親父 ぱーと2

こんにちは
フラクタル心理学みのりです。

この間の100円レストランの親父のLDP
私の中では大きな転機になったように思います。
何かの重圧が取れました。

気になるニュースは、
逃げずに自分の事として、
見ないといけませんね。

以前のLDP「鮭の遡上」では、
はっきりと
「今、株を買ってはいけない!
手放せ!」と出ています。

でも・・LDPを軽くみて、
まだいけると思った
欲深いカモちゃん(笑)

利益確定の後に
同じ銘柄にエントリーして、
今、一部 塩漬け状態でシバかれてます(笑)

 

この出来事から、
LDPが伝えることは、
「ちゃんと聞こう」と・・
痛いほどに身にしみて感じております。

 

それで言うと、
100円レストランの親父では、
「仕事と趣味を明確に分けろ」
と伝えているので、
私の中では、フラクタル心理学は、
大好きですが、趣味として、
すこ〜し脇に置くことにしました。

 

私にとっての
インターネットの自営業の仕事とは、
年収レベルで1千万以上目指せる
規模のものでないと、
成り立たないと思っています。
ちゃんと税務署に届けを出して、
納税をしているものが仕事と定義してます。
そうしないと、
法人を設立してる人達や、
ちゃんと届けを出して
仕事をしている人達の迷惑になるのですね。

そこを目指せないならば、
民間企業に勤めるサラリーマンの方が
社会貢献度が高いなと本気で思っているのです。

となると、
私の仕事は、今現在は、
民間企業の仕事と
不動産や日本株の
投資の利益や配当になります。
ここに集中せよ!ということです。

ポジティブニュースには、
トヨタの水素自動車をあげました。

トヨタが10年後に
石油から撤退する事を目標としてるように、
ちょうど10年後に
私も、仕事から撤退するのではないかと思います。

その時でもフラクタル心理学と瞑想は、
趣味として、相変わらず続けていると思いますよ。

 

こちらのブログも閉鎖しようかと思い、
この間、過去ログを読み返していたら・・
まぁとっても面白いので、
続けることにしました。
(どんだけナルシストやねん!)

自分が過去に書いたブログに、
沢山勇気づけられました。
特に瞑想の時の不思議話や
瞑想で登場する
夢の知性も受講生さんの体験も全部、
後々、形になってますね。
だから瞑想って「空」って。
凄いなと、うっとりするのです。

ここ数年は、心理学に移行したので、
どこかで、私も窮屈だったのですね。
もともと、
息を吸って吐くように、
内側の見えない世界、
不思議な世界を扱うのが、
私にとっての天職であり自然な事でした。

今でも、
神様や、マスターも存在しないのではなくて、
固有の個性を持って存在していると思ってます。
なんなら、話もできますが(笑)

これは、私にとっての自然なことですが、
心理学に入ると、それらすべて、
空想、妄想の世界になりますから、
何かがしんどくなるのですね。

趣味となれば、
また伸び伸び書けるような気がします。

LDPは、
毎月、第1土曜日の14時から
大阪・桜の宮で開催してます。
https://www.1satori.com/mini_seminar/#ldp

フラクタル心理学みのり 悟りへの道しるべ

100円レストランの親父

こんにちは
フラクタル心理学みのりです。

奈良の大好きなお店。拓。

今日は、フラクタル心理学のLDPの話です。
この間、たまたまTVをつけた時に
見た番組が気になったので、
フラクタル心理学のLDPで分析してみました。

LDPは、
気になるニュースから
自分の深層を読み解くのに便利です。
感情が動く現象やニュースはすべて、
自分の深層意識が映っているからです。
だれでも学べますよ。

ニュース(番組)の内容は、
すべての料理を100円で提供するレストランの親父の話。
お客さんが「ありがとう」と言ってくれることが、
なによりも嬉しいと満面の笑顔の親父。
10円20円の利益はあるらしく、
この売上のお金を親父は15年間ためている。

 

奥さんが仕事をしながらお店を支えた。
奥さんは100円提供を「ばかみたい」と思ってて、
辞めて欲しいと悲しそうな顔をしている。

 

そして、番組の中では、
貯めたお金で親父がブランドの
ネックレスを奥さんにプレゼント。
ただ、奥さんの首が太くて、
ネックレスが犬の首輪みたいに首にまとわりつき、
「本当にこれでいいのだろうか?」
と疑問にに思える。
しかも奥さんは
「このブランドが好きなのだろうか?」と、
これまた疑問に思える。

私からするとシルバー素材で
人気の高校生の憧れのブランドに思えたが、
60歳代なら、せめてゴールドか
プラチナがいいんじゃないだろうか?

