吉野旅 金峯山寺

 今、会ってみたい人の1人が、
この人です。この記事も面白い。
餓鬼はいるのか?神様仏様は?夢か?幻覚か?
戦国時代の亡霊の話まで出てきます。
心理学的には、すべては自分の投影であるから、
幻になりますね。

金峯山寺

でも、私は、
この記事の何が面白いと思ったかというと、
みえない存在に対して、
私も、似たような事を体験していたので、
その点が、興味深く読ませていただきました。

近鉄特急いいね

神様や精霊に特徴があるとしたら、
クスッと笑えるような(誰も貶めることのない)
冗談が大好きな存在達ですし、

仏様(マスター)も、危険が身に迫る時は、
教えて(助けて)くれますし、

亡霊は、
自分が死んだことを知らないでいる人間です。
だいたい、働いています(笑)
(だから、死んだから働かなくていいよ!
と、誰かが教えてあげないといけませんね)

餓鬼は、数年前に筋腫の手術をした後に、
すごい数の集まりを、瞑想中に見ましたので、
(自分の創り出した)妬み嫉みなどの幼稚なエネルギーが
人格化したものだと個人的には思っています。

腫瘍とか、筋腫の中身は、
何も見えるものはないとしても、
構成要素は餓鬼だと思っています。
だから手術で取るのが、正解です。
心理要因で言えば、恨みや妬み、
努力なしに、誰かにもらおうとする心であり、
対処方法は、これをやめる事。

となります。

でも医学的には、これは、
手術の時に使う薬の副作用らしいですよ。
どれもが正解なのだと思います。

列車の中のラウンジです

修行中は、
熊にも襲われているし、マムシも踏んづけているし、
想像もつかない過酷さなのですね!

このお話の中の塩沼さんが、
若い時に修行していたのが吉野の金峯山寺で、
ここの護摩の会に行きました。

銀河鉄道999みたいなの

護摩が素晴らしかったです。
日本の伝統って素敵だなと思います。
護摩で、尾てい骨に眠る炎のエネルギーと呼ばれる
(クンダリーニ)が自然にあがっていきました。

私は、手の怪我の回復と、
コロナの収束の祈願をしました。
その後、手の調子がとってもいいです。

(護摩焚きの)
炎のエッセンスは、
その都度、人にもよりますが、
この場合は、成就ですね。

身体の中で、クンダリーニ(炎)が上がり、
目の前では、護摩の炎を見て、
TVのニュースでは山火事が鎮火したとありました。

世界には、自分の心が映っていますね。
これがニュースから深層を紐解くLDPです。

フラクタル心理学みのり 実らせよう夢のたね

 

出口はどこに?

こんにちは
フラクタル心理学みのりです。
昨日は寒かったですね。
家でも獣のように厚着してました。
モコモコマフラーをバーゲンで買ったので、
それつけて、
四つん這いで歩いてみたりして(笑)
茶番劇も忘れずに・・遊んでみました。
家から1歩も出る気なしの3連休です。
寒すぎて、蕪蒸しを作りました。

葛粉は体があったまります。

昨日は、今年初のノートグループでした。

参加者の皆さんが、同じくらいの年代で、
仕事を持って働く人達でしたので、
コロナ禍で、
将来的に経済の不安を話す人が多かったです。
そして、投資を始めたいと考えている人もいました。
なので、経済への不安と、
投資について書いてみたいと思います。

もともと、
仕事してる人達だから経済力がある人達なのですね。
私からすれば、何の心配も要らないと思える人達です。

でも、不安に感じる心があるというのが事実ならば、
まずは、対処法を1つ。

不安に感じているのは、感情脳です。
あなたの中の0歳〜6歳までに出来上がる 
子供の脳が、不安だと訴えています。

そして、私達には、
生きていく上で発達させてきた
大人の脳(理性脳)も、もちろんあります。

だから、大人の脳(理性脳)から、
子供の脳(感情脳)に向かって、
不安だ!不安だ!と訴える度に、
「大丈夫だよ。安心してていいよ。
私があなたの面倒見るからね」
と、伝えてあげることですね。

