感情が絡む時 物事を正確に見れない

こんにちは
フラクタル心理学講師 のみやまです

今朝、三浦春馬さんの自殺を知りました。
私はあまり芸能人に夢中にはなりません。
理由は、デートできないから
意味がわからないのです。
アホらしい(笑)

でも・・
三浦春馬さんだけは大好きでしたね。
「14歳の母から」何かと・・見てます。

とにかく、美しいし、何でも出来るし、
何か清潔感・純粋さがあるのです。
とてもストイックな人だったのだろうなと思います。

ご冥福をお祈りします。

仏手柑という果物。千手観音の手のようでお供えに使われます。天国へ!

こんな私でも、朝は、さすがに泣いて、
朝からウイスキー飲んでそのまま寝ました。
感情が絡んでLDPできなかったのです。

お昼からLDPしたら・・
なんと、私が自分の深層を修正したから
このニュースを見た事が分かりました。

フラクタル心理学で話す、
チャイルドというのは、
幾重にも重なる自分の中の感情の脳の部分です。
だから愛らしい部分もあるわけで、
個性や自分らしさを感じるのです。

感情というものが、
人生を彩る反面、
物事を正確に見れなくしているのです。

LDPは、感情を切り離して
物事を見る訓練になりますね。
(随時オンラインで開催してます)

まさか、
大好きな三浦春馬さんが、
私の感情脳の象徴だったとは!
(だから修正が進まなかったのか!
と腑に落ちました)

ノートグループの中でも
今月の大きなテーマになっていたので、
何がが1つ私の中で、
終わったのですね。

LDPはポジティブニュースも
必ず一緒にします。
ポジティブニュースは
藤井聡太さんの最年少棋聖のニュース。

私達の中にも
色んな感情脳の個性(チャイルド)がいます。
愛くるしくて、手放しがたい・・
でも、ダメチャイルドもいれば、
大人のように完璧に物事をこなすかに見える
でも、大人の仮面を被った
ダメチャイルドもいます。

ポジティブニュースで、
藤井聡太さんの中に見たのは、
謙虚で優秀なチャイルドですね。

優秀な子供に
優秀な大人達が頭を下げて、上座を譲る。
こういう事が起きるんだということ。

自分の中の子供心を
こんな優秀にしたいならば、

愛くるしくて、手放しがたい・・
でも、ダメチャイルド。
大人のように完璧に物事をこなすかに見える
でも、大人の仮面を被ったダメチャイルド。
この2つを
「でも・・好きだから」
の感情を絡めずに、
手放す必要がある
とニュースが伝えていますね。

やはり、現実は100%自分がつくっています。

たった一つのニュースから、
自分の中の色んな感情脳(チャイルド)
をみせてもらいました。

もうこのニュースを見ても、
私は、泣かないです。
次に私が、するべきことが、
わかりましたから。

フラクタル心理学 みのり 悟りへのみちしるべ