お金が欲しいと怖くて言えない理由は?

ニュースレターに頂いたコメントからですね。

●今、働き方を見直したいと考えています。
フリーランスで働いているのですが、
どんなにタイトなスケジュールで、
余裕がなくても仕事を受けてしまいます。

仕事は好きですが、休日も平日もなく働く、
今の状況は心地いいと思えない反面、
ありがたいと思っている自分もいて、
感情もブレてます。
口癖は「今の収入で満足」です。

●そうですね。
働き方を見直すいい時期ですね。
「今の収入で満足」と言う時、
その後に続く言葉が、何か隠れていますよね。

 

「今の収入で満足・・ありがとう」
だったら、
そこですっきり、完結しますから、
何度も言わないと思います。
心の中に満足があり、それを一番、
わかっているのは、自分だもの。

 

でも、口癖のように何度も言うって事は、
不満があり、
それを感じることにタブーがあるから、
言い聞かせるように「満足、満足」と、
何度も蓋をしないと、
不満が出てくる状態なのです。

 

つまりは、口癖になる時点で、超不満。
でもそれを言ったり、感じたりする事、
お金に対するタブーが、
沢山あるのではないでしょうか?

 

なんで、
お金にタブーがあるのでしょうね?

 

おそらく、
お金を沢山、
攻撃してきた過去があると思います。
人って、自分が、裁いてきたことで、
裁かれる気がするのです。

 

 

それは、あなたが、子供の時に、
親や、働く大人、お金持ち、
仕事をしっかりしてきてる人達、
お金と向き合ってきた人達を
馬鹿にしたり、攻撃してきている
可能性が高いです。

 

いざ、自分が働くことになり、
お金を素直に無邪気に、
欲しいと思った時に、
馬鹿にされたり、
攻撃されるような気がするから、
素直になれないのです。

 

結果的に、感情の 
何がぶれているかと言えば、
「欲しい」という欲望を麻痺させてますよ。

 

「私は欲しいのだな・・」
と、まずは、素直に認めることから、
始めてみませんか?
何度も自分に向かって言ってみましょう。

 

そして、
欲しいものは、欲しいと言って、
得れなくて諦めてきた記憶や、

 

欲しいものは 欲しいと言って、
得てきた人達を馬鹿にしてきたか、
攻撃してきた記憶を探して、
この自分の間違いを取り除きます。

 

攻撃してきた、
思い当たる記憶が無くても、
多くの人が、間違えて思い込んでいます。

 

例えば、私の例ですけど、

 

子供の時、アニメの「ルパン三世」
好きでした。
キャッツアイも、好きでしたね。
同じ年代の方、
同じような記憶はないですか?

 

では、
TV見る時、どっちの味方して見てましたか?

お金持ち(働き者、社会の貢献者)から、
お金を奪うのが、ルパン三世です。
それをとっちめる銭形警部。

 

間違いなく、悪者は、ルパン三世ですよね。
それなのに、悪者は、
どこかで、お金持ちや、
銭形警部の前提で見ているのです。

 

深層意識には、
アニメと現実の
違いはわかりませんからね。

 

「金持ちを、攻撃したものは英雄」
という刷り込みが、
知らない間に、入っている事に
気づいたのは、大人になってからですよ。

 

多くの人は
「金持ちを攻撃したものは英雄」
そんな刷り込みに気づかないで、
アハハと楽しくアニメを見てたりするのです。

 

そして、思考が積み重なる時、
現実でも同じ事をしているのに
気づかないのです(自分を英雄と思ってるから)
全部が無意識なところが怖いのです。

 

だから、記憶が無いとしても、
「攻撃してきた過去があるとしたら?」
と、ある事を前提に、探してみてくださいね。
結構、出てきますよ。

それでは暑い夏を乗り切りましょうね!

みのりサイト

人間は 考える葦(あし)1

2016-08-07 10.06.26

葦(あし)は、1本では 弱いです。
風が吹くとしなります。
でも しなる事で嵐をやり過ごします。
何ごとも なかったかのように・・

葦(あし)は 葦(あし)自身の <知性>でもって、
己の特性を よく知ってます。
そして 葦が 幾重にも重なる時、とても強くなります。

チチカカ湖の ウロス島を 旅した時ですが、
この島は 葦で出来てます。

そこに 人が住み 学校や 家まであります。
弱いものでも、幾重にも重なる時、強いのです。

考える事が出来るから 人間は 強くなれると、
パスカルは 人間を 葦に 例えたのですね。

それでは 頂いた 質問から 

質問:
昨日、突然、パートナーが
「最近、何かが 解ってきた様な 気がする・・」 と、
言い出しました。
私は、心の中で、私が「瞑想しているから?」
と思いましたが どうでしょうか?