この不安が、起きてくる度に、
何度も、何度も伝えます。
子供の自分と大人の自分の間に
信頼関係を築いた上で行動します。
不安そのものから動くのと、
安心から動くのと
良い結果が得れるのは、
自分を信頼して安心から動くほうです。

そして、
投資で注意することは、
出口から考えることなのですが、
出口から考えている人が誰もいませんでしたね。

20代なら投資は常識として勧めます。
失敗しても、挽回できますからね。

でも40代〜50代では、
投資の出口を迎えることを
考えている時期なのですね。

だから、やらないという決断だったり、
ややこしくない投資を選ぶ。
これが一番大事かなと思ってます。

 

お仕事をお持ちであれば、
投資なんかに、
自分の仕事する時間が奪われないこと。
これが一番のポイントになります。

 

例えば、今、
仮想通貨すごく上がってますね。
でも、私は、しません。
「しないと決めてる」からです。
かなり前に買ったものがありますので、
利確したら終わりです。

ウオレットか、パスワードとか、
世界の市場の真夜中の値動きとか、
この先、おばあちゃんになった時、
ついていける気がしないのが理由です。

同じく、アメリカ株もしません。
英語の壁があり、為替の壁があり、
会社の詳しい内容も読めない。
ここに時間を取ることが
最大の損失だと思うから、
やらないと決めてます。

日本株なら、
80歳になっても出来ますよね。
税金の申告も証券会社がしてくれます。
出口から選んでこれに決まったのです。

もっとシンプルな投資となると、
一番のおすすめは、
宝くじがもらえる信用金庫の定期になります。
https://www.osaka-city-shinkin.co.jp/kojin/yume_fuku/index.html

 

去年も年末ジャンボ 
少額、当たってました。

当たっていた時に
「そりゃ当たるわな・・」と思いました。

 

一昨年は当たりませんでした。
あぁ私の働きが少なかったんだなと思います。

 

世の中には、
お金にもならない事だけど、
誰かが引き受けて、
やってる事ってありますよね。

 

誰かの捨てた
ゴミを拾ってる人とか、
観光案内してる人とか、
家の家事とかもそうですし、
PTAや町内会の役員とか、
介護とかもそうかもしれませんね。

 

こんな、お金にもならない事だけど、
誰かの役に立った事が増えていった時、
知らない間に、
世の中のどこかから戻ってきたりします。

 

宝くじ夢定期は、
自分の中のどれくらい力を
出したかのバロメーターにしてます。

成功脳をインストールするMBIP 
1月と2月はお休みします。
スケジュールは2月に出します。

フラクタル心理学みのり 実らせよう夢のたね

 

 

気をつけよう!目標設定と体重増加

こんにちは
フラクタル心理学みのりです。

新年で、
今年の目標や抱負を考えた方も
いるかもしれませんね。

私も色々、考えていたので、
今日は目標設定で
気をつける事を2つ
書いてみたいと思います。

まず1つは、
自分の本音にふれる。
自分の気持に素直になる。
こんな、
ハートが笑っていることを
目標に設定して、
その自分の気持を
満たしていくように行動する。

これかなと思います。
特に女性は男性以上に
感受性が強いので、大事ですね。

ただし、気持ちは水の要素。
ここに地の要素。
(具体的に固めていく行動)
を加えていくのです。

女性の本音って、
必ず、まわりくどい
長々しい文章にはならないはずです。
シンプルな
「句読点のない想い」
になるはずです。

この気持ちとしっかり
繋がっておきましょう。

 

そんな事で、
私の今年の目標の一番は、
「好きな人と一緒にいたい」です。

 

「えっ?そんなのでいいの?」
って感じですが、
最終的には、頭で考えたことよりも
自分がハートで感じている事が・・
勝ちますよ。

 

人の期待とか、
人から認めてもらえそうな目標とかは、
うっかり知らない間に自分の中に
取り込んでしまっていたりしますので、
要注意です。

東京に行きたいのに、
博多行きの新幹線に飛び乗び乗っちまったくらいの
無駄だらけになりますからね。

 

私もうっかり、
経営者になるとか、創業するとか、
心にもないこと取り込んでおったわい(笑)

仕事は好きです。
でも、経営は一区切りして満足してるのです。

今、続けている海外不動産と
日本株式投資を少しずつ育てていく。
こっちのほうがしっくりきますね。
あとは、民間企業のお仕事を楽しみたいですね。

仕事でのルーティンが、
家事にも役に立ってますので、
「おうちごはん」も極めていきたいので、

有機野菜を使ったベジタリアンの
食事に力を入れていきます。
ほんと美味しいです!

