本当の善悪を見極める時

(頂いた質問)
こんにちは。先日はラブマントラありがとうございました。
今朝、いつものようにコーヒーをカップで購入して新幹線の中で瞑想していたら、
右手から死んだ虫が出てきました。
慌ててイメージの中でそばにあったコップの中に入れました。
瞑想後、実際のコップを持って新幹線から降りようとしたら、コップを落としてしまい、中身が溢れてしまいました。。
カルマの解消なのでしょうか?
ラブマントラはそれ以外はとても心地よく続けています。

(みのりひとこと)
非常に面白い。示唆に富んでる。瞑想の空(くう)が、いたるところにある、
ラブマントラらしい体験でもありますね。
ある意味、瞑想中なのか?夢なのか?現実か?わからないような体験ですが、
この3つの境界線がない状態が日常に出てくるマントラがラブマントラ
知性も、あなたの知性の発達度や、立場として知っておく必要がある段階を理解して、
この体験を見せている。知性は無駄がないので、わからない人に、
伝えても仕方ないことは伝えないのです。

まず虫はカルマ(ゴミ)の解消ですね。だから、瞑想中に出てきた。なら、そこで完結だから。これで終われば良いだけなのです。(普通の人の瞑想体験ならここで終わります)
でも、この体験は、ここで終わらないところに意味があります。
もっと多くの事に意識を向けないといけない立場だし、
知性を使いこなせる段階だからです。

カルマ(ゴミ)だから終わりでいいのに、
そこでほっておけばいいものに同情する事、
これが後で大変なことになるという示唆ですね。

そして、自分のルールが適用される範囲に気づけ!と伝えてる。
現実のコーヒーカップとイメージの中のコップは同じものです。
これは、自分にとって必要なものの意味ですね。

要約すると、あなたが、必要ないゴミに情けをかけることが、
大切にしたいものを壊す可能性があると伝えたいのです。
「ゴミをいれたカップもゴミでいいよね?」
これが、適用された自分が創ったルールです。

何について伝えているのかは、
状況をよくみてみる必要がありますけど、

情けは無用だし、立場的にも、
同情心みたいなものを減らさないといけないと、
示唆してますね。。
例えば・・社長が、優秀な人の中に、一人だけ情けで人を雇った。
「いいだろ?」と・・その社員が問題起こして、会社が潰れたら?
有能な社員全員が路頭に迷うよね。
自分の「いいだろ?」のルールが、組織全体の死をまねくの。

個人のことであれば、病気の思考も同じですね。
悪細胞を「いいだろ?」と、情けをかけて、体に迎え入れた。
それが蔓延したら、それと戦ってくれる細胞も、自分も死んで、
守るべき家族に迷惑をかける。
全部、自分がつくったルールが適用される。

本当の善悪をしっかり見極める。
「いいわけない!」NOを言う決断を!

瞑想みのり