 

親父が奥さんに抱きついて
「また来世も奥さんを嫁さんにしたい」と感謝を伝える。
でも奥さんは苦笑い。
こんな内容の番組でした。

LDPでは、
気になるニュースの登場人物すべてが自分のやり方です。
自分じゃないものは世界に映らないからです。
しかも、特に味方しないほうが、自分のやり方です。
影絵のように、大げさに大きく映っていると思ってください。

この親父は働いてないわけじゃない。
レストランをする腕もあるし、
力は出してるが、親父が100円と設定を決めた。
そのために、対価が受け取れてない。
お金より、ありがとうの言葉を選んでいる。

ここから分かるのは、
私の中のなにかの設定間違いがある。
(おそらく仕事のこと)
それを、設定し直す必要性があるところがある。

この歪みを引き受けてるのが奥さん。
ここからわかるのは、なにか私が決めたことで、
それが(満面笑顔の親父のように)
嬉しいと思えることであっても、

私の中の女の部分もしくは、
感性の部分は、しんどくなってる。

ただ、奥さんが本音をしっかり伝えてない。
ここも問題。
なにがほしいのか?なにが欲しくないのか?
伝える事が課題ではあります。

では奥さんは、なぜ言えないのか?
どこかで、親父の力(私の中の男性性)を
信頼していないのかもしれない。

信頼しないことで、
自分が上になろうとしてるのかもしれない。
(私が食わせてやっているのよ!
凄いでしょ!と言いたいために親父にダメでいてほしい)

こんな傾向が私の中にもあるよという意味になります。

 

もう1つは、
この親父、お客さんにありがとうの言葉をもらうのは、
これ自己満足。ボランティア。
奥さんのためでも、社会や国のためでもない、
安すぎて税金も考慮してないと思う。

あとは、親父が、
全然、奥さんの気持ちを理解してない。
勝手に自分の欲しいものを奥さんにあげているだけ。
なにが欲しいのか相手に聞いて、
欲しい物をあげる必要がある。
これは、私の中の理性と感性がコミュニケーション
取れてない部分がある事を示している。

私が、何を、仕事と定義しているか、
やはり自分が自分の持っている技術や力を差し出して、
その対価として、ちゃんとお金をもらい。
それが家族の幸せを創るし、
社会にもまわっていくこと。
それが仕事の定義だと思う。
誰にも力がまわっていかないことは 
おままごと(趣味や道楽)でしかない。

でも、私の中の一部は、
このおままごと(趣味や道楽)が好きなのでしょうね。
それを、仕事と勘違いしているので、
仕事と趣味を明確に分けないといけないと、
ニュースが伝えている。

100円レストランの親父
トンデモナイと思っていたら、
やっぱり、自分だったわ!

フラクタルあるある。
とんでもない奴、すべて自分(笑)

今、現在「私の仕事とは何か?」と言われたら、
明らかに税金を沢山、収めている
投資と民間企業の仕事ですね。
このLDPで、
自分の方向性がしっかり決まりました。

仕事じゃないものを
仕事と思うからややこしくなるのです。

LDPは必ず、ネガティブニュースと同時に、
ポジティブニュースも見ます。
ポジティブニュースに選んだのは、
豊田が水素自動車を売り出す。
2030年にはガソリンから撤退。
すごい!

このニュースの何が気に入ってるか、
電気自動車ならば、
あまり驚かなかったと思うけど、
水素とは、予想外の展開。
「そう来たか!」
という、驚きですね。

豊田みたいに、
予想外の動きしてみましょう(笑)

LDP受けたい方は、
大阪桜の宮で開催してます。

フラクタル心理学みのり 悟りへの道しるべ