自分以外のものが、カルマをつくる事はない

こんにちは
瞑想みのりです。

他にも、
入院中に色々、気づいたことですね。

手術の後は、痛みもあったので、瞑想も沢山しました。
タラタントラと観音マントラ。
沢山の洞察をいただきました。
メスを入れた後だからなのか、
瞑想の中も夢の中も「餓鬼」が沢山出てきました。

夢の中では、私が祭りに行くの。
そこに沢山の少女たちがいて、
それが、全部、凄い血相。
51歳のBBAの私が一番美しく(笑)
嫉妬されるという夢でした。

フラクタル心理学の中には、
「美は力」という言葉がありますが、
あれは本当だと思います。

餓鬼の顔が、みんなみんな、醜かった。
ブサイクもいいところ(笑)
美がどこにも感じられないのが餓鬼でした。
美を目指しておけば、病気は遠のきます。

そして、餓鬼って本当に子供です。
それらは、自分の気にも留めないような
思考が作り出している事もよく分かりました。
この沢山の餓鬼も全部が、私なのです。

だから瞑想の中で言われる
「カルマは誰のものでも無い」と言いながら、
ヒーリングする事は、無意味なのです。

「カルマは自分が作ったんだ。落とし前つける」
こう思ってヒーリングや瞑想するのが正しいのです。
そうしないと、この思考が変わらない限り、
また病気を作り出すからです。

大きくは恨み、ねたみ、そねみ、全部が無意識の、
自分が力を出してないのに人からもらおうとする思考や、
持ってる人を羨む思考の集まりが「餓鬼」なんだなと思いました。

無知、勘違い、視野の狭さから恨みが起きているのです。

餓鬼はどこに住んでいるか?体であれば、
例えるならば、筋腫やポリープの中。
だから良性の場合は、メス入れるのが一番正しいの。
3年前は温存してしまったのがいけなかったなと反省しました。
今回はこれを取りました。

東洋医学は未病にはいいけれど、
筋腫ができたならば、西洋医学のメスが一番。

そして、東洋医学も、
自分の思考を扱わないのなら、もっと意味をなさないです。
未病の考え方を扱う事。
温めるとかも、餓鬼のあったかいベットを作るだけなのですね。

悪性の場合メスを入れると、広がるって話は「餓鬼」って、
もらおうとする執着心が強いから、
ここがダメなら別の臓器からもらおうとする餓鬼の執着心だなと思いました。
(これは私なりの洞察であり、たとえ話すね)

瞑想は、餓鬼の残り物の大掃除にいいなと思ったけど、
カルマは、誰が作ったのでもないといった、
瞑想している自分を美化する考え方は、
私個人、そして、瞑想みのりでも、
採用しないですね。

経験から感じることは、
カルマという言葉をあえて使うとしたら、
自分以外のものが、カルマを作る事はない。これが正しいのです。

瞑想みのり サイトはこちら