スピリチュアルの限界

大阪から奈良に引っ越して、
10ヶ月ほどが過ぎました。

私は奈良・学園前が
とても気に入ってます。
空気が綺麗で静かで、
食べ物が美味しいです。

一番、感動したのは、
雀以外の野鳥が普通に
空を飛んでいることです。

2ヶ月ほど前に、
びっくりする光景を目にしました。
カラスが、
美しい野鳥をくわえている姿でした。

野鳥が生活圏にいるのも
初めてならば、
カラスが野鳥を捕まえて
食べる姿を見たのも初めてで、
印象深い光景でした。

この光景が頭から離れずに、
「何で私は、こんな光景を見たのだろう?」と
ずっと、心に留めていました。

スピリチュアルでは
「考える」ことを捨てさせます。

瞑想の世界でもそうでした。
考えることは、
かっこ悪い事とされるのです。

このスピリチュアルの世界を
卒業して、分かることは、
この業界は、
人々にバカでいて欲しいのだな・・
という事です。

スピリチュアルリーダーや教祖に
依存してほしいのです。

そして、
スピリチュアルが好きというのは、
やはりどこかで
依存を求める人達なのかもしれませんね。

人生が神や教祖まかせ。
スピリチュアルリーダーまかせ。
親、社会、政治家まかせ。

「誰かまかせの人生」
になってないか?ということ。

依存的でいることで、
人生に起きてくる出来事を、
神や教祖、
スピリチュアルリーダーの責任。
親、社会、政治家の責任。
誰かの、何かの責任に出来るから
楽なのです。

瞑想が悪いとは思いません。
「空」の経験というのは、
スピリチュアルの最高峰だと思います。
今でも、オススメの瞑想があるとしたら、
フルフィルメント瞑想
(エターナルラブ瞑想)と、
答えるでしょう。
「空を直接経験する」という
真理があるからです。

でも、ここには限界というか、
続きがあるのです。

私の瞑想の先生が講義の中で
よくする話がありました。

「空を飛んでいる小鳥のように生きなさいと。
鳥は、起きてすぐ、食べ物の心配などしてないし、
真剣に考えてない。楽しそうに、
さえずりながら空を飛んでいる。
人間もそうあるべきだと」

この話は、
疲れている時に聴くと、
心が洗われる素敵な話ですが、

瞑想歴の長い私が聴くと
「ちょっと待った〜!」と 
いつも突っ込みたくなっていました。

瞑想で目指しているのは、
空で遊ぶ小鳥なのか?

意識体というものがあるとして、
その成長段階をカテゴリー分けすると
小鳥は、動物(畜生)に
分類される思うのですね。

人間に生まれてゴールが畜生?
本当に瞑想のゴールが
それで良いのだろうか?
そんな疑問を抱くようになりました。

フラクタル心理学は、
スピリチュアルと大きく違うところは、
全て自分が決断し、
決断の責任を取ります。
そして、慣れてくると、
すべての疑問に自分で分析して考えて
答えが自分で出せることです。

神もマスターも不要なのです。
自分がこの世界の仕組みを
理解してマスターしてるから、
自分で考えたら良いのです。

話を戻しましょう。
2ヶ月前に見た、
カラスが野鳥をくわえて飛ぶ姿。
これが、
「スピリチュアルの世界の答え」
だったのです。

スピリチュアルは、
悟りの世界ではありません。
畜生の世界。
「気持ちがいいという」
「感情の脳」どまりの世界。

何も考えず優雅に空を舞う野鳥は、
心地よさそうで、
競争がない自由で
平和に生きてるように見えますが、
実は、ここを選択した時、
この世界の裏側も一緒に選択します。

畜生の世界は、
生と死が、隣り合わせの
弱肉強食の世界なのです。
思考を捨てた「バカ」という
弱者の世界に生きるのです。

「ここをさっさと卒業しなさい!」
と、深層意識が伝えていたのですね。
今日やっと腑に落ちる答えが出ました。

現象を見た途端に、
即、現象の意味を理解して、
方向性を決断できる
そんな、自分になりたいものです。

現象のしくみを理解する
マスターコース入門はこちら
https://www.1satori.com/fractal_master/

コロナ後初めての東京出張でした

成功脳をインストールMBIPはこちら
https://www.1satori.com/mbip/

寄付したい・・それ本当?

