ただやるだけなんだけど・・

こんにちは
フラクタル心理学みのりです。
今日は恋愛の質問ですね。うれしいなぁ〜。

(頂いた質問)
昨日久しぶりにリアルな夢を見ました。
夢では父(だと思われる男性)とテレビを見てる時に、
突然首を押さえつけられて、息ができなくなり、
必死で抵抗しています。最後はすごい悲鳴をあげて、
目覚めました。実際に悲鳴をあげていました。

今日は婚活で初めて会う人と約束をしてたのですが、
嫌だな怖いな行くの止めようかな…と思って落ち込みました。
でも結局行ったら、普通の紳士的な男性でした。
最近はずっと父母兄への謝罪と、
父に対する勘違いを取る修正文を毎日読んでいます。
夢も修正をしてる途中なので見たのかなと思いました。
このまま続けていったらよいでしょうか。

(みのり コメント)
うん。修正文、続けてていいですよ。
婚活って、当たり前ですけど結婚するために出会うわけですね。
男女なので、ゆくゆくは、セックスが普通に含まれます。
かなり大きな要素として。
だから単純に早く好きな人を見つけてHする事ですね。

中学生とか、高校生の頃は、セックスというものを知らないから、
どんなものだろう?と頭の中の妄想で恐怖がいっぱいになります。
経験値がない状態だから怖いのですが、
そこに年齢という年月が積み重なると
なおさら、分からないから怖い事という思いがふくらみます。
それが今の状態です。

だから、いちいち男性のすべてが怖いのです。
この怖さというのは、経験するまではずっと怖いのです。

何かが問題なわけでもないし、
解決策も、本当のところは修正文でも瞑想でも
カウンセリングでもないのです。
ただやるだけ(笑)という。それしかないのです。

自分自身に伝えてあげる事があるとしたら、
「誰でも初めてのことは怖くて当たり前だよ。
でも、結婚してる人は誰もが経験してることだよ。
だから出来るよ。大丈夫」
そんな風に自分に向かって伝えて勇気づけてあげることですね。

もう一つの怖い理由が、
人間の持っている(特に自分そして、男性の持っている)

能動的な質を「悪」とか「嫌」とか、
ネガティブな捉え方をしている
部分が大きいのです。攻撃性を嫌わないということです。
攻撃性のポジティブな部分は何だろうか?と、認めて
ひっくり返しておく必要があります。

結婚においては、攻撃性の弱い男性の方が、
要注意なのかもしれません。

善悪は、量の問題ですから、
攻撃性の量が多いと、
暴力、傷つける。死に至るとなります。
だから悪い。嫌。と捉えているのですが、
これを辞めましょう。

攻撃性は、攻めができること。営業が得意とか、
目的を達成するとか、意欲があるとか、
必然的に、収入も高くなります。
(攻撃性がないと、収入が低くなる可能性も・・)

セックスなんて、攻撃性がないと、女も受け身。
男も受け身。何も起こりませんから、
子供なんて出来ないよ。

攻撃性を嫌うこと、
そこから男性の価値を測ることが、
とんでもなく危ないので、今のうちに変えておきましょう。
紳士的と・・あなたが何をみて判断したのか?
攻撃性がないことが紳士的と、
捉えていたりしたら、素敵な男性を見誤りますよ。
本当のところは今はわからないですね。

同じように、自分の中の攻撃性も嫌っているのです。
だから、営業ができない。表現が出来ない。
積極的に攻めていけない。などあるかもしれませんね。
攻撃性の捉え方を変えると、自分の仕事でも使えるはずですよ。

フラクタル心理学マスターコース入門講座

フラクタル心理学みのり 悟りへの道しるべ