ハラちゃん

今年の初めにソウルで仕事をしたところだったので、
KARAのハラちゃんの自殺はショックでしたし、
韓国と日本の違いを感じましたね。
ソウルに行く前に国の前知識を学ぼうと思って、
youtubeで韓流のダンスとかを、よく見ていました。
若い男性も・女性も過激な衣装とダンスで、
踊って踊って踊りまくるのです。
ソウルに到着すれば、TVではもっと激しいダンス合戦です。

大阪の街

それだけの事をしても、
売れるかどうか分からないし、
あんな激しいダンス。30代ではもう出来ないから、
働く事も早くに引退がきますよね。

国全体の土台が「何かが足りない」
から始まっている国だなと感じました。
国全体が、踊り続けないといけない。倒れるまで・・。
「何かが足りない」は「自分では創造できない」
だから、誰かに、もらい続けないといけない。

ハートよりマインド寄りなのです。
マインド寄りだから、ネットの中傷にしても、
パソコンやスマホの画面全体が、
人生すべてのような間違えをしてしまいます。

日本(人)は、個人差はあるでしょうけど、
もっとハートに入っている感覚がありますね。
ハートから始まるというのは、土台が
「すべては満ちている」ここから始まります。

パソコンやスマホの画面が人生の
全てでもなんでもないことも、知ってます。

そうか!ハラちゃんの死は・・・
私自身が「何かが足りない」から始まる。
行動や、考え、それら、すべてが要らない。
自分で創造できないから、誰かにもらわなくてはいけない。
「私の中のハラちゃんが、死んだ」象徴なのかもしれません。

ハラちゃん!
今度は「すべては満ちていた」ここから始まろう!
「自分ですべて創造できる」ここから始まろう!

わからなくなれば、
私が瞑想の「空」を教えてあげる。
「空」は、すべてが満ちている。
私達の本質そのもの。

瞑想みのり