さといもまんじゅう海老とカブラのあんかけ

フラクタル心理学は、

講師としては、
コロナの状況をみながらですが、
ブログを毎月、
自由に書いていきたいですね。

話、戻って・・
もう1つ目標設定で気をつける事は、
自分の深い本音であったとしても、
「怠慢」にまつわるものは、
排除する事です。

これは、まだ20代とか30代の
人生の登りの状態(往路)では、
意味がわからないと思います。

怠慢って、
人生の下り(復路)では、
つけがまわってきます。
思考が現実化するのは、
考えた事そのものではなくて、
エッセンスが現実化していきます。

怠慢のエッセンスは、
往路では、すべてが満たされた胎児の状態
(お母さんがすべてを満たしてくれる)
ここに憧れて戻りたいと願う事ですが、

復路では、同じエッセンスは、
寝たきり、介護(誰かの世話になる・世話をする)
病気になりますから、こちらが現実化していきます。
家族に具現化することもあります。
引きこもりや不登校などは、わかりやすいですね。
「休みたい」「楽したい」という自分の憧れの願望が、
身近な人の姿として具現化してるのです。

日頃から、
「めんどくさい」「まぁいいかぁ〜」
「ラクしたい」「なにもしたくない」
「誰かにやってくれないかな〜」
「疲れた。休もう」
こういう想いが多くて、
口癖になってる人は、
若いうちから未来のために、
芽を摘んでおきましょう。

今日は、ノートグループの
夜は、オンラインのシェアー会と、
お昼は、新年なので、フレンチを楽しんできます!

フラクタル心理学みのり 実らせよう夢のたね

強制的にバージョンアップの1年に

あけましておめでとうございます
今年も実り多き1年でありますように。

年末から年始にかけて、
小さな嬉しい事が続いております。

新年3日に、
姿の美しい車を見ました。
車を見るのは結構好きです。
乗り手の心理が、
うかがい知れる所が面白いのです。

車は、その人に似合ってるかどうかが
一番大事ですね。

この白い車の
持ち主が誰なのかは知りません。
けれども、
美しい赤で有名な車で、あえて白を選んでる。
色じゃなくて、形で(型で)勝負したい人ですね。
そんな持ち主の感性や個性も伝わってきて、
新年に縁起のよい白ヘビを見たような気分になりました。
素敵だな〜と思って写真を撮りました。

そしたら!なんと後ろに、止まっているのが、
車の王様 ロールス・ロイスです。
新年早々、フェラーリ白と
ロールスロイスのツーショットを見るとは!
今年は、良い年になりそうです。

年末にも嬉しいことがありました、
「わぁ〜」って声が出るような
ポジティブニュースをTVでみました。
声をあげたニュースはこちらです。
中国の食べ残し禁止条例。大食い番組も禁止。

 

フラクタル心理学では、ニュースから自分の深層心理を読み解く、
LDPがあります。
(LDPは、2時間のショート講座で大阪桜ノ宮で、
随時開催してます)

子供の時に、よく香港に出かけていたので、
中国人とも食事をした事がありました。

その度に、心を痛めていたのが、
中国人の美徳される「食べ残し」です。
ここに法律が入ったという嬉しいニュースですね。

食べ残しは、中国国民が、
良き事と思っているマナーです。

けれども、
日本人の私から見れば、
誰にも喜びがない悪習なのですね。

食べ物という生命にも・作り手にも・食べ手にも、
誰にも喜びがない事が、たまらなく嫌なのです。
同じ理由から、
大食い番組も、大盛りを提供する飲食店も、
たまらなく嫌でした。

 

これを罰金をつけて強制的にやめていく中国。
中国という国が楽しみになってきましたね。
これを年度末に見たという事も大きいですね。

深層心理として見れば、
私の中の 美徳、良き事として、
疑わないでいた事に、
何か強制的にルールがつくられて、
整えられるのですね。

 

我が家では、
年末28日に炊飯器がぶっ壊れて、
これも食関連ですね。
強制的に、
炊飯器がバージョンアップしたので、
これも良い兆候です。

私の2021年は、
強制的にバージョンアップさせられ、
そこについていく1年になるということ。
がんばります。

今年もよろしくおねがいします。
楽しい年にしていきましょう!