こんにちは
フラクタル心理学講師 のみやまです。

6月からノートグループ後半が始まります。
オンライン または現地(大阪・桜ノ宮)
誰でも参加できますよ。
https://www.1satori.com/blog/?p=1429

皆さん、特に大きな目標になった時に、
「決める」が、むずかしくなるように思います。

大きい目標も小さい目標も相似形だから、
過程のやることはそっくり。
だから、わからない時は小さい目標で考えるのです。

例えば、
近所のローソンにお菓子を買いに出かける。
小さ過ぎる目標ですが、
その時に、窓の外をチラリと見ますね。

雨なら傘持つし、
晴れなら日焼け対策の帽子をかぶって出かけます。
「窓の外を見る」というのは、
無意識に目的地までの状況を調べてるの。

目標が大きくなった途端に
これが出来なくなってる人が多いですね。
何も調べてもないことを決めていたりします。
会社を起こすのに、経費や場所代とか、
税金とか全然、知らないとか。

調べた途端、そんなもの要らない!
って事が判明するような事柄を、
平気で目標に、長年決めてたりします(笑)

大きくても小さくても相似形です。
だから、まず調べましょう。

あとは、
目標の本質を見ましょうね。
そして法をそろえましょう。法をそろえるとは、
方向性を同じにして例外を作らないことですね。

大きな目標に「寄付したい」と
決めている人がいました。
寄付は、今すぐでも出来ます。
ローソンに箱ある(笑)
なぜしないの?

では、他にも寄付する人を調べてみましょう。
ZOZOの前澤さん。ぱっと一般人に寄付します。
日本電産の永守さんは、金も出すけど口も出す寄付。

この人達の寄付は、
自分が会社を起こして利益をうみだした
その先にしていますよね。

会社をまだ持ってない段階の「寄付したい」は、
だれの望みでしょうか?
どこかで自分が「寄付してもらいたい」
=「無償でもらいたい・無償は素晴らしい」
この思考が多いのです。
稼ぐが苦手、ボランディア大好き。

だからまずは「寄付したい」は封印して、
無償でもらう&無償で与える。
この思考を減らしていく事ですね。

起業して稼ぐ、
税金を沢山支払う。という形の社会貢献。
こちらを目標に決めて、はじめるほうが、
法が揃うし、自分の中で方向性が1つに
定まって混乱しないです。

「決める」は、
自分の大切な人生を決めている事ですよ。
だから、時間を取って調べてみてくださいね。

成功脳をインストールするMBIP講座
6月からはじめていきます
https://www.1satori.com/mbip/

花が美しい時期です

 

デブの第一印象は・・

私は旅先に本を沢山、持っていきます。
入国審査でもフライト待ちでも、
イライラしないで過ごすために本を持参しているのです。
だいたい捨ててもよい本を持っていき、
読んだら捨てて帰るのと、
眠れない時用にも、経済の本なども持参します
まぁ見事に眠れますから(笑)

この間の香港行きでは、捨てて帰るつもりで持参した
ダイエットの本があまりにも面白く、
線を引きまくって、また持ち帰るという。
一番、荷物の重い
「旅先に持参した意味なかったパターン」に陥りました。

それが、以前、大ヒットした、
岡田斗司夫さんの
「いつまでもデブと思うなよ」というダイエットの本です。

この人の文才というか、世の中を見る目とか、
独特の理論とか、本当に面白いなと思います。
大ヒットしたのも、とても良くわかります。

どうしてデブじゃダメなのか?
そんな話を色々されるのですが、
それが、本当に説得力があるのですよ。

この中で、
デブのレッテルの話が出てくるのですが、
これが面白かった。


初対面の人を分類する時に、
優しそうな人、神経質そうな人とか、
怒らせたら怖そうな人とか
「この人は、どんな人だろうか?」と
私達は、その人を雰囲気や見た目で、
第一印象で、分類するわけですが、

デブの場合は、
その人が、どんなにおしゃれだろうが、
「おしゃれな人」とは分類されない。

その人が、どんなに知的であろうが、
「知的な人」とは分類されない。

その人が、どんなに仕事が出来ても、
「仕事が出来る有能な人」とは分類されない。

デブは、そのデブという特徴が、
一番わかりやすく、その人を表現し、
その他の特徴すべてが、
かすんでしまうほどインパクトを持つために、
デブはデブという分類でしかない。
そんな話でした。

太っていると言うだけで、
自分が知らないところで、知らない間に、
沢山、損をしている。
そう思うと、

たまに読むために保存版にしておこうと
持ち帰ったのがこの本でした。
ダイエットした人には おすすめの1冊です。

インナーチャイルドダイエットはこちら

マスターコース入門講座はこちら

夢が叶わない理由

こんにちは
フラクタル心理学入門講師
のみやまです。
マカオに用事で出かけておりました。

機内食のデザート

6−7年前の円高の時に、
ヨーロッパ某所に土地を
グループで買いまして・・・

5年位で、
売却の予定だったのですけど、
まさかのイスラム国の問題勃発(笑)
時間がかかってしまいましたね。
結果的には、
まだまだ時間がかかりそうなので、
支払った金額だけ
戻ってくるような形になり、
最初の理想とは違いますが、
為替の関係で、
利益は出ていましたから、
結果には、満足してます。

