お得意様を・・誰も止めない

こんにちは
瞑想みのりです!

この間、風邪を引いてしまい。奈良瞑想会の日程が変更しております!
ぜひ いらしてくださいね!
今日も頂いた質問からね!
(頂いた質問)

気になる夢を見ました。
私が寝ていると綺麗な白人のガタイのいい
上半身裸のふたりの男性(何故かホームレス)が来ました。
私の枕元に立つと、私は起きて「見つけてくれて有り難う」
と言って新札の千円を1人ずつに渡しました。
黙って2人は去って行きました。

ラグビーの試合を見て影響を受けたのかとも思いました。
アドバイス頂けると有り難いです。
夢の前に起きた出来事は、
夫が「仕事がしんどかったら、
やめてのんびりしたらいい、俺ももうすぐ、辞めてのんびりする」と
何度も言ってます。

(みのりひとこと)
ホームレスが来たという現象(何もしてない)
ここに「ありがとう」とお金を支払う。
こんな事が日常的に、大好きなのです。

通常はなにかものを買う時、
そこから、
「対価を受け取ろう」と思って買います。
価値があると感じたものにお金を支払います。

この人の場合は、散財そのものが目的です。
散財して(店員さんに)褒めてもらおうとか、
お金のパワーを感じるとか、
対価を受け取ろう!味わおう!がないのです。
一方通行のお金の使い方なのです。

度を越すと、買い物依存症ですね。
お金や仕事の価値とか意味とか、
そこを理解ぜずに、仕事で得たお金を受け取ったり、
出したりしてるのです。

物事を味わったり、
意味を考えたりというのが苦手なのかもしれません。
気づきがあるとしたら、
本当に無一文になった時、
自分やご主人が働いて得たお金の価値が、
理解できるのです。(その時には・・遅いけど)

ご主人の話してる通りなのですね。

イヤイヤ働いてるのが、
わかるからご主人が仕事やめろと話すし、
ご主人の目から見たときに、仕事してお金を稼いでも、
その仕事のストレスを癒すために、
稼いだ以上に使うので、
ならば、最初から働かないでいてくれるのが、
一番家計には助かるのです。

私なら、この状態なら働きません。
働かない方が、お金が残るから(笑)

散財が楽しくて癒しになっていて、
そのための仕事なので、
「変なお金の使い方だな・・」と、
自分が気づくことが大事なのです。

悲しいかな・・買い物依存症の人々の散財を、
あなたが買い物するお店の人々は、
誰も止めてくれません。
解決策も教えません。
「お得意様」と呼ばれていると思います。

でも、その人達がいざという時、
あなたの生活のめんどうを見てくれるわけではありません。
ご主人の話してることをよく聴いてください。
そして、お金を使って安心するだけじゃなくて、
自分のめんどうを自分で見て安心を自分にあげてください。

奈良瞑想会日程がへんこうになりました。
https://www.1satori.com/seminar/#schedule