瞑想中の心地悪さを歓迎しよう

(頂いた質問)
壮大な人生のマントラで質問です 。瞑想を始めてから、なぜか清々しくスッキリした日と、イライラとムカムカが溢れる日が交互にやってきます(笑) 情緒不安で、どちらが本心なのか、本当の自分なのか、判断がつきません

(みのりひとこと)
壮大な人生のマントラは エゴの質を変えていきます。なので、初期の頃は、イライラ・ムカムカ・人によってはあるでしょうね。
どちらも、自分ですが、偽物の自分(エゴ)と「壮大な本当の自分」と、言ってもいいでしょう。おそらく、最初は苦しい。偽物の自分(エゴ)が壮大な本当の自分と統合しようとしているから。けれども、そのうちに、エゴが抵抗なく壮大な自分と統合されて流れるようになります。すると、人生がスムーズに流れるようになります。だから壮大な人生のマントラ。名前の通り。

瞑想みのり

心を磨いて洗う行為が瞑想

今日は瞑想はじめて間もない方の質問ですね。
(質問)
上手く瞑想が、できていないのではないかと、
何だか心配です。

(お答え)

エゴとは思考を集めて、自分を定義する心です。
なので、エゴは最初、
本当の自分である空を経験するのを、
嫌がります。

空は思考が登場するもっと先ですから、
自分を定義するための材料である、
思考をかき集めることができなくなるからです。

瞑想が出来てないのではないか?と、
心配することで、
エゴは 仕事が出来て、存在価値を得ます。

「疑いせっせと、出来てない原因を探す」
という、仕事ですね。

エゴとマインドは仲良しになり、
いかに、瞑想することが無意味な事かと、
思考するのです。

結果的に、瞑想初心者の多くが、
「空」という、
本当の自分を、見つけたにもかかわらず、
エゴとマインドの言い分を真に受けてしまい、
瞑想を辞めるという選択をするのです。

瞑想は上手く出来ているのです。
ちゃんと作用していますよ。

けれども、瞑想すればするほど、
自分のクセが浮き彫りになりますから、
自分を疑う癖、自分に自信がない人であれば、
瞑想中「出来てないんじゃないか?」そんな、
思考が沢山、出てくるでしょうね。

「私は私を信頼するということが、苦手なんだな・・」
このことには、気づいていてくださいね。

自分を知るということも、
瞑想の一つの役割ですからね。

そして、
この思考を真に受けずに、
瞑想を淡々と続けましょう。

瞑想は、歯磨きや洗顔に似ています。
心を磨いて洗う行為が瞑想だからです。

長い間、生きていたら、
今日の歯磨きや洗顔が上手に出来たか、
どうかなんて、いちいち、悩まないと思います。
悩んで、歯磨きや洗顔を辞めてしまうのが一番、
汚いわけですから。

悩むくらいなら、ただ、淡々と続けている方が
綺麗でいられるわけです。

出来てるかどうかなんて、
正しい方法で続けていたら、
出来てるに決まってるのです。
瞑想は・・簡単なのです。

エゴとマインドが、
悩むという仕事を欲しがったとしても、
淡々と続けるだけなのです。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイトはこちら

瞑想は、今までと真逆の学びに、エゴがビックリする事

2015-12-05 09.34.15

今日もニュース・レターに頂いたコメントから。

会社を早期退職して今、
自分の好きな事をしているのですが、
正直これから、自分が何をしていいのか、
迷ってしまっています。
(大阪 Sさん)

(みのり お返事)