それで、
事務手続きで、
マカオに出かけておりました。

ついでに、
中国の銀行にも寄って、
元預金も解約してきました。

一人で中国珠海からマカオを移動しました

フラクタル心理学のMBIPの
修正文で、塩漬けの投資が動きだして、
利益も出ていたので、
ほんと驚きました。

今は、
もう一つ投資関連を動かそうと
修正文せっせと読んでいる
今日この頃です。

朝は、1時間ほどマカオの街を、
ウォーキングしていました。

マカオの街には、
古いものでしょうが、
とても頑丈に道がつくられていますね。

しっかりした石畳になっています。

しっかりした道ができる時、
かならず、
大きな目的(目標)があります。

日本でも、
政治家や天皇陛下が通る道は、
キレイに舗装されますよね。

マカオに石畳が出来たのは、
「ヨーロッパから皇太子が来て
馬車が通る」という目的ですね。

多くの人の夢が叶わない一番の理由は、
大きな目的が無いということです。

決めていることが、
しょぼいのです。

ほんと、これにつきますし、
はじめにすることも、
魅力的な目標を持ち、
それを得ると決めること。

と、なります。

大きな目的が無いから、
道を通す必要性がわからないのです。

道と脳の回路は同じです。
人生の中で、大きな目的がないと、
脳の回路を、
目的に向けて創る理由がないので、

「めんどくさいな・・砂利道で何が問題なの?」

と、何もしないという現状維持に、
とどまり続けるのです。

皆さんは、
大きな夢を持っていますか?

仕事でもそうです。
最初から大きな目的がないと、
うまくいかないのです。

うまくいかないのは、
小さく考えているから
そこなのです。
値段設定で迷いづつけたり、
ライバルの動向が気になったり、
ブログで何か言われないかと気になったり、
全部がどうでもいいですよ!

全部の悩みは、
「最初の目標がしょぼい」 
そこに尽きるということを、
多くの人は知らないです。

成功脳をインストールするMBIP講座
こちらは起業したい方にもおすすめ!
開催しております。

 

気づきバカは卒業しよう

週末は、大阪天満で
マスターコース初級講座でした。

今、ちょうど
FBのフォローグループが
始まったばかりで、
それが、
とっても・・
とっても・・
楽しいです。

受講生さんと一緒になって、
音声ファイルを作成したり、
修正文を作成してます。
とにかく毎日、
学んだことを何か実践しています。

マスターコースは、
フラクタル心理学の
主軸の講座になりますが、
その中でも、初級から、
脳の修正が入ってきますから、
とっても大切ですね。

私は、再受講3回目です。
初級の度に、
自分が新しく
生まれ変わった気持ちになって、
実践していきます。

それこそ、
生まれてはじめて、
脳の修正というものを知り、
はじめて実践するような気持ちで、
修正をしていくのです。

よく心の事を扱っていると、
「気づく」「気づいた」
って言葉を使いますね。

「気づいた」

それって、
そんな凄いことでしょうか?

「何かに気づいた」

その気づいたことから、
何も行動しないとしたら、

「何も気づかなった人より劣る」

私は、そう思ってます。
だから、この状態の事を

「気づきバカ」

と、呼んでいます。

何も気づかなかった人と。
気づいてるだけの人。

この二人の共通点は、
「行動がない」ことです。

けれども、
気づかなかった人は、
はじめから、気づくために、
時間や、労力、お金をかけてませんから、
他の事にその力を使えますね。

だから、
時間や、労力、お金をかけているのに、
行動がないとしたら、
気づかなかった人より、
劣っているのです。

気づきバカは卒業しよう!
何よりも実践と行動が大切ですね!

ふたくたる今日の深層意識

今でも衝撃は忘れられません

最近、
「目から鱗(うろこ)が落ちる」と言いながら、
全然、鱗(うろこ)が
落ちないものが多くないですか?

「鱗(うろこ)落ちる」と言うならば、
これくらいには落としていただきたいものです。
1年経過しても衝撃的って・・いい感じ。

今日も瞑想をされている方の
フラクタル心理学体験談です。

(関西在住 女性 体験談)

私は長年、生きづらさと数々の悩みを抱えていました。
色んな本を読んだり、祈願をしてみたり、
不幸を変えたいと考えていました。

そして、
フラクタル心理学入門を受講させて頂きました。
内容は目から鱗が落ちるとは、
このことなんだと思うような内容でした。

今までの人生観はなんであったのだろうというショックと、
これが真実なのだろうという確信のような思いを持ちました。
今でも入門を受けた時の衝撃は忘れられません。

フラクタル心理学を学ぶ中で、
漠然としたものが明らかになっていき、
不幸の真実が見えてきました。

生きづらさの理由がわかってきました。
そして、解決する方法がある。
ということがわかりました。

今は、仕事での変化や心の変化を感じながら
それに取り組んでいます。

少しずつ自分に自信もついてきました。
変化していくことが楽しくなってきました。
さらに学びを深めていきたいと思っています。

最後にフラクタル心理学を紹介してくださった
みのりさんに深く感謝しています。

また、勉強会などで、的確なアドバイスを頂けることが、
私にたくさんの気づきをもたらしています。
本当にありがとうございます。

マスターコース入門はこちら