フラクタル心理学みのり 実らせよう夢のたね

母親(父親)は親友

こんにちは
フラクタル心理学みのりです。

今日も・・前回の続きです。

私の大切な人との間で、
現象に見えたものが、

「ただの良い人を、
悪い人と(勘違いしながら)年月を過ごす」
その事で、
闘いを挑む。もしくは、心に葛藤を抱える。

これだったので、
フラクタル心理学に照らし合わせると、
「されたことはしたこと」
「したことが、時間差で返ってくる」
となるので、

私が過去(子供の時に)
ただの良い親を、
悪い親だと(勘違いしながら)
年月を過ごす。
その事で、闘いを挑む。
もしくは、心に葛藤を抱える。

これを、
忘れているだけで、
散々やってきたんだろうな〜
という気づきでした。

(どんだけ 前説、長いねん!)

ノートグループ ランチの一コマ

 

子供の脳の判断基準は、
自分を甘やかしてくれたら「良い人」
自分に厳しく、
自立させようとしたら「悪い人」
このような
とんでもない判断基準ですからね。
ほんと勘違いだらけなのです。

そして、ここから、
子供の脳の反応として、

だったら、
「受け取らないよ」
「口を聴かないよ」
「反抗するよ」
「闘うよ」
こんな行動や心の態度が、
条件反射で起こります。

 

条件反射だから、
自動的に、その後の、
全ての人間関係の中で、
これが多かれ少なかれ発動するわけですね。

この事が、
どれだけ多くの身近な愛を
受け取れないようにしている事か!
本当に大きな損失なのです。

 

罪悪感というのは、
脳がある程度、
発達しないと認識できません。
「悪い」がわからないのです。

 

だから、何度も何度も、
それこそ、
自分の中の子供の脳が発達してくるまで
(悪いがわかって涙が自然に出てくるまで)
修正文を聞く事。
これがコツになります。

私も何度も聴いてますよ。
前回も紹介した動画です。
皆さんもどうぞ!
https://youtu.be/Q-GXiFYrH3U

 

この間、この修正文を聴いたあとに、
色々、考えながら歩いていました。

私にも
仲良しの親友と呼べる人がいます。
「何で親友なのだろう」と考えていました。
私の事を全部、理解してるわけでもないし、
趣味がすべて同じわけでもありません。
考え方が似てる面もあれば、
似てない面もあります。
価値観も同じ部分もあれば、
違う部分もあります。
でも長年、気が合う仲良しです。

親友の共通点はあって、とにかく、
性格がさっぱりした人達で行動的。
これだけは言えます。

どこか自分に似てるから、
色々違っても、
親友になるのだろうなと思うのです。

そんな事を考えていたら、
趣味も同じで、好きな食べ物や
考え方も似てて、
事細かな感性や価値観まで同じで、
性格がさっぱりしてて、
行動的で、理解し合える人がいたら?
それは、一体誰だろう?と?

それは、私にとっては、
母親だったのだなと気づきました。
どんな時に喜びを感じて、
どんな時に悲しいと感じるか、
趣味や感性も共感できる部分ばかり
だったのではないでしょうか?

 

そんな事を思っていたら、
生きてる間に、親友と同じように、
もっと沢山、母親と、
交流出来たらよかったのにと、
泣けてきました。

女同士、旅行したり、
買い物したり、料理したり、
仕事の話をしたり、
色々、楽しめただろうし、
お母さんもそんな時間を、
もっと沢山、
望んでいたかもしれませんね。

(これが男性の場合であれば
父親が親友になると思いますよ)

 

また、
こんな話をすると、
「きっと、みのりさんのご両親が
立派な素敵な方だったからですね。
うちは違います。ひどい親ですから」と・・
こんな解釈の話をされる人が出るのですが、
全然、私の伝えたい事と違います。

心を深く掘れば、「母親(父親)は親友」
だれもがこうなる と伝えたいのです。

(親に似ててない子供を見たことがないでしょ!
自分自身です!)

