝は頭の上、天から砂金の様なサラサラしたのが流れてきました。
また、働かなくちゃ!と思い込んでいますが、 視点を変えた方が良いのか
迷うところです。 アドバイスをお願い致します!

(みのりひとこと)
お仕事お疲れ様です。勤続年数が長い人たちは、この時期なら、金の延べ棒がきてる。
でも金粉なのです。本当に「また働く」ことが、あなたの自然の流れなのだろうかね?
それを得意としてるのだろうか?
今は、とにかく、先に何をするかを決めないで、ただ瞑想して、やりたいことして、
ただただ流れていく。これで過ごしてみましょう。
流れている時は、何かを決めてはいけない時です。
私も、この3月4月とスケジュールをUPしてなかったよ。
今もまだ続いてるよ。フロー。流れる時。
決める事が、流れを止める引っかかりになりますね。
流れ着いてから、自然に何をしたいか?したくないのか?出てくる。
そこに従いましょう。

そして、自分が種をまいてきたところに注目しましょう。
お仕事よりも、子育てですね。だから、子供や夫に頼ろう!
お仕事ならば、次にするなら、精神的な要素が強いはずです。

家計が心配?自分が積み上げてきた、お金にならない労働(家事労働)
これをしっかり認めてないから、これが起きてるよ。
「家事には価値がある」「子育てには価値がある」
これが、深いところからわかれば、違う展開がある。
流れていこう!

暖かくなってきたから、瞑想会 誰でもどうぞ!参加してね!
https://www.1satori.com/blog/?p=5189