「空」のゴールの視点

奈良に引っ越しました。瞑想会は、
14名の方にお集まりいただきました。
楽しかったですね。
また追々体験なども書いていきますね。

奈良瞑想会

今日は「空」を違う視点から話してみますね。

瞑想で「空」を直接経験してる
フルフィルメント瞑想(エターナルラブ瞑想)
の受講生が学ぶフラクタル心理学。
これは、よい組み合わせだと思います。

すでに受講された方が120名超えました。
フラクタル心理学の良い点、足りない点。
フルフィルメント瞑想の良い点、足りない点。

ここをカバーし合えるのが良いなと思います。
この点を、今日は、書いていきたいと思ってます。

入門テキストでは、
「思考が現実化する100%例外なく」と、
言い切ってしまい、
それを証明していくフラクタル心理学。
この点が大好きです。相当な自信がないと言えません。
そして、真理を多く知ってないと、言えないのです。

瞑想は、思考(マインド)を全く扱いません。
瞑想とはそういうものだからそれでいいんだけどね。

私は、思考の本当の意味合いは、
漢字が示すとおり、
「思」う事(想うこと・感性=ハート)と、
「考」える事(=マインド)
この2つだと思ってます。

思考が現実化するの 
本当の意味は、
ハートとマインド、
両方が創造の担い手だと思ってます。

それなのに、瞑想の特性上
考えるという行為を無視し、瞑想から戻った日常でも
同じく考えるという行為を無視して生きようとするのです。
(これは奇妙だ!)

瞑想みのりの受講生さん達に向けては、
結果が出ることをいつも重要視してますので、
ハートだけ扱うことも、
マインドだけを扱うことも両方共、
足りないのです。
両方扱ってこそ、はじめて、
心が喜ぶ創造がしっかり起きるのです。

瞑想で、扱うものは、ハートオンリー。
長年、何で思考を扱わないのだろう?
と、疑問に思ってきましたが、

素晴らしい瞑想であることには、
変わりないですし、
足りない部分は、
フラクタル心理学を取り入れています。

この組み合わせは、
とてもいいですね。
創造主のスタートの視点、
そしてエネルギーの源があるのが
瞑想で経験する「空」です。

フラクタル心理学は現象学に基づいた心理学なので、
「空」をどうやって創造的に扱えばいいかの
答えがありますね。「空」のゴールの視点があります。

そんな事で、
両方共学んでいただきたいですね。
私の中では順路としては、
まずは瞑想でハートと、
しっかりつながること。
ここには、創造の大きな力がありますから、
枠を超えたゴールが設定できますね。
それから、フラクタル心理学になります。

もちろん、この記事は、
瞑想されている皆さんに向けて書いておりますので、
瞑想に興味が無い方はスルーして下さいね。
瞑想を教える私にとっては、
ハートとつながる瞑想→フラクタル心理学
このベストの順路を伝えることは、お仕事ですから!

11月は奈良だけでなく、フラクタル心理学を東京と広島でも教えます。
https://www.1satori.com/blog/?p=7924

大阪現地参加がおすすめです。
誰でも参加できます。
ノートグループあと1名で締め切ります。
https://www.1satori.com/blog/?p=8427

瞑想は月1回奈良で教えています。
くわしくは瞑想みのりサイト