瞑想での傷ついたインナーチャイルドの癒やし


(頂いた質問)
昨日の夜、瞑想しました。
左右に大きくゆれてるのでなんだろうと思ってたら
ブランコでまた遊んでくれました。
それからとても広くて 瞑想でこんな広さを感じたのははじめてでした。
後、最後 金貨じゃなくて、お菓子を貰いました きゃはは!って言う感じです。
なぜか満足。

(みのりコメント)
う〜ん。これは、
傷ついたインナーチャイルドの癒しです。
女神は傷ついたインナーチャイルドを癒すのは、
得意ですね。よくやりますよ。

ただ、これが、瞑想はじめて、
半年以内の間もない方の体験であれば、
私も笑顔で
「良かったね!素敵な体験しましたね!」
と言ってあげるんだけど・・
瞑想歴が、長くなっているのに、
この体験していたら、喜んでる場合じゃないです。

自分が歪んで世界をみているのです。
全然、成長してないし、
二元から物事を見て「かわいそうな私」というドラマを、
日々、創り出していますね。(それを好んでるから)

そうなると、瞑想で癒しが起きても、
悲劇を次々創り出していくから、
ドラマチックな人生にはなりますけど、
悪い人、怖い人、困った社会。
これを日常的に繰り広げてしまうので、
最終的には、平安を得れないなぁ。

広い空間は、
全然違う世界の見かたを、あなたに教えたいのです。
一元からものを見るという事。ここに移行したいのです。
可愛そうな私がいて、かわいそうにした誰か、
世間や人間がいる世界を捨てないといけない。
これが二元。インナーチャイルドは二元が大好きです。
子供だから自分は遊んいたいし、
傷ついた事は、誰かの責任にしておきたいの。

誰かに、お菓子もらわなくても、
自分でお菓子を自分に与えることが出来て、
人生が甘くて、美味しかったらそれが一元。
これが、大人ですね。

ブランコがなくても、
日々、ゆったりしたリズムに揺れて、人生をのびのび、
楽しめたら、それが一元。どこまでいっても癒しが必要なのは二元。
本当の意味で、子供から大人になろう!

瞑想会は、
お菓子なんて神様にもらわなくても、
自分が生み出せる世界に行くことよ!
マントラ持ってない人も、
瞑想会どんどんいらしてくださいね。
まってます。
東京・大阪・名古屋・北海道・福岡
https://www.1satori.com/blog/?cat=13

瞑想みのりサイトはこちら

創造・維持・破壊・3つの要素から離れた時、真実が存在する

今日は「空」を経験することについて、 
書いてみたいと思います。

エタナールラブ。メディテーションは、
心の最も深い領域を超えた
「空」からはじまる瞑想です。
これが効果の秘密になります。

 

私は、普段、大阪に住んでいますが 
探し物が、東京にある時、
電車に乗って東京に行き、 
そこで探し物をみつけます。
歩いて東京まで 行くことはありません。

理由は簡単です。
歩いていくと時間がかかってしまい、
東京駅に着いた時点で疲れて、
探し物を探しに行くだけの
時間も体力も残っていないでしょう。

また、探し物が
東京にある事が解っているのであれば、
途中の名古屋や静岡で寄り道をして、
そこで探そうとも思いません。

 

努力して探しても、
探し物がある場所が違うなら、
見つける事が出来ないからです。

では・・この探し物が
「心の事」 となると、どうでしょうか?

●一番簡単な方法で 

●目的地に行き 

●探し物をする

人はこの単純な事に、迷い抵抗します。 

 

まず心が探しているものは、
何でしょう?それは「真理」です。 

真理は、変化しないものである
必要があります。

心が途中で変化してしまうものを
真理だと思ってつかんでも、 
心は失望して、また次のものを、
探しに行かなければいけません。

変化するものというのは、
3つの要素を 含んだものです。

 

3つの要素とは、
創造(ある時、生まれて)
維持(それが成長して、進化をたどり)
破壊(やがて、滅び、消滅する)

 

このサイクルを 辿るものです。 

現象界のすべてのものが、
このサイクルから逃れる事は出来ません。

この世界に創造されたものは必ず変化します。 

人、動物、自然、宇宙でさえも、
心がどんな興奮して、
楽しくとらえた出来事であっても、
いつか変化するのです。

 

唯一変化しないものは、 
この創造のすべてを
創造した「空」だけです。

 

だからこそ、この現象界を 
最初に 超える経験が必要なのです。

 

この瞑想の場合
心の乗り物が、プージャによって渡される
ビジャ・マントラ・ヤントラで、

 

心の活動である聴覚、
そして、視覚を通じて、思考の波を
逆にたどって、即数分で、
真理である「空」に辿り着きます。

 

けれども、
真理に辿り着いたら、
そこで時間をかける必要があります。

なぜなら、
心はこれが「真理である」ということを 
初めのうち 理解できません。

 

真理が、
簡単にやってくるとは
思ってもいませんし、

 

心は創造の源である「空」よりも、
そこから、創造された 
何かに捕らわれてフォーカスしてしまう事に、
慣れているからです。

 

また、心は、変化するものに
慣れすぎてしまった為、
変化しないで「ただ存在する」ものに、
慣れていません。 

 

ですから、真実を理解するのには
心が真理に親しみ慣れる必要があるのです。

 

「空」を理解するのに、
少し時間を かけてみて下さいね。

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ

今月の大阪伝授&瞑想会の予定はこちら

 

インナーチャイルドの茶番劇

2016-02-28 10.48.15

今日は、FBグループにいただいた、受講生さんからの、質問です。

瞑想の最後の5分間で、
ラクシュミに贈り物をいただくときの体験です。
(一部、省略)

どれだけ、インナーチャイルドの傷が深いんだ!
あと、どれだけ女神(ラクシュミ)を疑っている、恐れている!