お答え:

何でも かんでも 瞑想の効果にする時。
自分の身に 困難が起きてきた時も、同じく、
何でも かんでも 瞑想の責任にします(笑)

単に 起きてきた事に、考えたり、
現実の中で関わる事で 解決していくのに 
瞑想ばかりして、解決しようとします。

これでは 瞑想に逃げている人間を作るだけで、
賢さはありません。

瞑想すると、根深いストレスを、
夢や潜在意識の領域 それよりも深い 
空の領域で 解放するので、摩擦が減り、
物事や人間関係が スムーズに 流れていきます。

平和 調和が 周囲に 増えます。
自分の認識が 変化する時、周囲が違って見える。
対処の方法が違ってくる。
これもあるでしょう。

そして 伝統的な、空を経験する瞑想の影響は、
血縁関係に一番、多く影響を与えます。
親や子供が一緒に 解放が起こることもありますね。

質問に 戻りましょう。
ご主人は 血縁関係が ありませんが、
上記の 波及効果は 得れるでしょう。
けれども ここで、賢さなのです。

賢くあれば どう対処しましょうか?

世の中には 瞑想してなくても
学びを得ている人は 大勢 いますね。
( ほとんどが ・・ そうだ )

特に男性は、社会の中でストレスに
さらされながら、学びを深めていく傾向が強いです。

瞑想されてない、ご主人の「何かが解ってきた・・」発言は、
ご主人の 学びや 認識の中で 何かが解ってきた・・って、
彼のものの見方で 話しているのですね。

彼の変化は
「私が 瞑想している 効果かもしれない」

けれども それは 横に置いといて、

ご主人にむかって、
「あなたって・・なんて素晴らしいの!ますます 惚れちゃう♪ 」 
こんな事を 表現できたら、これは 賢さ じゃないでしょうか?

マインドとハートが繋がる時、そこに叡智があります。

クリシュナマインド

 

北海道には 
私はどうしても 行かなくてはいけない 理由が 
ありました。
クリシュナ マントラの伝授を 始めて受けた時、
クリシュナマインドでは、北海道と福岡の 
乗馬クラブに 入会するように 勧められたからです。

これを聴いた時は、私の小さなマインド(思考)は、
かなり、抵抗しました。
「クリシュナ!アンタは 私を 破産させる気か?」

こんな感じで、この無謀な案に 
マインドは抵抗していたけど、
ハートは ニタニタ笑って 聴いていました。

一生に一度くらい、クリシュナに従って、
遊んでみるのも悪くないか?と 
大胆にも 思ってしまったのです。

結果 入会したのですけど・・
本当に、100% クリシュナに 従ったのかと言えば
嘘になります。

なぜならば、クリシュナは どこにでも存在できて、
人間のような 制限はないからです。

スケールがでっかいです。デンジャラスですね~。
クリシュナからすれば、世界中に 家があり、
遊びたい時に遊べるのは 普通の事で、
人間がそれを制限するのが どうにも 理解出来ないのです。

そして、クリシュナには 大きな知性があります。
表面上は遊び。けれども すべてを 見越した上での遊びです。
この無謀な案にしたがった当初は、瞑想会にも 人が一人しか 来ませんでした。

だから、まさに 私は 破産寸前でした。
乗馬がなければ 北海道行きは 続いてなかったのです。
当時は これが知性だとは とうてい思う事が 出来ませんでした。

近い感覚では「クリシュナに だまされた」 かもしれません(笑)
けれども 一人が、二人、三人と
徐々に 瞑想に参加する人が 増えていったのですね。

このクリシュナと 人間の間にある 時間差を
理解しないと いけません。
クリシュナは 一瞬で すべてになり 楽しめるのに対して
人間は 肉体があり それも たった1つです。

だから クリシュナの事を 時に書くようにしています。
自分自身の理解を深めるために、
そして、 伝授を受けた方が クリシュナの知性を 
理解できるように。

みのりサイト