ワークを続ける期間の目安は?

こんにちは
フラクタル心理学みのりです。

手の怪我はリハビリ中でまだ治っていませんが、
こんな時期に!
まさかの給食の仕事で昇進(笑)

コロナ&怪我でほとんど働いてないのに
「副主任になってくれ」とは!
びっくりした不思議現象です。

もともと3年以内には、
主任になろうと狙っていたので、
「ハイ喜んで!」と、お返事しておきました。

ワークの効果が出た出た!

昇進の理由は、
1つは怪我の間に、
成功脳MBIP講座のテキストを
見てワークを沢山していました。

フラクタル心理学の多くのワークは、
目に見えない深層意識に働きかけますが、
それは目に見える現実の形で、
結果が出てきます。

言い方を変えると、
ワークをいつまで続けるのか、
期間の目安は、
目に見える形で、結果が出てきた時
(思考が現実化した時)となりますね。
今度は、そこでワークをやめて、
望んだ現実の中で動いていきます。

もう1つは、
資格が活きる職場を
狙って就職しているということです。
狙いが当たったから昇進したとも言えます。

楽しいとか好きかよりも、
「私を必要としてくれる職場」ですね。

これは、恋愛でも同じなのだろうと思います。
私を必要としてくれる人のところに行くという事。
仕事では、これが出来るのに、
恋愛では難しいなぁ(笑)
自分の好きな人にしか興味がないというね。
まぁこれはこれで性格なので仕方ない。

私の中では、ますます面白くなってきた
成功脳をインストールするMBIPなのです。

フラクタル心理学みのり
9月10月のスケジュールをUPしています
https://www.1satori.com/blog/?p=748

フラクタル心理学みのり 
悟りへの道しるべ