病気が出ていく時が一番しんどいです

今日は病気と瞑想について。
私たちは 病気の症状が 出てきた時 表面の症状をみて
「病気になった」と 表現をします。

これは マインド側 (小さい自分)の 言い分です。
空 (本当の自分)からすれば、ストレスというものが
どんな形であれ、精妙な領域から 具体的な形として
表現されて出ていくならば「良かったな」で しかないのです。

空側 からすれば 症状が あるって事は 「病気と呼ばれる 
停滞が 今、動き出して終わろうとしてる」
これが 正しいのです。
完結していく最終段階を見ているのが病気なのです。

病気の時は思うように動けなくて大変ですね。
不自由で停滞している状況に、
追い込まれる訳ですから。

瞑想歴も長くなると、幸せで、豊かで、
叡智に触れている事が当たり前。
物事がスムーズに流れて当たり前。
そこに 年月が 積み重なる時、 昔の辛い悲しい出来事も 
印象が無くなりケロリと忘れています。

思うようにいかない物事が、
世の中に 沢山あることすら忘れて生きています。
そんな時に、動きたい気持ちとは裏腹に停滞してしまう 
不自由な出来事が「病気」です。
病気から、病気だけじゃなく、
世の中の辛い事、苦しい事、どうにもならない事、
不自由な事を思いだせるし、人の優しさや、
気づかいに気づけたり、
当たりまえの有り難さに謙虚になれたり、
沢山、得るものがありますね。

京都の永観堂に、阿弥陀如来像があります。
ここの阿弥陀さんは涙を誘います。
阿弥陀さんはマスター(宇宙の理を手中におさめた人の意味)ですから、
宇宙の流れを マスターしてます。

スムーズに 流れていける 存在でありながら
ここの阿弥陀さんは、前を向いていないのです。
後ろを振りかえいるので「みかえり阿弥陀」と 
呼ばれています。 阿弥陀さんのすぐ後ろを 
ついてこれる人の為にみかえるのではありません。
苦しみや悲しみの 中で、
ついてくる事が困難な人の為にみかえるのです。
阿弥陀さんは 仏像という姿を通して 教えてくれている。
止まっている時に 必要な経験も 沢山ありますね。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方も簡単なマントラ教えてますのでどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

 みのり サイトはこちら