瞑想 始めたのね。おめでとう。

今まで長い人生かけてやってきた、
学びとは、真逆の学びに入るのが
瞑想の「空」の経験なのです。


現象界の反対の世界を経験するので、

そこに存在する「法則」が、
まるっきり、真逆なのです。

ある程度、長く生きてきたら、人生に起きる事
「これをしたらこうなる」って、
日常や仕事の経験上、
マインドで予測がついちゃいますよね。

予測がつくことは、もう充分やってきたのです。

瞑想の「空」はこの予測を、 
大きく裏切ってくれるから、面白いの。

私たちは、「成果や成功」という「結果」が欲しくて、
頑張ったり、行動しますよね。

例えば、
勉強を頑張ったなら・・
いい学校に入学できるよ。

仕事を頑張ったなら・・
お給料が上がるよ。出世するよ。

人に優しくしたら、
人気者になれて、愛されるよ。

そんな学習を積み重ねてきているのです。

これが、現象界の中にある法則。
何かやったことに対して、その結果として、
成果、成功 満足がもらえる。
だから、がんばろう って。

瞑想で経験する「空」はこの真逆なんです。

何もしないでいいよ。
実は、何もしないでも成功していたんだよ。
全部、自分が最初から持っていたんだよ。
という学び。

エゴがビックリする、 
今までとは 真逆の学び。

何をしていいか・・というより、
何もしなくていい。

「何もしないでどうなるか? 様子を見てみましょう」
これが瞑想です。

私が、あなたの状況ならどうするでしょうかね?

まずは、これといった事は、
何も決めないで、瞑想だけします。

その状態で、何か「静寂を伴う衝動」が起きてきたら
それに従います。

その時って、不安にかられて動いてる訳でも、
「しなければならない」の 義務から動いてる訳でもない。

そしたら、それは、自分がやりたい事、
または宇宙がやらせたい事の可能性が高いから。
それから、動き出すかな?

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ

事前に伝授や瞑想会の案内が必要な方、
ニュース・レターの登録はこちら

ハートVS丹田2

愛にはいろんな形がありますよ。 飢えさせない! って強烈な愛だよ。

愛にはいろんな形がありますよ。
飢えさせない!
って強烈な愛だよ。

 

 

 

 

 

 

 

ハートと丹田の話をする時に、
何が分かりやすいかな?と考えて、思いつきました。

映画「風と共に去りぬ」この映画は瞑想的に観ても、
おすすめの、名作だと思います。

第1部の終わり、
主人公のビビアン・リーが演じるスカーレットが、
泥だらけの干からびた大根を掴んで、泣きながら、
神様に誓うシーンがあります。

「私は二度と家族を飢えさせません!」
このシーンは、スカーレットが、
ハートより丹田を選択した瞬間なのです。

ハートは 愛・感性の場所です。
丹田よりも文化的で高尚です。
そして、判断がなく公平で、中立的ですね。
チャクラで言えば、肉体の中心に位置します。

スカーレットは、お嬢様ですね。
ハートで感じられる 美味しい料理や盛り付け、
大根の美味しさを味わう感性も、
それを食する時の文化的な作法も全部、知っている人なんです。

でも、干からびた大根を見た時、ハートよりも丹田を選択したんです。
「飢えさせません!」 
これだって、強烈な、大きな愛に違いないのです。

丹田は ハートよりも チャクラで言えば下にあります。
もっと世俗的で、生存にまつわる生きる力、持久力と関連します。

スカーレットが、丹田の象徴ならば、
メラニーはハートの象徴です。どこまで行っても愛の人ですね。

面白いことに、丹田の象徴スカーレットと ハートの象徴メラニー
どちらに軍配が上がるのか?

スカーレットが 一番欲しくて得れないもの 
「アシュレイ」を、メラニーはすんなり得てしまいます。
ハートに軍配が上がりますね。

寿命の意味では、丹田の象徴。スカーレットに軍配があがります。
丹田だけに、持久力(笑)

この映画、最初は、丹田の象徴スカーレットに
皆さん、目が釘付けになってしまいます。

けれども、繰り返し観ていると、ハートの象徴メラニーに、
瞑想者は、釘付けになります。
「心が美しい」「人の長所だけを、判断なしに見続ける」 
これは、簡単そうで 難しく、非凡だということを理解するからです。

