スピリチュアルの限界

大阪から奈良に引っ越して、
10ヶ月ほどが過ぎました。

私は奈良・学園前が
とても気に入ってます。
空気が綺麗で静かで、
食べ物が美味しいです。

一番、感動したのは、
雀以外の野鳥が普通に
空を飛んでいることです。

2ヶ月ほど前に、
びっくりする光景を目にしました。
カラスが、
美しい野鳥をくわえている姿でした。

野鳥が生活圏にいるのも
初めてならば、
カラスが野鳥を捕まえて
食べる姿を見たのも初めてで、
印象深い光景でした。

この光景が頭から離れずに、
「何で私は、こんな光景を見たのだろう?」と
ずっと、心に留めていました。

スピリチュアルでは
「考える」ことを捨てさせます。

瞑想の世界でもそうでした。
考えることは、
かっこ悪い事とされるのです。

このスピリチュアルの世界を
卒業して、分かることは、
この業界は、
人々にバカでいて欲しいのだな・・
という事です。

スピリチュアルリーダーや教祖に
依存してほしいのです。

そして、
スピリチュアルが好きというのは、
やはりどこかで
依存を求める人達なのかもしれませんね。

人生が神や教祖まかせ。
スピリチュアルリーダーまかせ。
親、社会、政治家まかせ。

「誰かまかせの人生」
になってないか?ということ。

依存的でいることで、
人生に起きてくる出来事を、
神や教祖、
スピリチュアルリーダーの責任。
親、社会、政治家の責任。
誰かの、何かの責任に出来るから
楽なのです。

瞑想が悪いとは思いません。
「空」の経験というのは、
スピリチュアルの最高峰だと思います。
今でも、オススメの瞑想があるとしたら、
フルフィルメント瞑想
(エターナルラブ瞑想)と、
答えるでしょう。
「空を直接経験する」という
真理があるからです。

でも、ここには限界というか、
続きがあるのです。

私の瞑想の先生が講義の中で
よくする話がありました。

「空を飛んでいる小鳥のように生きなさいと。
鳥は、起きてすぐ、食べ物の心配などしてないし、
真剣に考えてない。楽しそうに、
さえずりながら空を飛んでいる。
人間もそうあるべきだと」

この話は、
疲れている時に聴くと、
心が洗われる素敵な話ですが、

瞑想歴の長い私が聴くと
「ちょっと待った〜!」と 
いつも突っ込みたくなっていました。

瞑想で目指しているのは、
空で遊ぶ小鳥なのか?

意識体というものがあるとして、
その成長段階をカテゴリー分けすると
小鳥は、動物(畜生)に
分類される思うのですね。

人間に生まれてゴールが畜生?
本当に瞑想のゴールが
それで良いのだろうか?
そんな疑問を抱くようになりました。

フラクタル心理学は、
スピリチュアルと大きく違うところは、
全て自分が決断し、
決断の責任を取ります。
そして、慣れてくると、
すべての疑問に自分で分析して考えて
答えが自分で出せることです。

神もマスターも不要なのです。
自分がこの世界の仕組みを
理解してマスターしてるから、
自分で考えたら良いのです。

話を戻しましょう。
2ヶ月前に見た、
カラスが野鳥をくわえて飛ぶ姿。
これが、
「スピリチュアルの世界の答え」
だったのです。

スピリチュアルは、
悟りの世界ではありません。
畜生の世界。
「気持ちがいいという」
「感情の脳」どまりの世界。

何も考えず優雅に空を舞う野鳥は、
心地よさそうで、
競争がない自由で
平和に生きてるように見えますが、
実は、ここを選択した時、
この世界の裏側も一緒に選択します。

畜生の世界は、
生と死が、隣り合わせの
弱肉強食の世界なのです。
思考を捨てた「バカ」という
弱者の世界に生きるのです。

「ここをさっさと卒業しなさい!」
と、深層意識が伝えていたのですね。
今日やっと腑に落ちる答えが出ました。

現象を見た途端に、
即、現象の意味を理解して、
方向性を決断できる
そんな、自分になりたいものです。

現象のしくみを理解する
マスターコース入門はこちら
https://www.1satori.com/fractal_master/

コロナ後初めての東京出張でした

成功脳をインストールMBIPはこちら
https://www.1satori.com/mbip/