本当の目的地

フラクタル心理学みのりです。
今日の写真は、チェブラーシュカじゃないよ。
しいたけのアサリスープ煮だよ!
コロナ禍でお家でのおこもりの日々でございます。

チェブラーシュカじゃないよ。しいたけのあさりスープ煮だよ!

この間、たまたまサワコの朝を見ていたら、
大阿闍梨の塩沼亮潤さんが登場していました。

昔、1300年で2人目の偉業との事で、
TVのニュースで、大峯千日回峰行が終わり、
その後の四無行の満行が話題になっていたので、
「凄い修行があるんだな〜」とは知ってましたが、
その後の事は全く忘れていました。

ただ、以前の仕事柄、
阿闍梨さんやお坊さんが瞑想を受けに来る事が、
何度かあり、皆さんに共通していたのが、
大きな「空」の静寂を持っているという事でした。
修行によるものなのか詳しくはわかりませんが、
内側にパワーを蓄えている事はいえると思います。
これは、普通の人とは明らかに違うもので、
この部分には、興味がありました。

 

面白い事に、大きな「空」を持っているからと言って、
人間的に凄いかどうかは、また別の話なのです。
どちらかというと、
私が、本当に凄いな〜と感じたのは、
普通のサラリーマンとかOLや会社の経営者などで、
大きな「空」の静寂を持って、
普通に生きてる人達の方でしたからね。
社会でバランス良くストレスにさらされることが、
それこそ修行になっているのかもしれませんね。

塩沼亮潤さんのお話は、
修行の時の話が、サラリーマンが聴いても、
面白いのではないかと思うような内容です。

一歩超えると、死に至る。
その限界点で負荷をかける話とか、
仕事していく上でも、感動すると思います。

お母さんのお話も色々と面白く、
小学校の時の同級生のプレゼントの話が、
私は大好きです。

興味があれば、色々、出てますから、
youtubeなど見てね。

 

サワコの朝では、
四無行の時の話の不思議体験で、
世話係が、尋ねる事が話す前に分かって、
尋ねられる前に、答えを言ってしまう。
とお話されていましたが。
これ、ほんと「空」の特徴ですね。

1300年の歴史の中で2人しか達成してない修行ですが、
大阿闍梨になる事が目標ではなくて、
なった後に、故郷に寺を建てる事が目標だったし、
それが、ビジョンの中に見えていた。
そんな話をされていました。

ここからも、
本当の目的地とか、
方向性を決める事が、
大事なんだなと思いました。

 

人は大阿闍梨と呼びますが、
大阿闍梨は、通過地点なので、
塩沼さんは、故郷に帰って、
寺を建てるために、
その地位(称号)を捨てます。

「お前!誰やねん!」って、
ところから、寺を始めています。
そこも、ぶっ飛んでますよね。
人間的にも興味深い人です。

この人の護摩は・・
ちょっと現地へ・・
というか、

仙台は、先々、人が多く訪れる
場所になるのではないでしょうか?
秋保(あきう)と読むのね!
温泉つかってくるわ!

早くコロナ終われ!

フラクタル心理学みのり 実らせよう夢のたね