ハートは判断なしに 物事を観ます。善悪の判断を超えているのです。
だから、メラニーは 清く美しい、ハートの人でありながら、
殺人の片棒担ぐわ、泥棒を奨励するわ、この点も とても面白いのです。
これが、正真正銘のハート姿だともいえます。

そして、ハートの象徴メラニーは誰の目から見ても、
素晴らしい人物です。けれども、メラニーだけでは 
この映画は全然、面白くないのです。

ちょうど、私達の生きてる現実世界でも、
ハートが開いて 愛の人が、人間的にはそれだけじゃ 
つまんないのに似ています。

だから、モテる人の代名詞には 
「小悪魔」とか「魔性」「ちょいワル」がついちゃうんです。 
丹田の象徴スカーレットがいて 初めて、この映画が成り立つのです。

丹田は エゴのセンター横隔膜よりも下に位置します。
人間(自分的)よりも、動物的「ちょいワル」なんですよ。
やっぱり、両方、備えてる人は、魅力的なのですよ。

ハートにしたがおうと思って、行動するときでも、苦しいことや困難なことは沢山、起きてきますね。

ハートは、浅い領域では「感じる」という
「感覚の器官」と繋がっていますから、
「いいな」と感じる。けれども、同じく「やだな」も感じますよ。

だからハートの深くに入っていく これが大切。ハートの深くの静寂と繋がる 丹田を育てることは、ハートの深くに碇を下ろしていくようなものです。

するとね・・
「いいな」と感じる「やだな」も感じる。
でも それはそれとして「やりとげる」
大変に感じるときでも「なにクソもう少し がんばるぞ〜」
って持久力が出てくるのです。

こんな人が、瞑想でも日常的な、成し遂げたい事でも
成就していきます。
だから丹田を育てる事は 私は大切だと思ってるの。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ

エゴを尊重する

この間、東京瞑想会の帰り道、気づきがありました。

こちらのブログでも 生徒さんに向けても、
「世間体なんてイザという時、世間が
救ってくれるとは限らないんだから気にするな・・」
なんて話を 私はよくしますけど、

無意識の間に、
自然に、世間体を気にしてる自分がいたな〜と・・。

そして、どうして これが自然に起きるのか?

一つは、今までに親や学校で教えられてきた、
習慣、クセでもあります。
これはこれで、役に立ってきた一面がありますが、
物事の小さい部分しか見えていません。

もう一つは、瞑想者は「空」を持っている時、
360度 パノラマワイドに相手の認識に
入ってしまうのです。

自分がどう思うか?ではなく、
相手は?世間は?どう思うか? 
こちらにすぐシフトしてしまうのです。
この時、軸が自分から 他人の中に移動してるのです。

空とともにあるエゴの場合は、
世間一般で言われているエゴの定義から、
切り離して考えないといけないのです。

エゴ=我欲、自分を満たすだけ。
のように、悪者にされることが多いですが、
ある段階に入ると、このお話も、
何の役にも立たない「アホアホ精神世界常識」
になってしまうな〜って事です。

言葉尻を捉えると、それぞれの認識によって、
全然違う解釈をしてしまいますので、
簡単な言葉を使ってみると、

個から全体にすぐ切り替わってしまうからこそ、
ほんの些細な自分が何を欲しているか?
ここにもっと焦点を合わせる必要があるのです。
忘れがちですけど、大切な事ですね。

そして、この焦点を合わせた小さな自分の欲求は、
多くの人の欲求や 世間、宇宙の欲求とは
決してかけ離れてはいない ってことです。

だから「エゴを尊重する」
これはある時期からは、とても大事な事なのです。

去年から、長らく悩んでいたけれど・・
少し、雪が溶けてきたのかな?
自分を信じて、道なき道を歩いてみよう!

春が待ちどうしいところですね(*^_^*)

エターナルラブ瞑想は、5分も座ってられない瞑想が多い中・・・ 30分でも座っていられる瞑想です。