同じ瞑想体験でも方向性によって意味が違う

同じ瞑想の体験でも、
その人が、未来、どこに向いたいのかによって、
良い体験にもなるし、悪い体験にもなりますね。
そんなプロスペリティ・マントラの体験。

(頂いた質問)
プロスペリティでは、金貨を受け取るところで、
以前には出てこなかった映像が最近続いています。
先日は、ゴールドの糸をたくさん使った着物と草履。
今日は、インド人が頭に巻くターバンと、
高級そうな銀の鍋に入ったカレーでした!
どんな意味があるのでしょうか??

(みのりコメント)
はい。これは方向性が決まった、前回の瞑想体験の続きのアドヴァイスですね。
自分が何か人前に立ち、何かを実現したい時に、注意深くあれと・・
そんな話をしましたが、変えないといけないあなたの癖の一つですね。
自分の好みが、あれも・・これも・・なんですね。

色んなものに興味を持ち、好きになる。全部に感情が揺れるのです。
その結果、楽しいけれど、
大したものはつくれないのです。

私は、こういうタイプの人で、
大きな成功をなす人は見たことがないです。
小さな、ささやかな成功を沢山、得るタイプの人なのです。

だから、自分がどこに行きたいのか? 
「これだ!」と決めたものがあるならば、それ以外は捨てるのです。
私はフルフィルメント瞑想(エターナルラブ瞑想)と
フラクタル心理学以外は興味がありません。
それ以外のものは全部、捨ててますね。
(自分にとっての必要なもの以外は捨てるそれでいいです)

本当に有名人とか、大スター、巷のスターでも、
自分の型があり、そこからほぼ変わらないですね。
ずっと同じものを好きでいて、そこに集中しているのです
(だから、形になっていくのです)

この間、東京の国立で八代亜紀さんに会いました。
凄いスターだなと思いました。
私が子供の時からTVで拝見してますけど、
その時の印象と、同じなのです。

同じ髪型、同じメイク。同じような服装です。
どこからどう見ても、
人様が長年かけていつ見ても、八代亜紀でしかないのです。
これがスターです。

女ならば、髪型も色々変えたい。
メイクも変えたい。服装も変えたい。
それは全部捨てて、
八代亜紀として君臨してるのです。
あなたに足りないものは、こんな覚悟ですね。

瞑想みのり
垢落とし年末プージャ瞑想会(奈良)