 

親と親友に
ならないのは、

(子供の時に)
ただの良い親を、
悪い親だと(勘違いしながら)
年月を過ごす。
その事で、闘いを挑む。
もしくは、心に葛藤を抱える。

これが起きてるからですし、

すでに、
身近な愛が受け取れないように
条件反射で「愛を受け取らないよ!」
の脳の反応&行動が発動してるからなのです。
と、伝えたいのです。

詳しく学びたい方は
フラクタル心理学マスターコース
https://www.1satori.com/fractal_master/

フラクタル心理学みのり 実らせよう夢のたね

3日前の晩御飯も覚えてないのに・・

こんにちは
フラクタル心理学みのりです。
今日は、前回の続きです。

修正文をずっと聞いてるからかな?
大切な人に会って話ができました。
(全然、懲りてない みのりちゃん)

大切な人とそのお母ちゃんにオヤツの差し入れ

なんというか、会った翌日も翌々日も、
私のハートが「わぁ〜ん」と暖かくて、
拡がりを感じるのですね。

これは、
私の大切な人の持つパワーでもあるし、
私自身の、人の本質を見抜いたり、
自分に合う人をキャッチする感性ですね。
こういう感性は大切にしたいな。
と・・言いながら、
フラクタル心理学的には、
直接五感じゃないから、
ただの妄想となるので(笑)
不思議話はおいといて・・

前回の続きです。

「ただの良い人を、
悪い人と(勘違いしながら)年月を過ごす」
その事で、
闘いを挑む。もしくは、心に葛藤を抱える。

私の世界に現象として、
これが起きるならば、
こんな事を、
私が(過去幼少期に)
大切な人に対して、
きっと同じ事をしてきたんだろうな・・
という気づき。

幼少期の大切な人は、
誰にとっても「親」です。
つまりは、ただの良い親を、
悪い親だと(勘違いしながら)
年月を過ごす。
その事で、闘いを挑む。
もしくは、心に葛藤を抱える。

 

これは子供の脳の反応で、
6歳までに形成されます。
ということは、この反応を
自動操縦で、40〜50年も
続けているので、
現実に(思考が積み重なり)
大切な人との人間関係の中で、
現象化してくるのですね。

必ず「何かをされた・・」と、
感じるならば、
それは先に自分がやっている事なのに、
すっかり私達はやったことを忘れているのです。

3日前の晩御飯、
何を食べたか覚えてない人が、
子供の時に自分が親にしたことなんて、
覚えているわけがありません(笑)

だからここは、現象にあるならば、
「忘れているだけでしている」
「自分が過去にやってきたんだ!」 
それを認めて、自分自身を修正する。
この作業が必要になります。

 

修正と言うからには、
何かを正さないといけません。

正すためには、
「自分が間違えている」という 
素直な姿勢で行わないといけませんね。

修正文を読んでいるのに効果がないという人は、
どこかで、
「私が正しいはずなのに!」と
思いならが修正文を聴いてしまっているのです。

自分の方が親よりも視野が狭く、
未熟で間違っていたんだ!
と、表層だけでなく、
深層意識でも理解しながら聴けるかどうか、
これが修正文のコツになります。

ちょうどノートグループの中で、
この動画がいいよと、
おすすめしたものがありました。

こちらの動画は、
タイトルとは違って、
日中韓の闘いやら償いの
表面的な話ではないのです。
本当に奥が深い修正文ですね。

最近は、音声ファイルにして
平日、毎日聴いてます。
親子、恋愛、人間関係全般に
大きな効果があります。
(時間がない方は、3分15秒あたりから)
https://youtu.be/Q-GXiFYrH3U

 

人の考える事や、
行動パターンって、
そんなに大きく違いがないと思うのです。
だから、この動画は誰にでも有効です。
まずは、親にあやまるところから始めましょう。
また長くなったので続きは次回ね。

 

フラクタル心理学みのり 実らせよう夢のたね

新年2日は、
帝国ホテル会員制ラウンジでお茶会があります。
無料です。おひまな方は、お茶しましょう!
(お酒も日本酒ならあります)