プロスペリティ使うときに、
よいアドバイスがございましたら、教えて下さい。

(みのりコメント)

心理学で有名なゲシュタルトが、面白い事を言ってます。

「人は、物事の欠けているところに、
注目してしまう傾向が、あるのだよ」だってさ!

私は、最近、ゲシュタルトの話を頻繁に、
瞑想会で使います。
これは、瞑想で何か創造をおこしたい人にとっては、
とっても役に立つからです。

穴の空いたストローでシャボン玉吹いても、
シャボン玉は、出来ないのです。

「人間は、欠けている所に焦点を当ててしまう生き物なんだ」
これを前提に、物事を観ていく。

別の言い方をすると、
「人間は、満たされた所には、焦点を合わせない生き物なんだ」
を前提に物事を観ていく。

人間が、こんな事をしてしまうのにも、
理由があるのですけどね。

満たされたところは、
瞑想っぽく、言えば、ダルマなんです。

ダルマは、満たされて、完結してるの。
完結させるべき、課題が もう、何もないかに見える。
だから、意識から消えてしまう。

でも、何かの創造を起こしていく、
流れ(または力)があるのは、ダルマなのです。
これを使わないとね。もったいない。

なので・・これ、
インナーチャイルドが癒えてないではなく、
「癒えてないと・・欲しがり過ぎ」で、問題が起きてるの。

「お菓子欲しいよ〜」と泣く子供に、お母さんが、
「さっき、買ってあげたでしょ!」といい聴かせる光景。
街で、時に見かけませんか?

子供は自分の言い分が、正しいと言いはる。
「どれだけ、もらってないんだ!」と泣きわめく。

でも、それ、本当なのだろうか?

子供の言うことばっかり、
聴いてる親は「馬鹿親」と呼ばれるように、

あなた自身が「どれだけもらってないんだ!」
と、言いはって、譲らない子供を
教育しないといけない時期に来てるのかもしれませんね。

貰えてないのに、瞑想歴、十年って、ありえない。

事実なら、とっとと・・瞑想やめてるはずだもの(笑)

貰えてるから、瞑想を十年も続けてるに、決まってるの。

ならば、「貰えてない」は 
子供のウソ。小芝居。茶番劇なのですよ。

「女神(ラクシュミ)を疑っている、恐れている」

これも子供のウソ。

すでに「女神は友達」
 一番、自分が知っている事、天職になってるじゃない。
こちらが真実。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&瞑想コント

 

「自信がなく、セルフイメージ低い」だから、得することは?

2015-09-29 16.54.51

北イタリアにて

 

 

 

 

今日は、ニュース・レターの登録時に頂いたコメントに、
お答えしていきますね。

「自信がなく、セルフイメージが、低いことに悩んでます」

うーん。これ、とっても不思議なコメントなの。
だって、かなり昔の、瞑想受講生さんなのかな?

私から言えることは、2つ。
1つ目は「瞑想しましょうよ」

実際に、同じ時期に瞑想スタートして続けた人が、
結果、どう変化したか、ご存知でしょうか?
体験談やブログを参考にしてくださいませ。

今現在「瞑想をしてない状況」があるはず。

もしも、瞑想、続けていたならば、
このコメントは、出てこないからです。

でも、言い方を変えると、
「瞑想を続けたくない自分がいた」
ということでもあるのです。

人は、日々、肉体的だけでなく、
精神的にも成長していくのです。

特に精神的に大きなストレスがかかった事や、
傷ついた記憶は、子供のままで、
精神的に止まっています。
「傷ついた内なる子供」と、
呼んでもよいかもしれません。

瞑想すると、
「空」の完結する質に触れることになります。

すると、その中の一部は、癒やされて、
成長して大人として登場するのです。
子供から大人に成長という「完結」が、
起こります。

瞑想はじめた皆さんが、
自分で自分の事を、愛し、はげますことを、
自然に始めていきますよね。

「大丈夫だよー」「なんとかなるさー」
「頑張ってる 私。エライね」
「かわいいねー」
こんなはげまし、勝手に登場しちゃうのです。

痛い自分、未熟な自分を、
瞑想して、大人になって成長してきた自分が、
お迎えに行く時、ここに信頼が生まれます。

幼稚園のお迎えと一緒です(笑)

全部、自分の中で起きてることだから、
これが「自信」まさに、
「自分を信頼する、信じる行為」なのよ。

これが起きないと、
どこまでも 小さな子供が迷う状態。
誰もお迎えが来てくれない、
幼稚園の子供と同じ心境のはず。

まさに、それが、
「自信がない、セルフイメージ上がらない」
この状態の事です。

でも、その状況は、
成長して、自分を迎えに行かない
自分がつくりだしているのです。

そして、またここでも、不思議があるの。

「大人に成長したくない、
自信がないままでいたい。
そんな、自分がいるかもしれない」
ってことです。

だから、2つ目は、

「大人にならない事で、得してる事は何でしょうか?」

「自信がない事やセルフイメージが
低いことで得してる事は何でしょうか?」

別の言い方をすると、

「大人に成長してしまう事で、あなたが、
困ると思い込んでる事って、何でしょう?」

これは、ご自分で気づかないと、5年先も、
10年先も 同じ事を相談してるよ。

だから、今をチャンスと思って、
気づいて、変わってくださいね。

気づきがあれば、また瞑想会 いつでも、
いらしてくださいね。お待ちしております。

瞑想みのりサイトはこちら